【新台レポート】シンプルからプレミアまでカスタムやってみた!

【新台レポート】シンプルからプレミアまでカスタムやってみた!

シンプルカスタムは静かなだけ!?

写真

ども、袴一平っす。今回は「P真バジリスク~甲賀忍法帖~」を実戦してきました。

最近流行の通常時のモード選択機能。本機には4つのモードがありました。

 

カスタム画面

この中で気になるのはやっぱりシンプルカスタムとプレミアカスタムかな。おそらく先読みなしは読んで字の通りだろうし、ノーマルカスタムもしかり。シンプルカスタムに関しては、単に演出の頻度が少ないだけなのか、演出発生=激アツなのか気になるし、プレミアカスタムは出ないとどんなにアツい展開でもダメなのか、今回はその辺を検証していきたいと思います。

てなわけで先ずはシンプルカスタムから打ってみたけど、50回転回したところで

遊タイム示唆

遊タイムまで350!? おそらく台を設置後に試し打ちしたんだろうけど、約200回転も回すのはレアだと思う。そうこうしているうちに最初の見せ場。

伊賀強襲 最終決戦

伊賀強襲→天命→最終決戦の流れっす。

ただし、保留変化なし、激熱ルートなし、SHINOBI TRIGGER Lv4でハズレ。

ん~、シンプルカスタムで先読みや保変がなかったから弱いのかなと思ったんすけどね~、この時点では。ちなみに本機の基本的な流れは「胎動の刻」で忍CHARGE(液晶上部にある数値)を獲得し、その後「忍法勝負」に発展。ここでさらに数値を上げて、100に到達すれば初めて大当りの期待が持てるリーチに発展するって感じっす。

打感では「忍法勝負」や「胎動の刻」中のチャンスアップは忍CHARGEの獲得数値に影響しているだけで、発展後の期待度には影響してなさそうっす。

話を実戦に戻してと。その後も順調にシンプルカスタムでハマっていたんだけど、先読み発生=激アツではない模様。だって保4に巻物保留が出ようが忍法勝負止まり多数。入賞時点滅保留にいたってはリーチすらカからなかったんすよね。

ただし実戦では「占星術先読み予告」や「変動停止図柄予告」などは出なかったので、ここら辺のガセあり予告が出現しないのかもですね。

その後も「最終決戦」や「甲賀組十人衆バトル」をサクッとハズして遊タイムまで残り100回転ってところで、

バトル 真フラッシュ

「甲賀組十人衆バトル」の真フラッシュ(緑)というほぼハズれる展開で余裕ぶっこいていたら、

当り

当たるんかいっ!

この遊タイムを意識してからの弱い予告で当たるのが遊タイム機の良くないところよね。当たったのにショックっていう当り。

さて、ここで真セブンラッシュをかけたバジリスクチャンスなんですけど、そいつは後述するとして(単発だったとも言う)、時短終了後300回転ほどで、

 

朧

メーターウィンドウ予告で「朧」が出現! おそらく朧が出現して激アツの「闇七夜ZONE」を示唆しているんだろうね。

この変動も、もちろん「闇七夜ZONE」に突入して「甲賀組十人衆バトル」に発展し、真フラッシュは緑止まりだったけど、

 

闇七夜ZONE 当り

無事大当り。もしかしたらZONE系は強いかもですね、シンプルカスタムは。偶々かもだけど。

肝心のバジリスクチャンスは、

真バジリスクチャンス

前回含めタイトル色はデフォルト。

真バジリスクチャンス

背景色もデフォ。テロップ色もボタンもデフォの絶望パターンで2連続で当りは獲得出来ず。はあ~今日いくら負けるんだろう。

 

この実戦の続きは『パチマガスロマガモバイル』の超速ニューマシン実戦記で公開中!

安心してください、このあとしっかりプレミアカスタムでも実戦していますし、攻略面とかもガッツリ触れています。読めばためになることしか書いてないですよ!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー