【編集部コラム】チキショウ君  第1幕

【編集部コラム】チキショウ君  第1幕

編集部に入って7年目

 WEBサイトが始まったけど、なんと編集部員も全員コラムをやるんだって! しかも1人週1回更新するらしいよ。つまり、実質毎日誰かしらが書くことになるという……。
正直、めんどくせーっと思っているチキショウ君だお☆

 さて、何から書いていこうと思ったけど、初回だから自分の事を書いてみようと思う。これならすぐ終わるからね(仕事とは?)。

 俺が編集部に入社したのは6年前。今年でちょうど7年目になる。その前はホール店員として働いていた。都内にある「Green Peas」というホール。知っている人もいるかな?

ド派手だな(笑)。最初はパチンコもある店舗に所属したけど、務めてから2年ほどで他店舗へ異動。パチンコが無くなり、パチスロ専門店へ。

パチンコが無くなると俺のモチベーションがダダ下がり。いつ辞めようと考えていたが、そこで働いていた仲間たちとの生活も楽しくて。結局、パチンコが無くなってから1年以上経って退職した。

 そこから1年間はパチンコ生活者に。いやー、遊んだ(笑)。人生でこんなに長い休暇は初めてだった。毎日パチンコ打ってたもん。でも生活が懸かっていたから、優秀台を掴むことに必死だった。そして気づく。

「俺このままだと、いつか詰むな」と(おせーわ)。

 そうして就活を始めてパチマガ編集部へ応募した。面接した際、いろいろ聞かれたが

「誌面では何を読んでいますか?」

という質問に対して

「わいずみ(和泉)純さんのコラムを読んでいます」

と適当に答えたら受かった。簡単かよ、パチマガ! 「わいずみ」で受かるのかよ! なんて思ったわ、仕事をするまでは……。

その先は地獄だぞ

 入社して最初はラフのお勉強。校正や企画の立て方などを研修で学んだ。そして最初に一人で作ったページがコレ!

 

今でもホールに設置されていることもある「CR機動戦艦ナデシコ2」。久しぶりに見たけど……見づらっ! 詰め込み過ぎて写真が小さいところもあって、今なら初心者が書いたものだとすぐわかる。

この時は正直苦労しなかった。なぜか上司からのダメ出しが少なかったのだ。でもこのあとに企画ページを担当した時が地獄だった。それがコレ!

ほんと何を書けば良いのか全く分からず、ほとんど家に帰らなかった。ラフ用紙が破けちゃうくらい、何度も書き直したわ。上司にも何っっっ度も怒られながら書いてたわ(白目)。

でもね、そんな上司も終わった後には

「初めてなのによくやったな」

って褒めてくれたんだよ。碇ゲンドウかよ! っとツッコミたいところではあったけど。そのせいか、その上司をたまに「父さん」って呼ぶことがある。
※わからない人はエヴァ第拾弐話「奇跡の価値は」を見よう!

 そんなこんなで続けてきたけど、これからはWEB編集部員として働いていきます、いや遊んでいく! ということで、これを読んでくれたの皆、よろしくネ(゚∀゚)
(ふぅ、30分で終わった)

ライター紹介

  • チキショウ君
    編集部
    チキショウ君
    仕事があろうとなかろうと、暇さえあればパチンコを打ちに行ってしまう半社会人的な存在。上司に対して敬語を使うことを知らず、「仲間なんだから敬語なんていらねーだろ!」と、まるで自分が正義のように振る舞う赤ちゃん。パチンコ以外のことはからっきしで、総理大臣の名前すら知らない。しかし、ことパチンコに対しての情熱は人一倍すごく、編集部員の中でも一番打っている。そのため、ライターのように原稿を書くこともあれば、実戦企画にも参戦することも多い。現在は携帯サイト連載企画「遊タイマーズ」として毛玉3号と仲良く(?)過ごしている。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー