源さんゴトを封じるためのホール側の対策 【ホールコンサル営業実録! 第9話】

源さんゴトを封じるためのホール側の対策 【ホールコンサル営業実録! 第9話】

源さんゴトを封じるためのホール側の対策

まいど~! 1回目は初代ホー助の止め打ち。2回目は「写ルンです」で店内を撮りまくって、事務所に連行された経験があるニッシーです!!

「写ルンです」は何かって? これは20年ほど前に流行った使い捨てカメラ。携帯やスマホで写真が撮れるようになって、ほとんど見かけなくなったもんね。若い人は知らなくて当然でしょう。

今でも覚えてるわ~! 福岡の超強かった店の店内装飾を調査するため、先輩から「100枚撮って来い!」って無茶振りされたことがあってね。最初は順調に隠し撮りしまくってたんやけど、3機目のカメラで大ミス! 暗いスロットコーナでフラッシュがバッシャ~! オフにするのを忘れちゃって、光った瞬間に店員2人が身柄を確保。そしてカメラは全没収(笑)。

ゴト師も逃げ出す恐怖のホール

まあ、こんなのは全然かわいいモノ。ゴトで捕まった場合はもちろん注意じゃ済まず、窃盗罪で警察に身柄を抑えられる。だけど大昔なら警察に保護? された方がベストなホールもあったんよ!

西の方のとある法人。「あのチェーン店だけはゴトに入るな!」とゴト師グループの間でも有名なチェーンがあった。なぜなら、もしもゴトで捕まったら腕を折られるんです! 「うん! 確かに抑止力にはなるね!」ってリアルウシジマくん(笑)。

とは言え、このチェーンに限らず、昔はゴトに対して武闘派のホールがホンマに多かったです! だから間違っても話題の韋駄天ゴトとかやってみようとか思わないでよ。まあ腕が折られる事はないだろうけど…。

そんな韋駄天。ホール側が行っているゴト対策はと言うと、ユニットで道具を突っ込む隙間を塞いだり、韋駄天コーナーのモニターは、終日大きく拡大してチェック。さらにシマには監視スタッフを常備。仮にゴトが成功しても、初当りが3Ror9Rならハウスルールで無効(正規の当りならほぼ6Rです)といった厳戒態勢。

それでも4月の末には、福岡のホールで熊本ナンバーの2人組がゴト未遂で退店。もう今やバレるリスクの方が高いのに…GW明けには対策部品が認可されるので、最後の荒稼ぎのつもりだったんかな?

ネットに出回る頃は終焉の時!

韋駄天ゴトが話題になったのが4月の中旬頃。だけどその頃には終焉なんですよ。恐らく韋駄天が増台された去年の秋くらいから始まったてたんじゃないかな?

だからネットで知れ渡るネタ(ゴトや攻略)なんて、9回の裏2アウトの2ストライク状態と同じ。99.999%儲けられないからね。それに儲けられたとしてもゴトはやっちゃダメ! 絶対!!

儲けたゴト軍団は、既に次の機械のゴトに取り掛かってるんでしょうね。過去の傾向からゴトの被害にあいやすい機種を分析すると…

●出来るだけ長く稼ぐためにホールに長期で設置される機種
●差玉が出ても目立たないスペック

この2点。そう考えると、韋駄天以外にも当てはまる機種はいくつかあるよね。撤去される直前になって「実はあった!」みたいなことだけはカンベンしてほしいっす!

ライター紹介

  • ニッシー
    ニッシー
    毎月地球1周分の約4万Kmを駆け回る、パチンコ店専門の経営コンサルタント。元スロプロの業界大好き人間で、ホールの営業戦略を日々提案中。大阪生まれの大阪育ち。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー