【オール設定バトル】vsパチスロ戦国乙女 暁の関ヶ原-DARKNESS-【設定1×菊丸】

ゴリ押しでどこまでイケるものか…

乙女が魔改造の餌食に! これまでのゲーム性とはガラッと変わったことで、そう表現したいところ。これも乙女っちゃ乙女なんでしょうけど、随分とハードな仕様になっちゃいましたからねぇ…。僕の知っているピンクな乙女はドコ? 強かったソウリンちゃんを返して! そんな歪んだ愛情を持つ僕が設定1の生贄に召喚されました。

毎ゲームAT抽選がされているとはいえ、設定1が正攻法で挑んで上手くいくワケなどない。設定差がなく、強制的に当たる手段で初当りを獲得していかないと勝ち目は無いでしょう。鬼神揃いとか、鬼神揃いとか、鬼神揃いとか…。そうでなくとも、何かしらが必要。つまり、運勝負って事になりそうですねぇ。

予想はしていたけど、やっぱキツい!

チャンス目の連続から、ロック高確状態へ。それを活かしての初当り! 設定1に限らず、こういうヒキは大事。さらに、1発目からソウリンちゃんというのは幸先良いですねぇ!(←奇数揃いの方が特化ゾーン振り分けは有利)

特化ゾーンはときめきプレゼントに当選。こんなカット絵をここに忍ばせるなんて、やってくれるじゃないですか! この「ときめき~」には西軍と東軍のパターンがありますけど、設定差でしょうかね?

まずまずの初期ゲーム数を獲得したと思われましたが、駆け抜けエンド。300枚にも満たない獲得枚数に改めて低設定の恐ろしさが伝わってきましたよ。これで初当り確率が約1/400だもんなぁ…。

ATが終わる度に不安しかない

その後、2回初当りを獲得。も、上乗せが少なかったため、枚数は伸びず。再び、ハマリを覚悟して通常時を消化していたところ、小役履歴が黄1色に! 黄7×4連でAT当選となるのでオマケ付きで初当り獲得に成功! それにしても通常時はステージ移行もロクにしないし、この時点で青7×3連を6度達成するもCZ当選は0回。低設定らしさは隠す気が無いようです…。

エンディングまで、あと少し。なんて惜しい! 剣聖アタックとカシンアルティメットで、かなりの初期ゲーム数を獲得できたつもりだったのに足りないとは…。けど、これにてプラス域への浮上に成功できました!

設定1でもヤルときゃヤル!

CZで踏みとどまることなく、獲得した出玉の大半が無に帰すハマリが襲来。これが低設定の本気というヤツでしょう。本天井に到達しなかったとはいえ、このATでの獲得枚数次第ではマイナス域への転落も時間の問題…。そう思っていたところにロック2が発生。せいぜい100Gほどの上乗せだろうと、ポンポンと2リールを停止。すると、そこには見慣れぬ中段「鬼神」テンパイがっ!

先ほど、エンディングに到達できなかった悔しさを「カシンバトル」にぶつけるのみ!

フリーズ無しからのバトル保証は4セットと心許ないですが、ムサシが攻撃に耐え続け順調に継続。

バトル開始画面は複数人いた方が継続期待度が高い模様。また1~3セット目は連撃以上での上乗せが基本みたいですね。以降は閃での上乗せばかりでしたし。

色々と探りながら消化したバトルの結果は9セットで+437G。結構頑張ったんじゃないかな?

+44→+144→+99とゾロ目続きだったので、一瞬デキレかと思っちゃいました(笑)。

その後も強カワチャンスにて上乗せを繰り返し、出玉を伸ばしていると…。

初体験のカバーオープンからのボタンPUSH。からの~「乙女RUSH GOLD」告知。すなわち、エンディング確定です!

余裕が無いウイニングラン

エンディング確定後はベル成立の度に、萌えカットインがランダムに出現する天国状態。これが戦国乙女ってもんですよ。もちろん、カシン様のカットインも搭載されています!

今回は行っていませんが、枚数調整は可能です。時間があれば15枚役でシメたいところ。地獄から一転、楽しかったぁ~!!

余裕が無いウイニングラン

ただ、以降は設定1らしく見せ場なし。枚数も伸びることはなかったですが、どうにか逃げ切って勝利。ハマリが容赦なく襲ってくるとあって、気が抜けない戦いでしたよ。

結果まとめ

【基本事項】

総ゲーム数:6260G

仮想投資金額:1万5000円
獲得枚数:1861枚
収支:+2万2000円

CZ出現率:1/1788.00(2回)
AT初当り出現率:1/397.33(9回)

ロック2や黄7×5連など、強制的に初当りを獲得するケースが複数回あったというのに、ほぼ確率通り。引けない場合は相当苦しそうですね…。

【各種当選率】

CZ当選率
リプ3連:0%(0/7)

小役連からのCZ当選は1件もなし。黄7×5連時も初期の特化ゾーンが2個だったので3連時の抽選には漏れていたことが判明しています。ここも、設定1らしい結果ですね。

【示唆演出】

AT終了画面
東軍:3回
西軍:5回

設定1なので特殊な画面の出現は当然ナシ。西軍と東軍の比率も5:3と大きな開きはなし。特徴が無いのが特徴といったところでしょうか。

ダダ下がりするだけのグラフが描かれるかと思いきや、大健闘でしたね。これぞ、愛情によるもの! 本機は初当りに差があり、AT性能に差が無いタイプ。なので、展開次第では高設定でも苦しむこともありそうですが、低設定はその頻度が段違いと思っておいた方が良いと思います。明日から他の設定の実戦データが公開されていくので、比較してみてください。

次回作はプレイヤーに優しく「乙女ハピネス(仮称)」とでもして、こういった絵とソウリンちゃんを推していってほしいものです!

パチスロ戦国乙女 暁の関ヶ原-DARKNESS-の解析情報はパチマガスロマガでチェック

ライター紹介

  • 菊丸
    パチマガスロマガ専属ライター
    菊丸
    萌えスロとノーマルタイプを愛する二刀流スロライター。さわやかな笑顔の裏で2次元への愛を貫く「紳士」であり、基本はガチ勢らしく実戦しつつも、密かにお気に入りの演出写真を撮ろうといつも機会を伺っている。ノーマルタイプではジャグラーシリーズやアクロス機種などを溺愛。笑った時の顔が「抜作先生」に似ている。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー