第102回 まさかのラスト通常A! 『青鬼』2度目の完走なるか!?【しのけんの喰うならやらねばF】

第102回 まさかのラスト通常A! 『青鬼』2度目の完走なるか!?【しのけんの喰うならやらねばF】
▼序盤の模様はコチラ

この強ATは無事完走し、一撃2412枚獲得。ちなみにこのAT消化中、普段青鬼に襲われて恐れおののいているばかりの女子生徒(※役の女性)たちが水着姿でポージング。コレ、「GOGO HEAVEN」という特殊ステージで、移行すれば設定5以上特濃となります。

GOGO HEAVEN移行はもちろんの事、設定6で強ATを引っ張ってきたのは初体験。通常Aに移行しちゃった事は過去に3回あるけれど、全て負けてきましたからね(哀)。


芋虫が這っていたようなグラフが、これにてズズズイと上層階に。いやはや気持ち良い!


逆に言うと、この通常Aを刺せなければ積み重ねたグラフがチャララインまで落とされていた訳で…。気付かぬうちに勝負どころが訪れていて、気付かぬうちにヤレていた感じですわ。

今日は序盤の挙動も含め、設定6としてはボチボチレアな挙動。前述したような芋虫が這うが如きグラフが基本の動きで、プラスではほぼ終われるけれど、作業的な爽快感の欠片もない1日を過ごす事となるデキレ台。

この設定6のみ丸わかりとなるデキレ台に対しては賛否両論あると思いますが、自分的には断然アリ。

嫌なホールは代わりに設定5をしっかりと入れてくれれば良いだけだし、このM店のように「見せ台」として使う事も出来る。打ち手としても、通常時のコイン持ちのブレや、AT中の獲得枚数のブレを(あくまで自分は)楽しめる。そしてなにより6.1号機、そして6.2号機になったらこのようなデキレ台は今後作られる可能性は低い。

いずれ、「6.0号機時代は、設定6だけ特殊な挙動で丸わかりになる台があったんだよ」「良い時代だったね」なんて懐古される時もくるだろうから、打てる限り自分は、その利点を活かしつつ、そして楽しみつつ打つ…ただそれだけです。

デキレ内でのブレも楽しむ…そんな気持ちで消化した残り5回のラストジャッジは、全て444G天井(笑)。こうなると出玉はジワジワと下に向かいかねない挙動なのですが、それをAT中の出玉でなんとか現状維持レベルでキープ。

時間的にラストのATでは500枚近く出てくれないかな…なんて淡い期待でラストジャッジを消化していたら、なんとまさかのラストで敗北。最後の最後でまた3.5%の通常Aを引いてしまい、今度は刺す事が出来ませんでした。そしてヤメ。


いやはや、青鬼の設定6としては波乱のあった挙動。約44%で選ばれる333G天井の天国Bが、その半分の約22%でしか選ばれなかったにも関わらず3790枚獲得。投資は500枚なので6万3000円のプラスです。

設定6と分かった瞬間作業と化す…そんな言われ方するデキレ台ですが、その最中にはなんだかんだ小さなドラマは複数あるんですよねぇ。とにもかくにも、完走ごちそうさまでした。

最終手書きデータ&正式版実戦データはこちら!

この日記の裏話は9月4日公開予定! 実戦時の濃密情報を知りたい方は要チェック!!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー