RTシステムを制して激アツを事前に察知!!【パチスロギアス3/ガンちゃん】

RTシステムを制して激アツを事前に察知!!【パチスロギアス3/ガンちゃん】

どうも!ガンちゃんです。パチマガスロマガFREEで原稿を掲載するのはかなりお久しぶりなんですが、ギアスといえばガンちゃんみたいなところありますんでね、編集部からの依頼に喜んで首を縦に振らせていただきました。

(ホントは納得いくまで打ち込めていないので一度やんわり断ったのはここだけの話だゾ☆)

ということでこの原稿を書いている日もギアス3を打って7000円負けて帰ってきたところで、この機種の楽しいポイントを3つくらいに分けてご紹介していこうかなと思います。

いつでもチャンスが生まれるゲーム性

6号機が登場してからしばらく経ち、登場する機種をアピールするときに「自力感」なんて言葉が生まれるくらいに混沌とした状況が続きましたが、パチスロなんて自力に決まってんだろコノヤロウと思い出させてくれるようなゲーム性を携えた本機。

有利区間に左右されないボーナス、CZ、RTと通常時から叩きどころが盛り沢山。更にこの3つが絡み合うことによって生まれる気持ちいい瞬間というのは、5号機の初代ギアスとR2を彷彿とさせるくらいにいい出来だと思います。

CZ突入前のCZ前兆からギアスベルや小役でポイントを稼ぎ、期待できなそうなCZなら自分でゼロ揃いやボーナス引いちゃえばいいじゃないと。完全に打ち手次第で展開が変わる気持ちよさ、これがまず魅力の1つです。

細かい気持ちいいポイントはまた後ほどご紹介しますね。

ギアスでも屈指のアームが試される

シリーズお馴染みの1セット40GというAT(ART)ですが、初代ではストック&ループ、R2ではピース獲得&バトルとどちらも当然ながら腕を試されるゲーム性だった訳ですが、今作のATはセットすら跨いで常にRT状態の変化を意識するという行きつく暇のないゲーム性になっております。

AT中の流れはベルやレア小役などで作戦突入を目指す→作戦成功でセット継続期待度がアップ→セット継続と一緒に特化ゾーン突入したらストックとか取れたりするよ。というシンプルなもの。

なんですが、これに加えて「ギアス高確」というRTシステムが常に叩き甲斐をもたらすんですよね。

通常時からこのRT状態の移行は存在していますが、ギアスベルの高確に移行しても通常時はナビが出ないのですぐベルこぼしで転落してしまう。しかし、AT中はベルのナビが出るので転落しづらいので腕次第でチャンスがずーっと続いたりするのがミソになってます(C.C.揃い高確中は保証ゲーム数が終わるとベルをこぼす)。

ギアスベル→ギアスベル高確
ギアスリプ→C.C.揃い高確

AT中は上記の小役を引くとテロップが表示されるので分かりやすいと思いますが、そこそこの頻度で引ける割にめちゃくちゃ大事なのがギアスベル。まず1/38.2のギアスベルを引ければ作戦突入が確定し、その瞬間からギアスベルの確率が1/13.6まで跳ね上がります。この確率が上がった状態のギアスベルを作戦中に引ければ成功確定&35%で陣形アップ、作戦が終わった後に引いたらまた作戦確定、そんなこんなで勢力レベルをMAXにした後に引けば75%で陣形アップという強レア小役顔負けの破格の性能。転落契機は中段リプレイなので、それを引かないように毎ゲームが気合の入れどころというのが非常に僕好みで楽しいです。

個人的にはギアスベル高確中などに中押しゼロ図柄狙いをするのが面白く、中段ベルでリプ回避1確かつ右リール上段にベル停止でギアスベル確定(僕の実戦上)なので、安心と快感を味わいやすいです!

更にギアス高確中にゼロ図柄揃い(内部ボーナス)を引くことで、しばらくRT状態が変化しなくなる(つまり転落しない)&ギアスベルやC.C.揃いの確率が上がる「ギアスロック」も噛み合えば破格の性能を誇ることも。特にC.C.揃い高確中に引ければC.C.揃い確率が1/8.8まで上昇するので、大量ストックも夢じゃない展開になります。

あぁ…書いてたらATやりたくなってきた。

知ることで気持ちいいポイント

パチスロを楽しむ上で大事な気持ちいいポイントですが、分かりやすいCZ中のボーナスなど以外にも「演出や法則を知ることで気持ちよくなれるポイント」というものが多数存在します。

なので状況に応じた法則などをまとめておこうかなと思います。

 

 「RT状態」 

本機は滞在しているRT状態によって、出現した時点でボーナス濃厚になる小役が多数存在します。

RT1(ベルこぼしBで移行)滞在中
★ギアスベル
★ギアスリプ

 

RT2(ギアスリプ高確・弱チャンス目で移行)滞在中
★弱チェリー
★弱チャンス目

 

RT3(ギアスベル高確・ギアスベルで移行)滞在中
★弱チャンス目

 

RT4(C.C.揃い高確・ギアスリプで移行)滞在中
★ギアスベル
★ギアスリプ
★弱チャンス目

こんな感じになっておりまして、見る頻度でいうと弱チャンス目での確定パターンが多いですかね。通常時に弱チャンス目やギアスベルを引いた後、ベルこぼしなどを引く前に弱チャンス目が停止したりしたら「気持ちいい~!」となるわけですね。

 

 「CZ(前兆)中」 

CZ関連でも覚えておくと気持ちいいポイントがありまして…。

CZ前兆中→レバーオンで特殊SEが鳴ったときに小役が揃えばポイント大量獲得(中押しとかが楽しい)

CZ中→レバーオンでフラッシュ(青とか赤とか)が発生してハズレ目停止。ギアス目とレア小役に対応してるので、ハズレ目は(僕の実戦上)フェーズアップorAT濃厚なのでハイチャンス。

CZ中→レバーオンで特殊SEが鳴って小役が揃うとAT期待度50%。確定ではないけれど一気にアツくなれる展開。

 

 「AT中」 

AT中の気持ちいい部分は正直あんまり味わえていない(下手くそすぎて負けまくっている)ので手軽に味わえる1つだけ。

作戦中→特殊SEが発生した時点で成功確定。

 

地味ですが赤文字もたまに外れたり、安心できるパターンが限られた中での確定はシンプルに気持ちいいのです。

とこんな感じで分かりやすい気持ちいポイントや知ることで気持ちいいポイントが多いのも魅力ですね。

さてさて、そんなこんなでギアス3の個人的なオススメポイントを3つほどご紹介させていただいたわけですが、少しでも打ちたくなっていただけたでしょうか?

僕は自分で書いてて打ちたくなりました。めっちゃ負けてるくせに。

冒頭でも言ったように打ち込みが足りない(まだ2万G弱)ということで、掘り下げた部分はまたいつか書けたらなと思います。ギアスラッシュの詳細とかね。

それではご覧いただいてありがとうございました。オールハイルルルーシュ!!

パチスロコードギアス 反逆のルルーシュ3の解析情報はパチマガスロマガモバイルをチェック!

ライター紹介

  • ガンちゃん
    パチマガスロマガ専属ライター
    ガンちゃん
    デビューして早々に「若手ライターのホープ」と呼ばれていたが、未だにくすぶり続ける若手(?)ライター。漫画やゲームが好きでそういった機種を好む傾向にあるが、全般的に知識は深め。何でもそつなくこなすことができるオールラウンダーだが、緊張に弱く趣味打ちが多いという欠点も。最近ではYouTubeにて個人チャンネル「がんちゃんねる」を開設し、生配信などにも奮闘中!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー