コロナ禍の影響がここにも!? パチンコ屋のM&Aが止まらない!! 【ホールコンサル営業実録! 第7話】

コロナ禍の影響がここにも!? パチンコ屋のM&Aが止まらない!! 【ホールコンサル営業実録! 第7話】

コロナ禍の影響がここにも!? パチンコ屋のM&Aが止まらない!!

大塚家具って娘がボロボロにしたあげく、今はM&Aでヤマダ電機の傘下になって直ぐに黒字化って(笑)。

まいど~!  ニッシーです!  パチンコ業界でも大なり小なりのM&A(買収・合併)が活発化!  みんなが知ってる大手も業績が厳しい~! 「えっ?  あそこの店閉めたの?」と最近LINEが飛んできます。大手でさえも採算が合わない店が出て来て、閉店しまくりというのが現実です。

特に20年前に作った400台クラスの中小型店だったり、コロナで特に業績が厳しい繁華街立地で賃料が高い店だったり。大手の意地やプライドもかなぐり捨てて、諦める時が来てるんですよ。儲かる店は残すけど、しんどい店はスパッと諦める時代です。

でも店を増やさないと企業の成長は無いので、閉店したら新たに出店。いわゆるスクラップ&ビルドというスタイルに大手は向かってます。まあ、例外として儲かる店でも手放していることもあるようだけど。そう最近何かと話題のG社みたいに。

売らなきゃなならない事情があるんですが…それにしても特にこの1年くらいで、何軒がG社から違う法人に変わったんだろ? でも儲かってる店はさすがに高い!  数十億円は当たり前で、中小法人が手を出せる金額ではないっす…。

業界最大手のMにかつてない動きが!

大手と言えばココを語らずに未来は語れない! 業界売上ナンバー1の最大手Mが、最近仙台にあるG社のホールを買ったんですよ!  この動きは何かの暗示? だって、Mの出店スタイルと言えば、更地に建物を建ててグランドオープンする企業。他のホールを買ってオープンするってのは今まで聞いた記憶がありません。

この数年で全国3位まで店舗数を伸ばした関西企業のKは、Mと真逆で居ぬきがメインで成長してきた法人。よってMも今後はKを模倣して出店を伸ばす予感がします。

皆さんの近所にある客のいない大型店が、数ヵ月後にはMホールに…なんて事も見かけるかもしれませんね。まあ利益率も適正な会社だから、お客にしたらハッピーかも!? でもクライアントの近所にライバルのMが来たらヤダなぁ…。

脱サラからのホール経営で人生大逆転!?

さらに今後は大手同士のM&Aが活発化するのも確実。そして興味を示すのは大型店のみっす!(大概は大型店だけ欲しいのに、バーターで小型店がセットなんですけどね…)。

中小企業が持ってる200~400台クラスの小型・中型店はと言うと…なかなか売れましぇ~ん。売っても二束三文だったり、カー用品店やドラッグストアに安い賃料で貸せるくらいですわ。

でもね、中には掘り出しモノもあるんすよ! 去年、大手が捨てた物件を知り合いの脱サラしたお方がオープンしたら、月に300万円程儲かってる~! 車もプリウスから今はポルシェカイエンよ! 夢はあるよね。

今や2000万円程度なら買える店もありまっせ~!  読者のみなさんもプレイヤーからホール経営者にどう!? 挑戦者求む!! 中小のM&A話の方がドラスティックで面白いので、それはまた別の機会にでも。

ライター紹介

  • ニッシー
    ニッシー
    毎月地球1周分の約4万Kmを駆け回る、パチンコ店専門の経営コンサルタント。元スロプロの業界大好き人間で、ホールの営業戦略を日々提案中。大阪生まれの大阪育ち。

新台導入カレンダー