第73回 偶然か必然か!? 気になる○○○に期待を込めて勝負!!【しのけんの喰うならやらねばF】

第73回 偶然か必然か!? 気になる○○○に期待を込めて勝負!!【しのけんの喰うならやらねばF】

「あれここ何処だ?」

当初の予定では駅を出てすぐに目的のホールがある予定だったのに、まったく見当たらず。

大ポカかまして、予定駅の一つ手前で下車していた事に気づいたのは抽選時間の10分前。

結果、スマホナビを頼りに蒸し暑い国道沿いを猛ダッシュ。汗ダクになりながらも無事抽選2分前に到着し、抽選したら最後尾というオチでした。

こんなミスをしでかしたのも、今日訪れたホールが初見ホールだから。先月の月1イベの配分が良さげな事に気づき、今月お邪魔してみる事に。

まだまだ周知されていないのか、並びは設置台数の約3割程度。再整列を始めた頃には客全員が汗だく。自分はその中でも別格に汗だく(笑)。そんな客全員を気遣って、冷え冷えのお手拭きを渡してくれたのが嬉しかったけれど、どうせなら白シャツ店員さんが持っていた大柄なタオル貸してくれればこの身体全体を拭えるのに(笑)。…そんな事を思いつつ入店するのでありました。

さてこの初見ホールN店。前回の状況を参考にするならば、主要機種及び、2台設置機種が狙い目か。とは言え、まだまだデータは足りず、正直手探り状態での勝負になりそうです。

最後尾入場では当然主要機種は押さえる事が出来ず、2台設置の「ゲッターマウス」をキープ。これに関しては、初顔の自分がそんな広くない店内を朝イチから徘徊するのが忍びなく、とりあえず押さえた的な状況。

そんな感じで触れてみたものの…。

しのけんデータ01


ゲッター大好きなので、ひょっこり当たってそのまま打ち切り…なんて事になったら嬉しかったのに。パチスロはそんなに簡単ではありません(笑)。

5000円分のコインを使い切ったところで一旦ヤメ。リゼロのカードチェックで2000円追加した後、「クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡」の朝イチ台に移動。こちらも2台設置機種で、うち1台が素早くボーナスを重ねたためキープ。

と言うのも、前回のイベ日は2台設置機種に全台系っぽいところが複数見受けられたから。まぁ全台系と言っても2台だし、前回の傾向が引き継がれているかはまだ不明瞭。ホール全体の客もそこまでガツガツしている雰囲気ないし、場の雰囲気に右へならえで、自身も少しゆるめに立ち回っている次第。

こちらは2000円でヒット。チャンス目Dからの赤7BIG。設定差のないボーナスだけど、RT終了画面は一応、高設定示唆①のキラキラ。一応高設定示唆的位置付けだけど、RT単発時はデフォルトみたいなもんですコレ。

さて、朝の大ポカから未だ汗が引かないので、冷たいカフェオレを購入し一旦休憩札。足を運んだ事のない地域だったので、近隣店舗の朝の入りなんかをチェックしつつ気持ちを落ち着けて再開。

戻ってもう一発BIG。こちらは異色。自身の台はまだまだ未知数と言ったところだけれど、隣のクレアが今は500G超えハマリ中というのは気になるところ。

…そんななか気になる機種が空き台に。それは「闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機」。これまた2台設置機種なのですが、空いた台は、ひょっこり座った打ち手が軽めの初当りからATを4連させてヤメ。稼働中の台はすでに初当り3回目。そのうち1回は、設定差の大きい100G天井っぽく感じるゲーム数近辺なのが特に気になります。

この台に関しては久しく打った記憶がなく、ただ「低設定は重い」イメージなのに、現状軽い当りなのが気になった程度。で、サイトで設定差項目を再確認したら、100G天井っぽいとこでも当たってはいるな…と、更に気になった感じです。

とは言え、台自体のリスク的には「クレア女神」の方がローリスク。そんな訳で、移動するか少し躊躇していたのですが、この時、ふいにある事が頭を過ぎったのですよ。

…それは「タオル」。

開店前に白シャツ店員さんが持っていたタオルが赤かったような。で、赤いタオルと言えば猪木。

…いや待て。赤くなかったかも(笑)。

その時は強く記憶に留める必要もなかったから、記憶を呼び戻そうとするとどんどん曖昧になって行くけど、なんかピピピーンと線が結ばれた感。そんな示唆的な事をやるホールなのかもデータが無いので未知数。つまり思い過ごしの可能性も非常に高いのですが、コレ、打たずに後悔するより打って後悔したほうがまだ納得できる事柄。

ってな訳で、クレアで獲得した450枚程度のコインを猪木の下皿に投げ込むのでありました。

しのけんデータ02

この後の展開は7月16日6時公開予定!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー