「ボッタクリ台回避率を上げる具体的な方法」という話

「ボッタクリ台回避率を上げる具体的な方法」という話

※『パチンコの勝ち方』過去の連載まとめはコチラから。

◎パチンコの勝ち方 その60

「現場でのお役立ち情報」

まず最初にお伝えします。

最近のパチンコは、回るか回らないかの部分でいうと過去一番、釘読みが難しいです。

歴史的に過去一番というと批判や異論も出るかもしれないので、そう書いた後出しで「僕が知っている範囲では」と付け足しておきますがね。

「なぜか?」

昔の方が難しいという部分もあります。

それは出玉面です。

最近の機種はアタッカーへのこぼしが無い機種も多く、電サポでもそんなに減らない。

が、昔はそこでの出玉調整も多かったため、回転率だけでなくアタッカーや電チュー等の釘も読む必要があった。

死に玉が出にくい機構。

最近はそこはそうでもないですが、逆にオマケを気にしなくてはいけないし、ステージが強い機種も多いのでワープのチェックも必要不可欠です。

なので、こと回転率を考えると、過去一番難しいと考えています。

「こういう機種に注目」

ステージからの決定率が高い機種においては、回転率に大きな影響を与えるのでワープが重要になります。

そして多くの店を見ている僕が感じるこちらをお伝えしておきます

ヘソも寄りも十分なのに思ったより回らない場合、ワープの微かな悪状態が原因の場合もあります。

ステージが強い機種を数機種、紹介しておきますね。

P大工の源さん超韋駄天
Pスーパー海物語IN沖縄5
Pルパン三世〜2000カラットの涙〜
P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.
Pストライクウィッチーズ2

あとはTAKAOSANKYOの機種にも多い印象ですね。

現場でよく見る悪状態も紹介しておきます。

サンプルとして、ストライクウィッチーズ2のワープをご用意しました。

僕の稼動範囲では、緑<青<赤の順でよく見かけますね。

緑に関しては、ワープには行き辛くなるがヘソには向かいやすくなるので、一概には悪いとも言いづらい部分もありますね。

上で挙げたようなステージの強い機種では、ちょっとでも悪い状態ならかなり回りにくと考えて立ち回ると、ボッタクリ台回避率が上がると思います。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー