第10回 400G超えはほぼなし! これぞ乙女3の設定6挙動!!

第10回 400G超えはほぼなし! これぞ乙女3の設定6挙動!!

400G超えはほぼなし! これぞ乙女3の設定6挙動!!

▼序盤の模様はコチラ


さてどうしよう。素直に考えると1の1で400G超えた訳で、「巷で言われている設定6挙動」だけで判断したら、まずヤメ。…なのではありますが、実は自分で直接確認している設定6挙動に関しては、少しばかり巷で言われている部分と異なる要素がありまして。それが「朝イチ初当りに関しては、400Gを超えているスランプを何件か確認している」んですよねぇ。

朝イチだけそうなる理由もある程度理解してはいるのですが、それでも設定6であれば、朝から素直に早く当たるスランプを描く事のほうが多いのは事実。う~ん、追うか引くか悩む。ちょっと前に、「早めに判断は付くでしょう」とか言っておきながらコレですわ(笑)。

そこで、ホール傾向と機種スペックを再確認。まず、この日のバラは設定6だけでなく設定5も存在している配分。そして乙女3の機械割、実はなかなか魅力的。設定6だと112.5%で、設定5でも108.5%。…以上の事を総合して考えた結果、もう1周勝負してみる事に。今回に関しては、追わずに後悔するより追って後悔したい感じですわ。

そしたら…。

「優」スタンプで設定⑤以上確定!!


良かったー! ヤメないでホント良かったよー!!(涙) 2回目の初当りは、言われている通りの400G手前、3回目も400G手前でヒット。挙動的にも強いけど設定5以上確定のオマケは大きい!

有利区間も初継続


ひとまず設定5以上は確定となって、あとは設定6か否かがポイント。…なのですが、自分は「設定5挙動はコレ!」というデータを把握しておりませんでして。当然理想はこの台が設定6であって欲しいのですが、設定5だったら設定5で、その挙動を学ぶ良き機会と捉え回す事に専念。いやもう、今日はこの台を捨てなかっただけで丸儲けですので(笑)。

 

なるほどなるほど。やはり実際に打ってこそ把握出来る事って非常に多い。ATに関してはリゼロよりムラがあって、下は250枚程度で上は今のとこ780枚程度。有利区間リセット後は400G手前で当たって、台の中で「この有利区間ではこれくらいコイン出すよー」って数値に満たなかったら有利継続して200G手前で補填。そこでも満たなかったらもう1回補填…って感じか。

さらにもう一つ把握した事は、「乙女参戦モード」がほぼほぼ3Gで終了するって事。なんかの動画で打たれていた低設定であろう乙女3は、この乙女参戦モードが結構継続していたのを見たんだけど、自分の打っている台に関して言えば、どの乙女であろうとも3Gで終わっちゃう感じ。ここら辺で枚数を抑えられているんでしょうな。実際に低設定を打った事がないから言い切れないけど、これも設定6の特徴の一つなのかなぁ。

…とまぁ、今のところ設定5以上しか確定していないけれど、挙動的には「コレ設定6!」と言い切っちゃって良いくらい安定して右肩上がり。CZでの解除以外、400G手前と200G手前でしか当たらないまま、時間だけが過ぎていきました。

そして。

 

やっぱり設定6でした


だよねー。ってな感じで、最後の最後まで400Gを抜けないまま閉店ちょい前ヤメ。最終的に獲得した枚数は5132枚。投資が500枚+8000円なので8万1000円のプラスです。

いやはや、なかなか長時間滞在する機会がないバラエティコーナーでの終日勝負は新鮮でした。そしてなにより乙女3の設定6挙動を生で体感できたのは良き経験。さらに、周りに点在していたマイナー機の高設定挙動を見られたのも大きな収穫。今日の経験は是非とも今後に活かして行きたいですな。

最終的な手書きデータと正式版実戦データはこちら。これを見れば如何に乙女3の設定6が規則的な挙動をするのか分かるかと!

 

(C)HEIWA
Character design by SHIROGUMI INC.

この日記の裏話は3月24日の12時に公開予定! 実戦時の濃密情報を知りたい方は要チェック!!

▼日記の裏話はコチラ

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー