こんなホールで大量貯玉は危険!? 年明け閉店のサインを見逃すな!【虚心坦懐の「浅学寡聞は損の元」第1回】

こんなホールで大量貯玉は危険!? 年明け閉店のサインを見逃すな!【虚心坦懐の「浅学寡聞は損の元」第1回】

ご挨拶

世の中、情報力がないと損をすることが多々。株やFXなどの投資はもちろん法律を知らないと無駄に税金などを支払ったり、申請すればもらえる助成金などを知らずに申請しなかったりと、損だらけ! ことパチンコに関しても、実は知らないと損をしてしまうことが多いのです!

そこで、今回より始まったこちらの企画では、パチンコパチスロ関連で知っていれば損をしない、むしろ得をするような情報を提供していきたいと考えております。

栄えある第1回は、昨今、目立って増えてきた閉店ラッシュ! 年末年始の回収時期の後に閉店予定のホールも多いとか。そうなった場合の損をしない対策を今回は、学んでいきましょう。

お店がなくなった場合の貯玉はどうなるの???

ホール閉店前に予告をしているホールであれば、事前に特殊景品等に交換は可能ですが、突然閉店してしまうホールもないわけではありません。そうなった場合、そのホールが「貯玉補償基金」に入っているかどうかで状況は変化します。

 

①貯玉補償基金に加盟
カタログ掲載商品又は一般雑貨等で物品に交換できる。ただし、特殊景品はないため、現金等価物には交換できない。

②貯玉補償基金に非加盟
何も交換できない。

 

というように、②の場合などは何万発あろうが何万枚あろうが1円にもなりません。そのため、閉店しそうなホールには注意が必要なのです!

年明け閉店予定のホールは、ある程度見抜ける!?

閉店を見据えての営業ホールは、知人ホール関係者の方のお話で、かなり見抜くこと可能です。以下の条件に当てはまるものが、多いほど危険度が上がります。

 

①スマスロが導入されていない。

②人気の6.5号機「甲鉄城のカバネリ」「バイオハザードRE:2」「新鬼武者2」などの設置がない。

③設置されていた人気機種、パチンコだと「新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~」「PF機動戦士ガンダムユニコーン」など、パチスロだと「甲鉄城のカバネリ」などが減台もしくは撤去されている。

④道路沿い等にあったハズのホールの看板等が撤去されている。

 

①~④全てが当てはまる場合は、余命幾ばくの可能性大。

それぞれの理由は、

 

①閉店を考えていることから、回収できない多額の設備投資は避けるため。

②中古価格も上がっている機種なので①同様の理由で。

③閉店までの稼働貢献より、中古価格の方が高い機種は高値のうちに転売し現金化するため。

④広告費などの捻出もおさえ極力出費を控えるため。

 

など。もちろん、当てはまっていてるホール全部がそうという訳ではありませんので悪しからず。ただ、これらの要因は閉店間際のホールほど顕著に表れてくるのです。

まとめ

非等価店ならば貯玉再プレイ遊技で遊技すれば、交換ギャップ分それだけでなのですから、貯玉自体は大枠でオススメします。それは前提の上ですが、やはり上記①~④に当てはまるホールは、突然閉店し換金できなく可能性も踏まえ、貯玉する際はよく考えるようにしましょう! また、貯玉をする際は、そのホールが貯玉補償基金の加盟店かも知っておく必要がありますね。

因みに、閉店間際といったら「回収」というイメージですが、チェーン店の場合は、系列他店へのイメージもあるため通常営業くらいのところが今は多いそうです。

 

これだけ慎重なハズの虚心。キャバ嬢への投資は、1円も回収できなかったけどね!!()

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー