新演出灼熱パターン!駅保留から「王」に止まると……!?【P真・牙狼2/通常時分析】

新演出灼熱パターン!駅保留から「王」に止まると……!?【P真・牙狼2/通常時分析】

旧MAXスペックにおいて伝説とも言える人気を築き上げた「ST牙狼スペック」。

そのSTスペック「最高位」をコンセプトに登場したのが最新機種『P真・牙狼2』。初当りの50%が3000ボーナス、ST中大当りは最低1500発以上。そして、ループタイプ「魔戒CHANCE」突入の可能性。

ST突入時はこれ以上はない……というくらい、大量出玉の夢を見せてくれるスペックとなっている。

が! そうしたスペックは得てして「耐えなければいけない時間」も相応にある。

そんな中で重要となるのが「耐えた先に待つ大量出玉を夢みて、通常時を耐えられるか」。つまり、「通常時」こそ重要となるワケだ。

てなわけで、本日明日の2部構成でお届けする『P真・牙狼2』の最速実戦分析。第1部の今回は「通常時演出」をお届け!

思っている以上に新演出は結構多い!

▲何だかんだ言って皆、牙狼好きなだぁ……と思うこの頃▲

牙狼のST最新作ということで、仕事をサボ……ではなく本当に仕事で実戦に来た。体裁取り繕い生物メシUMAです。

イイんです。だからこそのパチンコ編集部なんです。牙狼シリーズといえば、STスペックで長らく王者として君臨した機種。

そのSTスペック牙狼の最新作が楽しめるのだから、今日くらいは仕事を忘れて楽しんでも良いハズ!(←結局サボリじゃねーか!)


そんなワケで私メシUMAは、初打ちのときに最低限知っておいた方が良い「新演出とその役割」をお届けしていきたいと思います。

【新演出①】駅保留

出現時から発展先が記載されている保留。TOTAL信頼度が18.9%あるので、スーパー濃厚かと思います。

他には「リーチ」の記載で行き先が「崖」と書いてあり、ロングリーチに発展したこともありました。

目的のリーチまで到達したとき、保留色変化に直結するようです。発展先はもちろんなのですが、この変化する色も重要

▲「王」マークからGARO保留に突然変化する激アツパターンもあるようです▲

轟天STOCK予告

筐体のリール部分と連動し「GO」が出ると発生する予告です。現状ですが、この予告が出た時点で弱スーパー濃厚で先読み予告として出現するパターンもありました。

スーパー発展演出の出現までに「10」に到達すれば轟天SPリーチ発展濃厚となります。

ただ、ハズレでも目立つのが轟天SPリーチ。TOTAL信頼度が30.1%と高くないので仕方ないのですが……。

チャンスアップが最後の「牙狼剣or斬馬剣」くらいで、ここに集約され過ぎている感があるんですよね。

ちなみに、最終デバイス前に図柄が一足先に揃うビックリパターンもあるようです。

魔獣HORRUSH3000予告

変動開始時、もしくはノーマルリーチ+1コマ停止ハズレから専用扉が閉じると発展。ノーマルハズレ後の方は扉が閉じないガセを確認しています。

専用背景に移行した後は図柄がテンパイすれば、対応する歴代牙狼SPリーチに発展します。当たれば3000大当り+RUSH!

それだけに大当りして欲しいところですが、そもそもテンパイしないことが結構あります。保4消化からの変動開始時突入でもリーチ未成立がありました……。

TOTAL信頼度18.4%のクルスリーチなんて赤タイトルでも、今までだと空気だったハズ。それがアッサリと大当り。

この魔獣HORRUSH3000のチャンスアップは「タイトル色」のみなので、想像以上に大きな影響がある……ということなのでしょう。

魔戒騎馬決戦SP発展予告

魔戒騎馬決戦SPリーチは、従来のVFX予告から発展する専用リーチとなっています。単純に図柄消灯時に扉煽りが出るようになった……とだけ覚えておけばOK。

牙狼シリーズ伝統の法則「保3以上の消化から図柄消灯すると発展濃厚」というのは、今回はまだ未確認です。ガセらないで欲しいなぁ……(´Д`)

▲スーパー濃厚となる予告から図柄消灯した場合は発展濃厚……というのは継承されていました▲

リーチ後扉演出

今回は鎧召還演出に発展するときは、すべてこのリーチ後扉演出を経由し発展するようです。

ここでは烈火炎装予告も複合します。炎色が期待度を左右するのは従来通りですが、扉パターンが複数存在! 牙狼扉ならチャンスアップとなるようです。……自分は一度も出ませんでしたが。

今回はアニメSPリーチが存在しないので、鎧召還演出=牙狼登場となります。液晶召還があるので、F.O.G.は最低でも出て欲しいところ。ちなみに……

▲牙狼登場後、このカットが出ると4つの牙狼SPリーチいずれかに発展▲
▲牙狼登場後、このカットが出ると「ルトリーチ」「9000体撃破リーチ」どちらかに発展▲

メインどころとしてはこんな感じです。最低でもこの辺りを把握できれていれば、充分楽しんで打てることかと!

 

演出バランスも『パチマガスロマガモバイル』で分析!

パチマガスロマガモバイルの「超速ニューマシン実戦記」では、演出バランスを全4回の初当りパターンと共に分析。〇連チャンしたときの挙動なんかにも触れています。ゼヒ見てみてね!

P真・牙狼2関連記事

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー