【新台実戦】攻略の神髄、見せてやるよ【Pルパン三世 2000カラットの涙】

【新台実戦】攻略の神髄、見せてやるよ【Pルパン三世 2000カラットの涙】

お宝はいただくぜ!

皆さんこんにちは、最も大好きな歴代ルパンシリーズのパチンコ台は20年前に出た「CRルパンザサードY1」一択の助六です!

CRルパンザサードY1
CRルパンザサードY1(平和/2002年)

記憶が確かならパチンコで不二子の乳首がモロ見えできる最後の機種だったはず(気になる方は検索してね)。…なんて理由はもちろん微塵くらいしかなく、本当にどこからでも発展するし、どこからでも当たる演出バランスが最高の神台だった…。

そんなわけで今回、自分が実戦した機種はルパンシリーズの最新台「Pルパン三世 2000カラットの涙」。最近のルパンは当時の良バランスが崩壊して往年の人気が影をひそめているイメージがあったけど今回は果たしてどうだったのか!? しっかりチェックしていきたいと思います!

HEAVEN or HELL

新装初日、並び順のホールで待つこと30分。無事に台確保はできたけど、回転率は高望みできそうもないかな。お宝(銀玉)を盗めるかどうかは完全にヒキ次第になりそう…。この台で重要なのはとにかく初当りのヒキ! というわけで気になるスペックから見ていきましょう。

ルパン三世スペック

最も特徴的なのが振り分け50%のLUPIN BONUSだった場合は「420発獲得してハイ終わり!」と最近の機種にありがちなガッカリ当選。だけど良い方の50%であるPERFECT BONUSを取れた場合、いきなり3000発確定+ALL1500発×約81%継続という2000カラットどころか3000カラットスタート!! 初当り時はまさに1/2で天国と地獄が分かれるみたいな仕様になっています。

打ち始めると1万円を使い切る前にルパンといえばおなじみのタイマー予告が発生。しかも85秒スタートと長いっ! さらに本機で最重要演出の筆頭「神髄演出」発生!! 神髄演出はキャラごとに用意されているけど、どれもめちゃめちゃカッコいい…!!

タイマー予告

これが無事に大当りに繋がって最も重要な図柄昇格演出へ。ここでRUSH突入かどうかはマジで明暗がわかれるっ!

図柄昇格演出

PERFECT BONUSキターーーーー!!!!!! これで3000発&約81%継続確定♪

3000発が確定となる仕組みはRUSH突入時は時短10000回転が付くから、初回1500発+次回1500発が確約されるのです。1000回転でもほぼ100%引き戻せるのに10000回転に設定したところに億が一のスルーも許さない平和の意地を感じるね。

時短10000回転では早めに大当りを射止めて、しっかりその次でスルーさせましたよ。えっ…?

リザルト画面

RUSH中は60回転以内に約1/39.6を引くいわゆるショートST。消化中はテンポも良くてイイなぁと思ってたけど、特にリーチもかからず6分30秒で即抜けしちゃったよ。ルパンがカッコつけたポーズしてるけど、この機種で一番恥ずかしいリザルト画面だからね…? 顔に手を当てたいのはこっちだっての…。

初当りは引けるものの……

その後、まったく画変わりしない銭形リーチで当たってRUSHに突入するも同じく保証分で終了したり、50%のLUPIN BONUSを引いたりして着々と投資だけは嵩むいつもの展開に…。

リザルト画面

4万使ったらヤメようと思っていたところで、少し前から設定していた玉ちゃん一発告知カスタムでシレっと玉ちゃんが光ってRUSHにも突入

玉ちゃん一発告知カスタム

「さぁ、今度こそ連チャンを伸ばすぞ!」と意気込んだ結果がコチラ。

リザルト画面

ダメだ…時短10000回転ではす~ぐ引くくせに、時短が60回転になった途端、まったく引けない。助六にパチンコのセンスがないというのを再認識したところで実戦終了。

投資:35000円
出玉:3983玉
交換:14000円
収支:-21000円

助六がルパンの攻略ポイントを解説♪

それでは最後に感想で締めましょう。

まずは演出。重要で大当りに絡みやすい演出はルパンシリーズでも馴染みが深いタイマー予告、不二子演出、タイプライタ、金系演出など。加えて今回最も重要だと思ったのは新演出の「神髄演出」なのかなと。

神髄演出

信頼度が高いのはもちろん、周りを見てもタイプライタや不二子演出より大当り占有率も高い印象。バランス面では最近のルパンシリーズは最初から最後までモリモリじゃないと厳しいし、当たらないリーチも長くてダレやすいのも原因で人気が長続きしなかった印象でしたが、今回はSP発展率もそこまで高くなく、長くて期待できないリーチをダラダラ見させられるという感じも減っていたのが好印象でした。RUSH中に関しては語れるほど引けていないので…察してください

続いてスペック。初当りから3000発貰える安心感はやはり大きい! せっかくRUSHに入って450発リザルトとか虚しすぎましたからね。右打ちALL1500発はもちろん文句ないし、早すぎず遅すぎずちょうど良い感じでテンポ良く10Rを重ねていくのも好印象。トータルで見てかなり良スペックなんじゃないでしょうか。

最後に攻略要素。電サポ中は消化も早いし、基本は打ちっぱなしで問題なさそう。電チュー・アタッカーを抜けた玉も最後はほぼオマケ賞球口に入るゲージになっているのでほぼ減らすことなく快適に消化可能。こぼしのマイナスにだけ注意するようにしてください。実戦上ではほぼノーマル状態で電サポ60回転で-10~20発前後でした。

大当りラウンド中は減速ポイントがしっかりあるので10発目を弱め→11発目を強めに打てばワンツー打法が決まりやすそう打ちっぱなしだとなかなかオーバー入賞しないのでやる価値はアリです!

また、今回の実戦の模様はコチラの動画で詳しく見られますので、よろしくお願いします!


Pルパン三世 2000カラットの涙関連記事

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー