第266回 共通ベルが別格の『黄門ちゃま喝2』これはもしやの設定6!?【しのけんの喰うならやらねばF】

第266回 共通ベルが別格の『黄門ちゃま喝2』これはもしやの設定6!?【しのけんの喰うならやらねばF】

(前編からの続き)
序盤の模様はコチラ▶6.5号機推しのホールで『鉄拳5』を全台系シマ狙い!

ちなみに黄門ちゃま喝2の共通ベル解析値はこんな感じ


それに対して押さえた台は約1500Gで“1/20.1"。差枚的にはちょいマイナスでヤメられていた台ですが、かなり奇跡的な台が空いたんじゃなかろうか…。ともあれ早速勝負を開始しました。

初当りは鉄拳5で得たコイン256枚+貯メダル3プッシュの184枚で、印籠箱ポイントMAXからのAT当選。

初期ゲーム数を決める選択式上乗せ特化ゾーン印籠チャンスは基本「表」。こちら勧善懲悪で+42G。AT中に一度印籠Cを引いたものの伸ばせず329枚獲得で終了。

しかしこの後印籠箱ポイントでことごとくAT当選し、初当りがとにかく軽い。

3回目の初当りでは「怒髪天」での


「+255G」なんぞも味わって、4回のAT累計で一撃と言っても良い1807枚!(その後、もう一発早いの引いて実際は累計1996枚)


ひと波去ったかと思ったら、続いての初当りが「かげろうお銀モード」。


初めて引いたから一瞬何事かと思ったけれど、これも設定差が存在するやつですな。

とまぁ序盤は多少設定推測要素を意識していたけれど、打ち出してから数時間程で意識する必要が無くなりまして。何故なら黄門喝2が全台系シマだったから。

ってな訳で、そうと分かれば回すのみ。…いや、個人的に特に好きな機種なので楽しみつつ(笑)。

お銀ちゃんとのラブラブハネムーンや、


印籠チャンスは「表」一択なので味わえないかと思っていた「家康降臨」も、中盤のAT中印籠チャンスがLV.3となったので1度だけ。


こちらはキッチリ100G終了でしたが、とにかく初当りも軽くATも適度に伸びて、安定して右上がり。


その後もいろんな演出を満喫し、


ノンストレスで稼働終了となったのでありました。


投資&獲得は、A店200枚→9枚・S店322枚→5821枚。2店舗合わせての総収支は…10万2000円のプラス! 良しっ。

確定演出こそ出なかったものの、共通ベル出現率は1/22.2と設定6の数値超え。


印籠箱MAXからのAT当選率も17/20とこれまた凌駕。なにより黄門喝2シマが全台系特濃挙動だったので設定6で大丈夫でしょう。

最終スランプグラフはこんな感じ。


朝イチはどうなる事かと思ったけれど、最終的には好みの機種の設定6を満喫。考えてみたらコレが現状6.5号機最高獲得枚数ですよ。そんなこんなでニコニコ顔で帰路につくのでありました。

最終手書きデータ&正式版実戦データはこちら!

この日記の裏話は10月29日公開予定! 実戦時の濃密情報を知りたい方は要チェック!!

6.5号機の攻略情報はパチマガスロマガモバイルで全公開中!!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー