第29回 「番長3」貰ったハズが急転直下の天井到達!?【しのけんの喰うならやらねばF】

第29回 「番長3」貰ったハズが急転直下の天井到達!?【しのけんの喰うならやらねばF】

「番長3」貰ったハズが急転直下の天井到達!?

今月25日から3度目となる緊急事態宣言が発令されましたね。自身の稼働地の軸となっている東京も対象となっています。今回の期間は17日間。現状休業を選択しているホールは見受けられないけれど、果たして今後どうなる事やら。

本日まず向かったのは、年1レベルのお祭りホールA店。全台系複数等、高設定投入率に関してはかなり期待できるものの、当然並び数も溢れんばかり。状況に応じて他店に移動しようと思っていたため抽選時間の30分以上前に到着していたのですが、この時点で設置台数を余裕でオーバー。さらなる人の波が押し寄せてきている事にうんざりし、即移動となりました。バイクの機動力、こういうときホント助かります。

バイクを(法定速度で)飛ばして15分。続いて足を運んだホールは3連鎖で高設定的なK店。高設定総台数自体はA店には及ばないものの、左右の台の挙動で攻め引きをサポートできる点は利点。しかしこちらも並びは想定より多めで、設置台数の8割程度。

が、しかし、ここで奇跡が。250人程の抽選で3番をGET! 「押忍!番長3」、行かせていただきます。

というのも、8台設置の番長3にほぼほぼ3連鎖の高設定が存在しているから。しかも主要機種の3連鎖は、必ず6アリの設定5以上(※主要機種以外の3連鎖は設定4以上)。朝からバタバタと動き回った甲斐があった! ってな感じですわ。

さて開店。押さえた場所も、カドから3番目というナイスポジションで勝負開始となりました。

初当りは貯メダル500枚と6000円。463GでART「頂RUSH」。ベルがあまり引けず、ゲーム数の割に投資が嵩んだのはご愛嬌。このARTが4セット継続し442枚のコインを獲得。

このARTを消化中に、右隣の台が通常ボーナス。設定関係なくリセ後は多少引きやすくなる? なんて言われている朝イチ通常ボーナスではあるけれど、とりあえずプラス材料。

さらに自身3回目のARTが引き戻し特訓から。対決中にベルを引いたから言い切れないけれど、確定対決っぽさも感じる挙動。左隣の台も出だしから快調で、漠然と「これ貰ったかも」と感じずにはいられない序盤となりました。

しのけんデータ01


その後もARTは伸ばせないながら、持ちコインでポコポコと3回初当り。ただしここら辺で少し疑念。軸となる対決カウンター的には高設定を強く否定する要素は感じないけれど、かと言って通常BBやチャンスチェリー、さらに細々存在する推測要素的に、強い挙動も一切発生していないから。

しのけんデータ02

 

引き戻しっぽいゲーム数でのヒットが発生しているから、左右の客も「うんうん、ここが連鎖だよね」的に思っていそうな雰囲気あるけれど、実はこれ、ベルからの対決経由。違うんだよなぁ…なんて思っていたら、左隣に設定6確定画面出現!

「やはり自分のも大丈夫!?」。直前まで疑念が溢れ出していたのに、不安と期待が簡単にコロコロしている時点で、判断基準が曖昧な証拠。そんな気持ちを見透かしたように、パチスロってやつは一撃を喰らわすから面白い。

しのけんデータ03


天井直前、ベル192回での対決中チャンス目でART。そういう当たり方は早いゲーム数で頼みます(笑)。



(C)DAITO GIKEN,INC.

この後の展開は4月27日12時に公開予定!

▼日記の後編はコチラ

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

新台導入カレンダー