『Pとある魔術の禁書目録 Light PREMIUMver.』は演出の煽りガセが減った完璧なる「改良版」【編集部コラム・メシUMA 第55幕】

『Pとある魔術の禁書目録 Light PREMIUMver.』は演出の煽りガセが減った完璧なる「改良版」【編集部コラム・メシUMA 第55幕】

当たりやすいって素直に楽しい

ブラッシュアップって大事。品種改良生物メシUMAです。

ほら、セブンイレブンの食べ物も同じ内容に見えて色々手を加えてきているじゃないですか? 違和感レベルだとしても「あれ? 良くなってる?」と思わせる改良って大事なんだと思います。

それはパチンコにも言えることで。スペック違いが出るときは確率帯相応に「ストレスがなくなってる」ことが重要。

どれだけの人に響いているかはわからないけど、少なくとも……メシUMAには響きましたぞ。


はい、そんなワケで今回お題となるのは『Pとある魔術の禁書目録 Light PREMIUMver.』。

当選確率が1/129.7、トータル連チャン率約70%となったせいか……稼動としては若干苦戦気味な印象。最近のパチンコの傾向として、新顔じゃないとなかなかに大人気……とはなりづらいですなぁ。

ところがこのライトスペック。目には見えづらい改良点が多々ある。ま、自分も打ってみてようやくわかったんですけどね。

ただ。この良さをどうしてもわかっていただきたく、今回は語らせていただく所存。

【改良点①】豊富になったカスタマイズ

シンプルモードがなくなって「どうなんだろ?」って思ってましたが、『先読みチャンスカスタム』で予告=リーチorチャンス演出煽りというのはしっかり継承。赤イルミが最終段階濃厚となるのも今のところ同じ。

それでなおかつ、当選確率が軽くなったことで期待する「先読みくれば当たるんでしょ?」がしっかり体現されている。個人的見解ですが、先読みが出たらハズれる方が珍しい。

でも、こういう「ライトスペックなんだから、さすがに当たるでしょ?」ってなる気持ちが反映されているのが素晴らしい。

金髪のロングヘア-。……凄い破壊力。

プレミアムがデフォルト状態でも結構絡むようになっているっぽいですしね。

上写真の『科学と魔術が交差するとき、物語は始まる-!!」予告のプレミアムの他、小キャラの飛行船に「おめでとう」が出てきました。

甘デジ・ライトスペックに期待するのはコレですよ。「ミドルスペックでは見れなかったものがみられる」。

強予告・強リーチハズレもあるっちゃあるのですが、当たりやすい確率帯+遊タイム搭載を考慮すると……個人的にあんまし気にならない。ハマっても遊タイムに到達しちゃうし。

【改良点②】ST+時短スペックが気にならない「嬉しい瞬間」

ST+時短でトータル継続率70%。かつ、予告やリーチが展開されるのは時短中。

でも、信頼度が上がった赤系チャンスアップ+大当り濃厚に昇格した『金色』のおかげで、嬉しい瞬間に出会える機会が多くなっている。

ま、その分RUSHスルーするときはほぼなーんにも見れないのだけど……。でも、初当りを目指しやすい確率帯なので、1、2回のRUSHスルーくらいだとストレスが少ない。

赤系チャンスアップが出るのがスタートラインですが、その多くに「ヨシッ!」ってなるパターンが絡む。

アツい演出がハズれて欲しくない時短だからこそ、余計に満足感があるんですよね。


【改良点③】ほとんどガセらないチャンス演出

ロングリーチハズレ後に『美琴電撃リーチ』の煽りがミドルスペックだとほぼ毎回出てくるのですが……滅多発展しないクセに煽りが鬱陶しい。コレが個人的な気持ちでした。

でも、ライトスペックでは煽りが出る方が珍しく「出たらかなりの高確率で発展する」ようになっている! 個人としては煽りが出たらすべて発展しています。

球技大会みたいなヤツは発展しない煽りが結構出ますけど。いきなりST演出が発生するパターンもテンパイしやすくなっていると感じました。

正直、ミドルスペックでもさんざん味わった煽りガセを当たりやすいスペックで味わいたくなんかない。コレが改善されているのは本当に嬉しい。

コレは他メーカーにも本当に見習って欲しいところ!

こんだけ評価してるけど……

最高4連。全部10Rだったのが救いで……全部で初当りを5回引いて、他は全部RUSHスルー。

収支的には負けたんですけど、コレは是非1日打ってみたい。そう思えました。

書いたことがあるかもですが、メシUMAがスペック違い(特に当たりやすいスペック)に求めるのは、『スペック帯ならではのストレスのなさ』

甘デジクラスでアツい演出がガンガンハズれたり、ガセ演出が死ぬほど出るとかはやっぱり打ってて楽しくない。これぞ、スペック違いの『お手本』のような完成度

よほど釘状況がエグいことにならない限り、今後も積極的に触っていきたい『今年のNo.1甘デジ・ライトスペック』候補だと思いました。(←気が早すぎるかもですが)

ここまで良いデキに感じたのは、4日間で投資20万円近くだったストレスの影響がないとも言えない。(←毎回、ミドルスペックで確率2倍ハマリからスタートなんですもん……)

とはいえ。甘デジ・ライトスペックに求める『最高の瞬間』があまりに楽しくってね……。

勝てる、勝てない、連チャンする、しないはその日の運や状況によりますが、甘デジ・ライトスペック好きには本当にオススメな1台となっていました。

やっぱり、パチンコはそれなりに当たってくれないとね……。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー