高設定との違いはどこにある? 推測要素を詳細比較!!【バーサスリヴァイズ設定156実戦・設定1データ】

高設定との違いはどこにある? 推測要素を詳細比較!!【バーサスリヴァイズ設定156実戦・設定1データ】

設定1は完全攻略するとペイアウト102%

こんにちは。トニーです。

5号機のバーサスから一番進化した部分は、完全攻略時のペイアウトだと思います。とくに低設定はペイアウトの上がり幅が大きく、設定1だと102%と激アマなんです(ちなみに前作の設定1は100.15%)。

~完全攻略に必要な要素~
①チェリー&スイカを取得
②ボーナスは速攻で揃える
③RT「VS CHANCE」中のハズシ成功
④REG中は上級者手順で15枚役を100%奪取

完全攻略要素の中で最も大事なのは、新たに加わった④です。REG中の上級者手順はビタ押しが必須。そして僕の目の前には設定1が待ち構えています。「おーし! 大花火や花火百景などの4号機目押し時代を生き抜いた僕の実力を見せてやりますからねっ!」腕まくりをしつつ、実戦スタートです。

REG中に大損する…

初ボーナスは予告音からこちらの出目。

いやあ、何度見てもBAR枠上からのリーチ目はキレイですよね。BIGですし、初っ端からいいものが見られましたよ……とニコニコしていたのですが、その表情は40分後に険しくなります。というのもですね、その後、468GでREGを引いたんですよ。そこでワタクシ、やらかしました。

8回ビタ押しに挑戦して、痛恨の5ミス!!

上級者手順でビタ押しを失敗すると、その一部で救済として15枚役を取れるのですが、基本的には4枚獲得。つまり、ビタ押しを1回ミスるごとに11枚も損するんです。

このREGだけで55枚の大損。では、いったいなぜこんなにミスしたのか。理由はハッキリしていて、ビタ押し失敗時に早く押したのか、遅く押したのか出目で分からないからです。分からないから修正が効かず、気づいたら目押し迷子になるんですよね。

あと、もうひとつ気になったのは、枠下部分も見える筐体なので、下段に7を押したつもりが枠下に押していた…ということもありそうです。ともあれ、どうにか立て直さなければ……。そして、「4号機目押し時代を~」とイキがったこと、この場で謝罪させていただきます。どうもすみませんでした!

目線を変えて修正成功

100G以内のボーナスは枚数を引き継ぎ、本日最大獲得枚数はBIG→BIG→REG→REGの589枚でした。で、問題のREG中ビタ押しなんですが、こちらは2回連続でノーミス!

修正するまでの流れは、「BIG中の枚数調整手順で、左リール上段に赤7をビタ押し→これは簡単にできる→ということは、REG中も中リール・スイカの上にあるチェリーを上段にビタ押しすればいいのでは?→REG中もビタ成功」というものでした。

これまでは赤7を下段に押していたのですが、目線を変えて、チェリーを上段に押すようにしたら劇的に成功率がアップ。僕の場合、枠下が見えていたのがダメだったのかと。人によって修正方法は色々あるでしょうが、目線を変えてみるのもひとつの手だと思いますよ。

というわけで、目押しの話はこれで終わり。ここからはバーッとリーチ目を見ていきましょう。

バーサスチャレンジが面白い

今回から新たに加わったバーサスチャレンジ。リプレイとチェリー成立時にチャンスボタンを押すと発生することがあるのですが、これがいい味出してます。

バーサスチャレンジ中は小役ナビが発生し、上の写真だと、液晶の左側が青色、右側が緑なので、リプレイorスイカを示唆しているんですよね。

で、左リールを止めると、第1停止でスイカorボーナスの激アツの出目に昇格。この、リールを止めるごとにボーナスの期待度が増える感じが楽しくて。最終的にはリーチ目が出現し、赤7BIGを射止めましたよ。

1枚役奪取

予告音+3消灯からボーナス。どのような並びかは不明ですが、1枚役を獲得。ハサミ打ちで上記出目のときは、中リールに赤7を狙うと1枚得するかも

高設定との違いを分析!

通常時は楽しみながら、REG中は真剣な眼差しでリールを追いかけていたら、実戦終了の時刻に。僕の完全攻略要素のデキは以下の通りでした。

~完全攻略要素のデキ~
●チェリー&スイカは取りこぼしナシ
●ボーナスは無駄なく揃えられたかと
●RT「VS CHANCE」中のハズシ成功率は100%
●REG中の15枚役奪取率は87.5%(4枚で獲得したのは7回)

BIG出現率は設定1の近似値で、REG出現率は設定1以下。至って普通の設定1、という内容でしたが、果たして勝てたのでしょうか。負けて当然にも思えますが……。では、結果を見てみましょう。

【トータルデータ】
■総ゲーム数…2947G
■BIG出現率…1/297.40(10回)
■REG出現率…1/421.00(7回)
■ボーナス合成…1/173.35(17回)
■仮想差枚数…+28枚

わずかとはいえ、+28枚で勝ち! ボーナス出現率は設定1以下、かつREG中のビタ押しもミスしているのにプラスって、このアマさは本物ですね。ちょっと自分でもビックリしましたよ。

では最後に推測要素のお話を。

【小役確率】
■ベル…1/7.10
■チェリー…1/42.10
■スイカ…1/57.78

【BIG中小役確率】
■ゲーム数…250G
■角チェリー+ベル…1/16.67
■角チェリー…1/83.33
■中段チェリー…出現せず

【RT中のハズレ確率】
■VSチャンスゲーム数…164G
■VSチャンス中ハズレ…1/5.29

■VSゲームゲーム数…160G

■VSゲーム中ハズレ…1/8.42

僕が打った設定1は上記のようになりました。これを他の設定と比べてみると…。

【設定別の小役出現率比較】
■ベル
設定1…1/7.10
設定5…1/6.71
設定6…1/6.86

■チェリー
設定1…1/42.10
設定5…1/41.15
設定6…1/43.43

■スイカ
設定1…1/57.78
設定5…1/52.29
設定6…1/44.88

■BIG中角チェリー+ベル
設定1…1/16.67
設定5…1/8.62
設定6…1/8.33

■BIG中角チェリー
設定1…1/83.33
設定5…出現せず
設定6…1/37.50

■BIG中中段チェリー
設定1…出現せず
設定5…出現せず
設定6…出現せず

僕としては前作同様、RT中のハズレがメインの推測要素だと思っているのですが、蓋を開けたら意外な結果になっていました。

■VSチャンス中ハズレ出現率
設定1…1/5.29
設定5…1/4.24
設定6…1/4.02

■VSゲーム中ハズレ出現率
設定1…1/8.42
設定5…1/8.00
設定6…1/8.18

VSチャンス中はまだしも、VSゲーム中のハズレ出現率は設定1・5・6が横一線なんですよね。これは、今回のハズレ出現率は全設定共通…というよりも、設定差はあるけれど半日程度のサンプルでは大きく偏らないと使えない、という可能性のほうがしっくりくるかと。今回のバーサスも一筋縄ではいかなそうですよね。

ただ、そうなんです。いくら推測難易度が高くとも本機は勝負できます。なぜなら……って、もう細かく伝える必要はないですよね。ペイアウト102%、ありがとう!

最新の解析情報はパチマガスロマガモバイルをチェック!!

バーサスリヴァイズ設定156実戦関連記事

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー