GWは「バラエティー」が実は穴場!【編集部コラム・メシUMA 第13幕】

GWは「バラエティー」が実は穴場!【編集部コラム・メシUMA 第13幕】

バラエティーコーナーが一番落ち着く

気が付けばもう13回目。なんだかんだで良く続くもんだな……。日陰物生物・メシUMAです。
前回は競馬「皐月賞」を予想しましたが…








ライトニングバレットチャンス

【皐月賞 メシUMA予想】
本命…グラティアス
対抗…ダノンザキッド
抑え…ラーゴム、レッドベルオーブ、ステラヴェローチェ、ヨーホーレイク

【皐月賞 実際の着順】
1着…エフフォーリア
2着…タイトルホルダー
3着…ステラヴェローチェ

全然惜しくもない(笑)。強いていえば、3連複狙いで2万円配当ついたから、買い方自体はまぁ良かったってくらい。

そんな今週は競馬のGⅠ戦線は一旦お休み。このコラムも一旦お休み……は、やはりダメらしい。

競馬にすらお休み期間があるというのに、この年中無休感覚。さすがパチマガ!

はい、茶番はこれくらいにしといて。今回は
「GWに何打ったら勝てんの?」なお話。


考え中

普段の休日も打つか打たぬかは日による……って方も、GW中は数日は打つ。と思っている方もいるハズ。

あるいは、実家帰省時に最寄りのホールで少し……なんて方もいることでしょう。

で。そんな中「いきなり飛び込むGW期間中のホールで勝算はあるのか?」ここですよね、一番気になる部分。

メシUMAは実家が宮城県なので、帰省時に両親と一緒に……てパターンで普段を全く把握していないホールに飛び込むパターンはあります。

まぁ、結局は台の釘状況をキッチリ見れればあんまり気にすることではないです。
ただ、田舎の郊外店でデカい……。正直、1000台近くあるパチンコ台の状況全部を完全に把握するのはかなりしんどいす。

テナワケデ。こうした時は「機種」を絞るのが最善策だと思います。
現在、ホールの看板機種である「初代の真・北斗無双」「源さん超韋駄天」「慶次漆黒」「大海4」あたりが大体当てはまる。

ぶっちゃけ、ミドルスペックで数万円負けても「まぁ、そんな日もあるさ」って思える方なら、この辺りの機種選択は充分ありだと思います。

アウト

が! メシUMAは非常に矮小な生き物。1円の負けだって気分悪くなっちゃいます。

そこで。「機種ゲージ的に意外な回転率を叩き出す」「1日単位で(比較的)良い台で良い結果が出やすい」機種選択をすることが多い。

意外にコレで、毎年数万円は懐を温めて帰って来られているんですわ。

遊タイム狙いは回転数的に狙い目台があれば……かな。普段打たない人の後釜狙いで立ち回るライバルは、今年に関しては多そうな気がする。

前置きが少々長くなりましたが……。ここからは、メシUMAが「基ゲージから、よほどヒドい状況でなければGW中に打とうかと思う機種」BEST3~。

第3位 PF.戦姫絶唱シンフォギア2

見た目より回んないことが多々ある(←個人の感想です)。しかしその分、ステージ性能が抜群で勝負になるときがある!

個人的には3.57円交換の分、ステージ性能が抜群で勝負になるときがある!

個人的には3.57円交換で千円21回転回れば……5割弱の勝てる勝負にはなるし。

ライトスペック&最終決戦突破の有無で収支が荒れる方ではあるため、第3位。

第2位 Pバジリスク~甲賀忍法帖~2 朧の章

ヘソ賞球1個でも、左下あたりにある「朧の2Dキャラ付の賞球口が6個戻し」で、ヘソサイズがさほどなくとも回ることが結構ある。

500円あたりデフォルト状態なら3~4個入る(もちろん入賞ムラは多少ある)ので、入賞個数見つつなだけで勝負になる台を打てる。

スペック的にも、連チャン次第じゃ甘デジとは思えない!
ま、潜伏ST→スルーをひたすら繰り返したらクソほど負けることはある。

そんなことがさすがに毎回は起こらないので第2位。

第1位 P義風堂々!!~兼続と慶次~2 甘デジ

これもステージ性能次第ではってところ。シンフォギア2より初当り確率が倍近く軽く、1万発お持ち帰りもザラですし。

まぁ、それがザラってことは負け方エグい場合もあるっちゃある。
ただ、ミドルスペックで最大級に投資がかさむ可能性を考えると、随分手が出しやすいんですよね。

え、機種選びが地味? だからこそです。

地味だからこそ打てる状況で放置されていることもあったりするもの。ライバルが少ないし、自分はそこを狙うって戦術です。

競馬じゃないけど、色々予測しながら打つべきがGWだし醍醐味だと思うんですわ。ダメそうだったら「帰る」もこの期間中は特に大事。

……まぁ。打てる状況下の方の台選びに少しでも参考になれば幸い……です。(緊急事態宣言で自粛要請にホールが入っておったわ…)

メシUMAは……仕事すっか。

ライター紹介

  • メシUMA
    編集部
    メシUMA
    パチマガ編集歴15年目の企業兵士。色々粗末なモノをお見せするわけにはいかないため、こうした不敬な姿をとる。ソシャゲの課金が日課で、その資金を稼ぐためにパチンコ・競馬に手を染める。パチンコはゴリゴリに堅い打ち方で「高勝率」をキープする立ち回りが身上。しかし、ドテチンに肉薄するほどヒキが弱い。

新台導入カレンダー