【レビン】遊びやすい+一撃性能=最高!

【レビン】遊びやすい+一撃性能=最高!

意外とやれるじゃない

今回も「S聖闘士星矢冥王復活」のお話。

前回書いた内容を要約すると…「今作の星矢はCZが突破しやすくて遊びやすい!」、そして「ただしATに一撃性能はほぼない」というものだった。

まあ認識として大きくは間違っていないと思うのだが、この前フラっと本機を打ってみたら…あまりないハズの一撃性能を垣間見ることに成功してしまったのだ。

早速ではあるが、その日の実戦を振り返っていきたい。

打ち始めて304G…そこまでの演出を無視するかのように突然「火時計を押せ!」の指示が出たと思ったらまさかのAT直撃!! 

 

真っ先に阿頼耶識モード滞在を疑ってしまうような展開ではあるが、そうじゃなかったとしても1日に1回くらいは遭遇できるような出現率。

どちらにしても最高の展開である。

そして天馬降臨ではいつになく上手いことやれて…。

 

なんと550枚+140枚(上乗せ分)で690枚スタートとなった。

一撃があまり期待できない…と言ってはいたものの、さすがにこのスタートなら完走に期待してしまう。

すると、その想いが台に伝わったのかATを消化してわずか45G目に…!?

強チェリー→冥闘士激闘EX突入からまさかのサガが降臨! 

さすがのサガということでここで追撃の450枚を上乗せ。

これにて完走が一気に現実味をおびてきたことは言うまでもないだろう。

そこからチャンス目をメインに小刻みな上乗せを繰り返し…ついに、金シャッターから星矢が登場!

つまり千日戦争に突入。

これがめちゃくちゃ余裕で継続しまくり、まだ表示が1400枚程度にも関わらず何とエンディングに突入→待望の完走となった。

ちなみに千日戦争の内容は継続(上乗せ)が100枚×4回+200枚×1回で次セットで敵を撃破という流れ。

まあ基本的には500枚未満で終わることが多い本機のATだが、今回のように序盤で枚数的な余裕を確保してしまえば夢は無限に広がるということだ。

とにかく6号機の中では遊びやすい機種で、稀にこんなことも起こってくれるS聖闘士星矢 冥王復活はなかなか悪くない機種だと思った。

また完走目指して頑張ってみよう。

S聖闘士星矢 冥王復活の攻略情報はパチマガスロマガモバイルで随時更新中!!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー