【パンダ】まだまだパチンコパチスロでやっていけるなら『やっていきたい』という気持ちは強い【激白!コロナ禍のパチプロ/パンダ/後編】

【パンダ】まだまだパチンコパチスロでやっていけるなら『やっていきたい』という気持ちは強い【激白!コロナ禍のパチプロ/パンダ/後編】

1人目はパチンコ・パチスロ両刀使いの「パンダ」へインタビュー!(後編)

パチンコ・パチスロで稼ぎながらライター業に就いている『パチプロライター』。

「ライター業って自由な雰囲気で羨ましい」「毎日パチンコ・パチスロを打ってるなんて楽しそう」……というイメージもある方もいると思う。しかし、実際には……!?

コロナ禍でパチンコ・パチスロの状況が苦しいというのは誰もが感じている中、パチプロだけは例年通り勝てているのか? ライターをヤメようと思ったことはないのか? パチマガスロマガの人気ガチプロライターにすべて正直に答えてもらう。

それがインタビュー企画『激白!コロナ禍のパチプロ』!

1人目のいけにえ……もとい、登場人物は雑誌「パチマガ」のときからおなじみのパチプロ兼ライターの『パンダ』。今回は後編をお届け!

最近のプライベートを……とお願いしたところ「宅飲み+鍋」の写真が。鍋が恋しい季節になってきましたねえ。

【質問①】今、何をメインに打って稼いでる? 今年一番お世話になった台は?

メインと呼べるほど打ち込めている機種はないってのが正直なところ。上半期には、パチスロのディスクアップを隣町の46枚等価ホールにちょこちょこ打ちに行ったりしていましてけど、もう撤去されてしまいました……。

最近だと、地元ホールの宵々越しの「遊タイム狙い」で打ってる冬ソナFOREVERもちょこちょこではあるものの、打っていますかね。

つまり、一番お世話になったなんて言える台はなく、稼動量も相当減っている状態ですね。

稼いでないのとコロナ禍ってのも相まって、ほぼ毎日通っていた居酒屋には行かずに、家で鍋をぐつぐつやりながら飲むことが多いです。これはこれで楽しいけど、いい歳したおっさんが稼いでないってのは心に来るものが……。

『ぱちんこ 冬のソナタ FOREVER』の遊タイムは突入すれば約1400個出玉がほぼ約束される点が魅力。

【質問②】P機、または6号機はどんなスペックや仕様になれば、魅力的になると思う?

パチンコに関しては現行のスペックでも充分に盛り上がる要素はあると思います。いつだって盛り上がるのは荒いスペック。ユニコーンや牙狼はそういった魅力は持っていると思うので。

ただ、コロナ禍でパチンコを離れた人はますます多くなったと思うので、盛況となるまでには時間がかかるかな……と感じてます。パチンコファン以外も取り込めそうな「乃木坂」には期待したいですけど、ホール側も体力を削られているので、どこまで活性化するかは未知数ですよね。

パチスロはもう少し荒いスペックを出せるようになれば、ってのが1番重要なのかなと。メーカーの努力によってかなり面白いスペックは出ていますけど……どうしてもね。4号機時代の盛り上がりを知っている自分からすると、やっぱりスペックかなと思ってしまいます。

『ぱちんこ 乃木坂46』(11月下旬導入予定)。年末の超注目機種の1台!

【質問③】まだまだパチプロとしてやっていく? 副業または転職(就職)は考えている?

今の状況が今後も続くようなら、勉強しなおして薬剤師のバイトでもしようかな……なんてことも思うようになりましたね。

採用してくれる薬局を探すのに苦労しそうですけど。その反面、まだまだパチンコパチスロでやっていけるならやっていきたいという気持ちも強かったり。

だから、薬剤師をやろうと考えた時も「バイト」って認識なんだと思います。

貰えるか分からない年金まであと20数年、やっぱりどうにか収入を安定させないと話にならないじゃないですか。他のライターはみんなYouTube始めたり、動画の編集やったり、色々努力している。自分はこのままでいいのか、とは思ってるんです。ペーパー薬剤師卒業の日は近い……かも。

担当編集の隣の席、空いてますヨ☆

【質問④】この先業界が盛り上がるには、どうなれば良いと思う?

とにかく遊技人口を増やさない限り、ホールが厳しいからメーカーも打ち手も厳しいという、負のスパイラルの現状からは抜け出せないでしょう。

これを覆していくには時間がかかると思うし、どこかで遊技人口を減少傾向から増加傾向に変えなければならない。つまり、復帰勢も新規層も両方取り込めるような状態を作るのが理想ではないかと。

復帰勢はひょんなキッカケで今でもふら~とパチ屋に入ってきたりするイメージなので、そういった人がサラッと勝てちゃうような台を増やすのも大事なのかな……?

新規層の増加には人気コンテンツだったり、話題性が高く全国ネットの民放でも扱われるレベルの台が出てくるのが理想でしょうか。もちろん、それを受け入れるために業界が回復していればさらに効果が高いと思います。いずれにしろ、すべてを少しずつでもやっていくしかないと考えます。

彼はそう言い残し、また鍋に箸を伸ばし始めた……(←ヤラセ)

というわけで、ライター『パンダ』へのインタビューはこれにて終了。

やっぱり、コロナ禍を経て色々考えていたみたいですねえ。ただ酒を飲んで、鍋突いてるだけじゃないってことが明らかになりました。(←失礼っ)


さて、このライターインタビュー企画『激白!コロナ禍のパチプロ』の次回は「日向七翔」へのインタビュー・前編を明日10月22日(金)の19時頃に公開予定!

ライター紹介

  • パンダ
    パチマガスロマガ専属ライター
    パンダ
    その名の通り「パンダ」が大好きで、所有するパンダグッズは100個超! かつて第3代パチマガ王(パチマガライター総出演の王座決定戦企画)に輝くなど、ここ一番での勝負強さを発揮する。パチスロにも非常に詳しく、ホール状況によってはスロ中心に立ち回る時期もある。趣味は競馬や草野球。生まれも育ちも横浜だが、野球はなぜか中日ファン。薬剤師の資格を持つというインテリな一面も。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー