押忍!番長ZEROの設定推測は難しい?【ガチプロ稼働録 ヘミニク篇】

押忍!番長ZEROの設定推測は難しい?【ガチプロ稼働録 ヘミニク篇】

間違いなくメインを張れる機種

皆様、『押忍!番長ZERO』は打っていますでしょうか? 私は月に2~3回ほどですが打っています。

私の通っているホールでは看板機種と言っても過言ではないほどの人気があり、競争率が高すぎるせいで打ちたい時になかなか打てません。設定が見込める日には抽選で良番を引けないと座ることすらできないのです。

そうなるとやはり打てる機会も減ってしまうため、打てる回数もそれほど多くないんですよね。

そんな数少ない実戦経験から得た感想、そして今回のテーマは 「この台…設定推測難しくない!?」 です。

いや簡単だよっていう人もいます。設定6はすぐに分かると。でも簡単だと言う人の多くは、番長ZEROの設定6をかなりの高確率で打てている人だと思うんですよね。つまりそもそもの狙いの精度が高く、高確率で設定6に座れているため、低設定に座る機会が少ないから簡単だと感じるのではないでしょうか。

自分のようにたまにしか打たず、かつ設定6にそれほど座れていない人間からすると、「良い挙動をしている低設定」と「良い挙動をしていない高設定」の見分けがつかないんですよね。

良い挙動とは具体的にどんなものかと言うと、ZEROモードで当たりまくる、ボーナスからATに繋がりまくる、モード移行も良い感じがする、AT直撃もたまに引ける、といった感じ。

いやそれ高設定じゃない? と思うかもしれません。でも、多分違うんです。なぜなら序盤にこういった挙動を見せるだけで、打ち続けると挙動が弱ってきて、最後の頼みの綱の7000G高設定確定画面も出ない。ああ、これ設定2だなってなる場合がほとんどなのです。

今回の実戦データもそんな感じでした。この日は塊で設定5or6が投入される某店へ。朝イチ番長ZEROからスタートし、ちょっと回したところで狙い目だった台がZEROモード抜けで空いたのでそちらへ移動。

するとこの台が300pt台でボーナス当選しさくっとATに繋がる。さらにその後は、怒涛の9連続ZEROモードで当選。ZEROモードでの次々回予告(本前兆中のAT直撃)を引いたりするなど、出玉も3000枚オーバー。

高設定濃厚とは言えないけれど、この時点で高設定ではないと言い切るのは難しい。

ならばもうちょっと打ってみよう、通常時のモード移行も見ておきたいし…ってことで続行すると、ここで初のZEROモード抜けで607ハマリ。さらに2/3で通常モードを選択

あ、やっぱりちょっと怪しいかも…とは思ったものの、高設定示唆(強)が出てもう一周見ておきたい気持ちにさせられる。するとその後も3連続ZEROモードで当選し、AT完走などもあって出玉は6000枚オーバー。

この時点で通常時2000G消化して、ボーナス初当りは設定6を余裕でぶっちぎる1/148。…何がなんだかわからねーが、さすがにこんだけ当たって出りゃ何かしらあるんじゃねーのか!? という雑な判断で続行するも、その後の挙動はザ・低設定といった感じで結局ヤメ。

【実戦結果】
総投資金額…貯玉500枚
総獲得枚数…5043枚
交換額…9万7000円相当
収支…+8万7500円

当たっていてもどこかに差はあるハズ

結果、推定低設定でプラス5000枚という誤爆勝ち。とにかくこの台、ZEROモードで当たり続けている間は設定を見極めることが難しい。ZEROモードを初めて抜けて607Gハマってやっぱり無いかも? と思うまでですら、3500Gかかっていますからね。3500Gも回して何も分からないなんて…5号機ですらなかなか無かった経験です。

ただ、これは番長ZEROをディスっている訳ではないです。お客に低設定を長く打たせることができる台ということなので、その点は本当に優秀。そこは6号機の命題でもありましたから。

この現象が起きる理由って、二つあると思うんです。一つは設定1と設定6の差があまりないということ。しかし番長ZEROのペイアウトは設定1で97.6%、設定6で113.0%と大きな差があるので、1と6の差が無いということはありえません。

ということは、もう一つの理由があることが濃厚。それはまだ判明していない設定差のある要素がたくさんあるのでは、というもの。

ペイアウトに15%も差があるのに、3500Gもの間、設定1と6でまったく差が出ないなんてことはまあ無いハズなので、私が気付いていない設定差のあるポイントがたくさんあるのだと思います。その隠し方がめちゃ上手いんじゃないかと思っているんですよね。

最たるものがAT直撃だと思うんですが、今回は通常時を3000G消化して次々回予告からの推定1回のみ。設定6なら引けるときは1/1000を切るくらいで引けるみたいなので、ここは注目しておきたいところ。

あとは通常時のモード移行も初当り確率に直結しているので重要…なのですが、ここがZEROモード連していると見られないので厄介なところ。ZEROモードでの当選率にも設定差があると言われていますが、どうなっているのかがホント気になる。

あと、設定5はかなりわかりにくいと思うので、設定5に関しては挙動ではなく根拠の方が大事かと思います。挙動だけで推測できるのは設定6だけでしょうね。

ということで今回は、番長ZEROの設定推測は思っていた以上に難しかったという話でした。SNSを見ていると番長ZEROの設定6をツモれたとか、設定6は分かりやすいといった書き込みを見かけるけれど、それだけ設定6がたくさんあって分母が多いってことなのだと思います。

ホールが番長ZEROに期待している表れですね、きっと。

『押忍!番長ZERO』の最新解析情報は「パチマガスロマガモバイル」で!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー