第24回 ニューパルSPⅢのQRコードデータ活用法!!

第24回 ニューパルSPⅢのQRコードデータ活用法!!

ニューパルSPⅢのQRコードデータ活用法!!

▼前編の模様はコチラ



(前編からの続き)


担当(以下・担)『ではラブ嬢Ⅱ+の話から、その次に打ったニューパルサーSPⅢについて触れたいと思います』

しのけん(以下・し)『ほい』

『ラブ嬢Ⅱ+をヤメた後、ニューパルSPⅢのシマにニブイチ高設定か全台高設定の可能性を抱いて押さえた感じでしたね』

し『うん。結果的には全台系で正解だったね』

『このニューパルSPⅢも初打ちでしたが』

『導入から間もなかったし。…ただあれだよね。このパチマガスロマガFREEで稼働日記を始めてから、初打ちや初打ちに近い機種を扱う事が多いなぁって自分でも薄々感じてた(笑)』

『それ自分も思ってました(笑)。戦国乙女3しかり今回しかり』

『日々の稼働は決してそんな事ないんだけどね。むしろ打ち慣れた機種のほうが立ち回りはしやすいし。連載始めてからたまたまそういう機会が少し多いのと、初打ち機種=新し目の機種になりがちだから、サイト的にも新しめの機種を扱ったほうが反応は良いかなと意図的に選択している部分はある』

『ありがとうございます』

『だから今後はもちろん「今さら」な機種を扱う事もあるからね』

『了解です。ではニューパルSPⅢの話に戻りますが、前作SPⅡとの違いは感じましたか?』

『打感はほとんど前作と一緒。ただ大きく違うのは「設定が5段階」ってとこだよね』

『そうなんですよね。設定5が存在せず、設定1~4、そして設定6と』

『この「設定5が存在しない」って、なかなかにやっかいでさ』

『と言いますと?』

『ホールや案件イベントによっては、「設定56の並びを〇台投入」とか「設定56の全台系アリ」とか、高設定=設定5以上的なイベントをやっているのね』

『あー。ニューパルSPⅢにはその設定5が存在しないと』

『うん。だからそういうイベントの時のニューパルSPⅢの扱いがどうなるのかなぁ…ってね』

『ニューパルSPⅢの場合は設定6しか使わないのか、それとも設定6の一つ下の設定は4だから、設定4が適用されるのか…』

『はたまたそこら辺やっかいだから、ニューパルSPⅢが対象とはならなくなるのか。設定6でも約108%だから、そういうイベントにニューパルSP3Ⅲ対象となった場合、キッチリ設定6を使って欲しいけどねぇ』

『実際にホールで立ち回っていると、そのような問題とかも出てくるんですね。いやぁリアルです(笑)』

『で、前作との違いの話に戻ると、あとは稼働日記のほうで触れた「ベル優先役」の存在と、そこに大きな設定差が存在しているって部分かな』


『ただしカウントするには、左・中リールに特定の箇所を毎回狙う必要があると』

『これがさぁ、なんでこんな事にしちゃったのかと。正直哀しかったね』

『リーチ目がBAR頭系ばかりになっちゃいますもんね』

『BARを下段あたりに狙えば上段赤7絡みのリーチ目も出るには出るんだけど、そういう事じゃないんだと。リーチ目がウリの台なのに、なぜ出目を楽しむ部分を抑制するような要素作ったんだと。そこが問題。で、その理由を考えたんだけど…』

『どんな理由ですか?』

『きっと開発陣は、「設定推測なんてする奴はどうせ出目なんて気にせずブン回すんだろ。だからお前らは手間だけど毎ゲーム左・中狙っとけ」と』

『いささか話が前のめりですが、続きを聞きましょう(笑)』

『「パチスロを、そしてニューパルを本当に愛してる打ち手は、設定なんて二の次なんだ。だからそういう人のみ、いろんな出目を楽しめるようにした!」的な思惑があるとしか思えないんだよね』

『ぶはは! かなり飛躍しているようにも感じますけど(笑)』

『一言言いたい。世の中には「設定推測もしっかりしつつ、パチスロを楽しんでいる人間」もいる事を! だから、そういう人達を制約するような設定推測要素は避けてほしいなぁと。ちなみに前作のニューパルSPⅡにもそういう要素あったんだよね』

『「オレンジB」…ですかね』

『正解。「オレンジBはドットモードの演出でしか見抜けない」から、オレンジBをカウントするには3種類あるモードのドットモードしか選ぶ事が出来ないという』

『ありましたね』

『ニューパルに限らず、「押忍!番長シリーズ」なんかにある「女性キャラボナを選べばモード判別可能」的なのも、推測するための犠牲として打ち手の楽しみを制約させちゃうシステムだから自分は好きじゃない』

『なるほど』

し『…とまぁ、ベル優先役をカウントするにはそんな手間があるから、全小役の合算値をその時に計算してさ』

『はい、実戦時はうちのサイトに全小役合算は掲載されていませんでした(※現在は掲載済み)』

し『ただ、合算値にするとそれこそさっき話したラブ嬢Ⅱ+同様、ジャグのぶどう確率くらいになっちゃうんよ』

『やはり推測を優先するには、面倒でもベル優先役を狙うべきと』

『うん、そうなるんだけど、実戦の途中で「台に表示されるQRコード」の存在に気付いて。読み取ってみたら、自分が打っている区間だけじゃなく、その台の朝からの累計全小役合算値が表示されていて』

『要は、小役カウンターですね。しかも他人が打っている時もカウントしてくれる』

『そうそう。小役合算値自体は微差だけど、当日累計が自身でカウントせずともいつでも簡単に確認取れるから、合算値の確率自体は把握しておいて損はないよね』

『ですね。前任者の数値も手軽に把握できるのは価値があると思います』

『ジャグラーでボーナス出現率と差枚から逆算して、前任者のぶどう出現率を引き出す方法あるけど、どうしても誤差は生まれるし、それより正確に正しい数値を確認取れるんだもんね』

『そのような発見をしつつ、金トロフィー出現で設定4以上確定』

『つまりこの台では設定4or設定6(笑)』

『最終的に全台系シマ確定でしたね。高設定の感触はいかがでしたか?』

『今回の結果がこの台の高設定挙動の全てではないけれど、中盤以降は素直に反応してくれた感じはあったね。それには理由があって、これも前作との比較になっちゃうんだけど…』


『前作と比較して、設定1と設定6のボーナス合算とREG確率の開きが大きくなって、更に設定6のボーナス合算とREG確率は前作より良くなっている事が一因かなと』

『なるほど。BIG比率は少し落ちたけれど、その分REGに寄せている…REG確率に関してはなんだかジャグラーっぽいですね』

『まさにそれなんだよね。合算も上がって、REG軸の推測も出来るから、前作より多少攻め引きの判断はしやすくなったと思う』

『このニューパルSPⅢは今後も打つ機会ありそうですかね?』

『この時期の新台としては意外と設置されてるし、チャンスはあると思う。ただそれにはホール側の設定の使い方次第もあるかな』

『と言いますと?』

『設定6は怖いから、その1段階下を…と、設定5が存在しないから設定4を使うようなホールばかりだったらどうしても厳しい。せめてジャグラーで設定5を使うホールは、ニューパルSPⅢには設定6を使って欲しいかな。せっかく「ニューパルの日」なんて記念日も出来たんだし(笑)』

『2月28日でしたね』

『月なんか関係なく毎月28日はニューパルの日で良いと思う。決めた!  毎月28日は「プチニューパルの日」!(笑)』

『ぶはは! 打つチャンスを増やしたいからって。勝手に記念日増やしてる(笑)』



(C)YAMASA
(C)YAMASA NEXT

次回の日記は4月19日(月)更新予定!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー