【実戦5人目・助六】リーチ中の「G-PUSH」でハズれる……だと!?【P牙狼月虹ノ旅人 激アツハズレ王決定戦】

今回は称号をもらって嬉しいような、恥ずかしいだけのような。複雑な心境になる実戦企画に参戦。

月虹ノ旅人はそこそこ打っているので、激アツハズレを思い出そうとしてみたけど……あれ? あんまり人に話したくなるような激アツをハズした記憶がないような?

とはいえ引き受けてしまったので、すっごいハズレを喰らっても笑っていられるように5万発くらい出したあとに、最高のハズレを記録できればベストかな。5万負けてる最中の激アツハズレとかは、フリとかじゃなくて本当に心が折れるから勘弁してね!

 

勝てる状況でハズレを待ちたい……!

というわけで、月虹ノ旅人を日曜でも比較的甘めに使っているホールに行くと、227回転ハマリの台を発見。

特に載せるほどアツい展開もないまま迎えた312回転目。普段は全然期待できない保留昇格ゾーンから赤保留まで昇格!

その後の流れは盛り上がることも下がることもない「そこそこアツいかも?」という内容。ハズれても世に出せるような激アツじゃない……中途半端な状態を保ったまま最後の当落演出までいって……



当たっちゃったよ!!

【初当り①】保留昇格ZONE(赤保留)+タイトル(黄金騎士)→キャラリーチ・クロウ→F.O.G.→VSキバ(緑タイトル、眼光・赤)


ハズれても微妙なパターンだったから素直に嬉しいね! これが魔戒チャンスだったらもっと最高だったけど単発。追い金するほどの状況でもないので、貯玉を使える他のホールに移動することに。

これで心を折られずに「激アツ」を待てる!

2軒目は貯玉を1125玉使ったところで、牙狼剣が刺さって黒ノ列車チャレンジへ。しかも絆パネル停止!! 

しかし、タイトルは青でチャンスアップもなく普通にハズレ。

まぁ、激アツ度50点くらいのハズレを保険で取れたし仕方ない……と思ってたら復活キターーー!!

【初当り②】牙狼剣保留+黒ノ列車ムービー→黒ノ列車チャレンジ(アスモディ&絆パネル)→VSアスモディ(5図柄テンパイ、青タイトル、絆SP)→復活




いいよいいよ。こういうハズれても微妙なやつはどんどん当てていこう♪

しかもこれが魔戒チャンスに繋がって10連チャン。これにて「変な企画で趣旨にも添わず、ただ自腹で助六が大負けしただけ」という一番寒い実戦パターンを危機回避!!

 

そしてこの持ち玉遊技の中、ついに映える1枚を激写!!

気持ち良い音とともに出たサンセイ柄タイトル

しかしここから「見間違いだった?」というレベルで弱くなっていき、写真右上の数字『315』とは裏腹に最低レベルにまで尻すぼみしたパターンでハズレ……。

【激アツハズレ①】

変動開始時図柄アクション(炎柱)→騎士実写リーチ(サンセイ柄タイトル)→擬似連×3+変動中赤系予告+魔導火(赤)+鎧召還(液晶召還)→VSアスモディ(緑タイトル、7図柄変化失敗)

そしてこのハズレ直後の47回転目。鞘保留の牙狼剣ストックから、赤タイトルのアスモディ

チャンスアップも色々出てたし、これでダメなら激アツハズレって言えるんじゃない!?

うわー、当たっちゃった!!

【初当り③】変動開始時図柄アクション(炎柱)+変動開始時エンブレム(CHANCE)+鞘保留(牙狼剣飛来)+擬似連×3+タイトル(2連目「大望」→3連目「魔獣」)+リーチ後エンブレム(赤)→F.O.G.→VSアスモディ(赤タイトル、楽曲変化、眼光・緑、7図柄変化失敗、牙狼剣デバイス)


……じゃないよ、嬉しいに決まってるでしょ!! なんなんだよこの企画。なんでちょっとハズレを期待しないといけないのさw

これが再び10連チャンして持ち玉も2万5000発オーバー♪

あとは激アツハズレを出せれば完璧かな?


と、考えていたわずか3回転目。G-PUSHが出るも、コレはもう1声欲しい感じのハズレ。

 

【激アツハズレ②】

G-PUSH(ボタン)+擬似連×3+オープニング予告(白背景)→鎧召還(大河+牙狼剣デバイス)→F.O.G.→VS融合巨大ホラー(青タイトル、眼光・緑、ボタン)

この直後にハズれても使いにくい、ちょいアツの黒ノ列車チャレンジが当たって単発。

【初当り④】ガロフラッシュ(赤)→黒ノ列車チャレンジ→VSアスモディ(緑タイトル、眼光・赤)

その後は激アツ演出がこないまま……。2500発を打ち込んでヤメようとしたまさにその時。195回転目に最後の大チャンスが到来!!

絆で三騎士集結から最強の朱雀リーチに発展。さらに最後にG-PUSH出現からの牙狼剣

あー、ここまで複合するとハズれないだろうから、当たっちゃうけど仕方ないね♪ 「出玉上乗せありがとうございます!」と剣を力強くぶっ刺すと……

えっ!? 牙狼負けたよ? 「まぁ復活か……」と思っていたら正真正銘の激アツハズレ。

最後の最後に企画的には良い絵が撮れたけど、やっぱり嬉しくはないよ!w

【激アツハズレ③】

保留昇格ZONE(緑保留)+タイトル(大望)+月虹ノ旅人予告(三騎士の絆図柄)→F.O.G.→VS朱雀(青タイトル、G-PUSH・牙狼剣、牙狼剣デバイス)

改めて思ったけど、月虹ノ旅人は心がバキバキに折られるような激アツハズレが出にくくなってる気がする。

そういう台って「通常時は何も出ない退屈な台」って言われがちだけど、それを感じさせない絶妙なバランスと見ごたえのある演出が今でも人気を保てている要因かなと。一方で、退屈させないようにって激アツをバンバンだす台は「何で当たるかわからないし、激アツを簡単にハズすクソバランス台」と言われたり……開発の方も大変ですよね。

月虹ノ旅人は通常時も右打ち中も面白いからこそ、ロングヒットできた良台だと思います!!

実戦結果

投資金額♦2万1000円
出玉♦2万3293個
交換額♦8万3000円
通常時の総回転数♦695回転
収支♦+6万2000円

 

今回の激アツハズレ考察

どうも、担当編集でございます。さて、5人目の実戦人・助六の「激アツハズレ」を改めて見てみましょう。

激アツハズレ①変動開始時図柄アクション(炎柱)→騎士実写リーチ(サンセイ柄タイトル)→擬似連×3+変動中赤系予告+魔導火(赤)+鎧召還(液晶召還)→VSアスモディ(緑タイトル、7図柄変化失敗)

【激アツハズレ②】G-PUSH(ボタン)+擬似連×3+オープニング予告(白背景)→鎧召還(大河+牙狼剣デバイス)→F.O.G.→VS融合巨大ホラー(青タイトル、眼光・緑、ボタン)

【激アツハズレ③】保留昇格ZONE(緑保留)+タイトル(大望)+月虹ノ旅人予告(三騎士の絆図柄)→F.O.G.→VS朱雀(青タイトル、G-PUSH・牙狼剣、牙狼剣デバイス)

この3つ。ここからは、牙狼月虹担当である自分の独断と偏見で「激アツ度」と「何が足りなかったのか」を考察していきたいと思います! 個人的な主観を多分に含む場合もありますが……ご容赦を!

激アツハズレ①

サンセイ柄が出た時点では、そりゃ期待しますわ。ただ、その後とは思えないくらいのパワーダウン展開でハズレ……。サンセイ柄出現時の音とインパクトから落とされるのは、なかなか心に来るものがあります……。【激アツ度 45/100


激アツハズレ②

リーチ発展直後までは結構期待して良いパターンだと思います。強いて言えば赤タイトルなら、普通は当たるような内容かなと。極端にアツいワケではないけど、いかにも当たりそうなパターンでハズれるのもなかなかに痛い!【激アツ度 75/100】


【激アツハズレ③】

リーチ直後から急激にアツくなった「コレは来るでしょ!?」と思わざるを得ない尻上がり展開。最強リーチのVS朱雀は飛び抜けて信頼度が高いだけに、リーチ中の「G-PUSH」は……もう大当りを確信するでしょ、絶対。コレはなかなかにヤバイ!【激アツ度 95/100】


激アツハズレ③のインパクトが強すぎますわ。リーチ中のG-PUSHは……絶対ハズしたくない!

ここに来てほぼ満点に近いハズレがついに出ました! さぁ、明日16日(火)に登場する最後の実戦人「TAKA」は100点満点の激アツハズレで優勝となるのか……!?

ライター紹介

  • 助六
    フリーランスライター
    助六
    さわやかな風貌とは裏腹に、パチンコ実戦による演出分析力は他者の追随を許さない! 自他共に認めるパチンコマニア。一度聞いたら忘れられない独特のハスキーボイスも特徴(!?)。その特技を活かした機種解説動画はパチンコファンから非常に高い評価を受けている。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー