第112回 コロナワクチン2回目接種所感【しのけんの喰うならやらねばF】

第112回 コロナワクチン2回目接種所感【しのけんの喰うならやらねばF】
▼裏話の前編はコチラ

(前編からの続き)

しのけん(以下・し)『構わんけど、青鬼の機種解説に関しては「喰うやらFの第103回」で結構触れたから、正直書く事あまり無いんだよね。シンプルなゲーム性だし』

担当(以下・担)『確かに。ではこの後編はワクチン2回目接種の事を聞いて良いですかね?』

『そのほうが旬な話題だし、パチマガスロマガFREE的に構わないならイイよ』

『もちろん構わないです。まだワクチンを打ってない方の参考にもなるでしょうし。むしろ今回の稼働日記とワクチンレポートのコラボなんて、ある意味史上初じゃないですか(笑)』

『たぶん初かと(笑)。まぁ自分の周りで予約取れなくてまだ1回目すら接種していない人もいるし、参考に今回くらい細かく触れとくのもありかね』

『ですね。では早速なんですが、しのけんさんワクチン1回目の副反応はどうでしたか?』

『1回目は打ったほうの腕の鈍痛が2日間くらい続いただけ』

『ファイザーでしたっけ?』

『うんファイザー。注射に関しても針が細くて、え? もう終わったの? と思うくらい痛くなかった。てか接種した場所が2回とも小学校の体育館でさ。なんか小学生の頃の体育の授業とか思い出して懐かしくなっちゃったよ(笑)』

『それは懐かしくなりますね(笑)。2回目に関しては副反応の対処としてビタミン剤飲んでたとか』

『実際のとこは分からないけどどこかのサイトで、ビタミンBとタンパク質が不足していると副反応が強く出るやら書いてあったの読んだ記憶あってさ。ビタミンBメインのビタミン剤を数日前に購入して、家にあったプロテインと共に飲んでた。でも、当日になって確認したら大事なのはビタミンBじゃなくてビタミンDだった(笑)』

『ぶはは。パチスロと違ってそこら辺は適当なんですね(笑)。でもそういう事意識するくらい2回目接種の副反応は気にしてたと』

『うん。先に2回目接種した知り合いが皆、高熱にうなされた的な事言っていてさぁ。自分、熱出ると極端に弱るから(笑)』

『熱に弱いんですか?』

『うん恥ずかしいけど弱い。38℃とか超えると「死ぬー」とか思っちゃう』

『…弱っ(笑)』

『というか、成人になってからそこまで高熱出した事なくて。風邪引いたりでも37℃ちょい超えるくらいしか記憶している限り経験した事ないからさ。小学生くらいの時の39℃近くだした時の辛かった記憶が…』

『なるほど。だから2回目のワクチン接種には用心したんですね。ただ結果、副反応も周りで聞いていたほど酷くは出なかった感じでしたね』

『うん。1回目接種と同じく、接種した方の腕が2~3日鈍痛。接種2日目、38時間くらい経ってから37.3℃の微熱は出たけどそれも小一時間で下がった。で、翌日にはいつも通り』

『ビタミンDと勘違いしたビタミンBのお陰ですかね?(笑)』

『分からん(笑)。個人的には副反応を理由に1日~2日家に籠れる事少し楽しみにしていたんだけど…』

『「死ぬ―」ってなるよりいいじゃないですか』

『いやまぁそうなんだけどさ(笑)。見ずに貯め込んでいた動画とかこれを機会に見倒そうと思ってたから予定が変わっちゃって。結局連日打ちに行っちゃったし』

『稼働時間も減らさないで済んだんですね』

『うん。まぁ結果論的にはその区間苦労してマイナス収支だったから休んだほうが良かった説もあるけどね(笑)』

『ぶはは。しのけんさんはワクチンに関してはネガティブなイメージ持っていなかったんですか? 治験データ少ないとかなんとかで、意図的に打たないって人も聞くじゃないですか』

『うん全然。有料だったら少し考えてたかもだけど、無料だし。打たないより打ったほうが良いんじゃない? ってシンプルな考え』

『なるほど』

『ほら、反ワクチンの人のデマ? かなんかで、「接種した腕が磁石化して金属が付く」とかって噂になったでしょ。あれなんて「面白そうワクチン打ちたい!」って思ったもん(笑)』

『反ワクチンガセ情報は逆効果ですね(笑)』

『とりあえず周りでコロナ患っちゃった人全員、掛かった時点では1回目すら接種してない人で。ワクチン早く打っておけば良かった…って皆後悔してたからさ。もちろんワクチン打ったからって陽性にならない訳ではないだろうけど、そういうの含め、基本的な用心はやれる事やっといた感じかなぁ』

『そう言えばしのけんさんってコロナ以前から春夏秋冬マスクしてましたよね?』

『うん。キッカケは東日本大震災でホラ。放射能だーってマスクする人増えたでしょ』

『ありましたねー』

『あれがキッカケでマスクするようになったんだけど、あれ以降365日基本マスクし続けてた』

『それは放射能的な事用心してですか?』

『いや。なんかマスクしてたら妙に落ち着くんだよね』

『なんですかそれ(笑)』

『分からん(笑)。ただ常時マスクするようになってから風邪を引く割合も明らかに減って。顔の蒸れとかもあまり気にならなかったのもあって、マスクして得はあっても損はないなって着け続けるようになった』

『ほんと、しのけんさん真夏でもマスクしてましたもんね』

『うん。いやでも、今後は助かるよ』

『…何がですか?』

『今まではマスクしていると、「病気?」とか思われがちで。夏なんかだと、「顔を隠す怪しい人」みたいにも思われかねないし。それがこのコロナ禍でマスクするのが当たり前になったでしょ。だから服を着るのと同じ感覚でマスクを着用してきていた自分と同じ感覚の人が今後増えてくるんじゃないのかなと。もちろん、マスクなんて着ける必要ない時代に戻るのが理想なんだけどさ』

『確かにその通りですね』

『今まではインフルエンザとか流行の時期のみ用心していたウイルスに対して、今後は365日用心するような時代になった訳で。そういう意味では自分みたいな生き方のほうがリスクは少ないんじゃないのかなと思う。』

『しのけんさんみたいな生き方ってどういう事ですか?』

『ほら、人嫌いだから仕事以外では基本人と会わないし喋らない。集団、特に集団の飲みの席とか苦手だから元々ウイルス関連に対してはリスク少ない生き方してきてるんよ(笑)』

『…確かに(笑)』

次回の日記は9月23日(木)更新予定!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー