【新台実戦】初打ち評価まとめ!!【Pフィーバー蒼穹のファフナー3】

【新台実戦】初打ち評価まとめ!!【Pフィーバー蒼穹のファフナー3】

実質RUSH突入確率は約1/512!?

回転体のタイミングをある程度狙い打ちできたおかげで連チャンが止まらず店員にベガ立ちされたこともあった初代ファフナー。回転体は半デキレになったけど玉の動きに一喜一憂しながらめちゃめちゃ打ち込んだファフナー2。そしてついに待望の3が登場したシリーズ最新作。「Pフィーバー蒼穹のファフナー3 EXODUS 超蒼穹3800ver.」を、今回は私助六が実戦していきたいと思います!

まずはスペックから見ていきましょう。

基本データ

決戦図柄停止(小当り当選)確率は甘デジだけど、RUSH突入率は19.5%。これらを考慮した実質RUSH突入確率はなんと約1/512!! これはCRぱちんこウルトラセブンCRフィーバー大ヤマト2といった超MAX時代を彷彿とさせる当選確率なんですよね。「えっ、1/319規制はどこいった?」って感じですよねw

じゃあ波も激荒なのか?……と言われると、RUSHに突入できれば必ず3000発もらえて継続率は約50%、継続すれば3800発もらえることを考慮すると、実は荒いミドルと比べても遜色ないくらい高継続機は苦手だけど、当たったときの出玉感は欲しいという人にはピッタリのスペックなのかなと。というわけで超蒼穹3800という名のShangri-Laを目指して頑張ります!!

ファフナーと言えばやっぱり回転体役モノ♪

初チャンスはちょうど100回転目。何の予告もなかった最強リーチの煽りが成功!

英雄二人リーチ

このリーチは信頼度が80%あるだけじゃなく、その後の決戦Vチャレンジで玉数2玉以上が濃厚となるため色々な意味でアツい!! 無事に決戦図柄が停止してVチャレにも突入!!

決戦図柄停止

そしてファフナーといえば初代から自分も含め回転体マニアを虜にした役モノ抽選ですよ♪

回転体役モノ

ただし、初代から徐々にガチ抽選感は薄れていってしまい、今回は完全に見た目だけの演出となってしまいました……。とはいえ、突破すれば3000発が確定するという意味では手に汗握るのは必然。まずは1玉目、「チャンスが2回あるときは当たるときでも1回目はハズれるのがお約束でしょ?」と気軽に眺めていると……

決戦Vチャレンジ

うわぁぁぁ!! 一発目から当たっちゃったよっ!!!

これにて3000発ゲット! さらにその後は約1/2をクリアするたびに3800発もらえますからね。演出用の役モノとはいえこれはアツくなれますわ♪

というわけで、彼らの世界の命運……はどうでもいいので、助六の財布の中身をかけた運命の蒼穹作戦(3800発チャレンジ)へ!!

蒼穹作戦

チャンスアップの中で最重要なのが、一騎1人(1玉)総士(2玉)も参戦するか。期待度が約40%も変わってくるので運命の分かれ道だったけど……ここで今回は一騎のみ

一騎のみ

それでも期待度は約32.4%あるし、十分チャンスはあるはずと祈るように見守ると

ハズレ

残念ながらハズレ。それでも払い出しで3000発もらえたし、役モノ抽選は『演出』と分かっていてもマジでアツくなれた♪ 次いきましょう次!

すると、持ち玉内で引いた3回目の決戦図柄で連撃ルート(2玉)ゲット。期待度は約37%。今回は1玉目をハズすも総士の援護で2玉目がVを直撃!!

連撃演出

そして2度目の蒼穹作戦。なんと今回は総士も参戦!! 期待度は約75%!!

総士参戦

初の3800発なるか……

リザルト画面

ハズレ!! その後も決戦図柄は甘デジ確率らしくポンポン引くも、RUSH突入率である19.5%の壁を突破できないというスペックの手のひらで踊らされているかのような展開に。

最終的に計16回の決戦図柄を引いた結果がどうなったかは宣伝にもなってしまいますが、「きっしー助六ちゃんねる」にアップしているので、そちらをよろしくお願いします!! なお、実戦台の実測出玉は、8R・短開放が約182発10Rが約1182発という結果でした。

助六的ファフナー3の評価はいかに!?

最後に助六的ファフナー3の評価を。まずは通常時。約1/99.9らしくポンポン当たるし、当たるときもハズれるときも、ここをクリアしても大当りではないというのを認識させてくれるような煽り方やリーチ演出の見せ方にあえてしているのが特徴的で、ストレスなく回せるという意味でポイント高め。ただ小当り間ハマリしたり、Vハズレ連発のストレスはありそうですが、それは他の機種を打っていても避けられない現象なので仕方ないのかなと。

役モノは完全に演出化してしまい過去作よりもガチでアツくなれて脳を焦がす感じが無くなるのは当然と思っていましたが、V入賞すれば3000発or3800発と報酬が破格ということもあり、力が入って玉の動きに一喜一憂できるのは変わらないですね。ガチ役モノだったときは打つ人を選んでしまったと考えれば、万人に平等になったのはある意味メリットともいえそう。

そして前作は時代のせいもあり、時間効率がとにかく悪かったですが、今回はその辺も改善されていて夜からの一勝負にも向いている台だと思いますので、今まで敬遠していた方にもオススメしたい台だと思いましたよ。気になる方は是非、触ってみて下さい♪ あ、初打ちでの注意点もいくつかあるので、打つ前に下記のコラムを熟読することをオススメします!!

①初当り後の注意点を総まとめ

②上手い人ほど要注意!!

▼『きっしー助六ちゃんねる』のファフナー3解説動画もヨロシク!▼

この日の実戦はコチラ!!

機種情報はコチラ!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー