ウルトラマンタロウ2をPVから考察!

ウルトラマンタロウ2をPVから考察!

やっほ~、ひょんなことからコラムのお仕事が増えたチキショウ君だお☆

いよいよ京楽から話題の新機種『ウルトラマンタロウ2』のPVが公開されたね! 噂では「"右"に全寄せした台」って聞いているけど、実際にどうなのか、PVを見て解説していくよ!

ちなみにこのページで語っているのは、あくまでもPVを見た俺の予想。

 

 

本当かどうかは不明ということを念頭に読み進めてほしい。

では行ってみよー☆

そもそも初代タロウって知ってる?

「2」っていうことは初代がある。
それがコチラ!

CRぱちんこ ウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟
CRぱちんこ ウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟(京楽/2012年)

2012年6月に京楽から導入されたMAXタイプ(約1/392.4)の機種。

確変バトルタイプで確変継続率は80%! ギミックも当時は凄くて、メイン液晶の下にサブ液晶が付いていて、変身時にコイツがド派手に動く。
パチンカーからは「スマホ」って言われてたよ。このサブ液晶の中で演出が発生して、さりげなくアツい演出があったりした。

初代タロウの情報はコチラ!

 

そんなタロウ、実はもう一機種あって。
それがコレ!

CRぱちんこウルトラマンタロウ 暗黒の逆襲
CRぱちんこウルトラマンタロウ 暗黒の逆襲(京楽/2013年)

スペックが大きく変化。

ミドルタイプ(約1/329.3)のSTバトル仕様。でもST継続率は約80%のまま。ただし、出玉は16Rで約1540個。

演出面も多少変化していて、当時はこっちの方が打っていた。ダークキラーも目立っていてカッコヨってなったわ。

暗黒の逆襲の情報はコチラ!

今作はどう変わったの?

さて本題に入ろう!

今作で俺が知っていることは1種2種のミドルタイプで遊タイム付きっていうことぐらい。
PVではいろいろ気になることが。まずはコチラ!

 

京楽っていつも「無敵」とか「最強」って言いたがる、それは置いといて。
出玉関係の話。ALL1500個というのは右下に小さく「右打ち中」って書いてあるから分かる。

でもタロウチャッカーってなんぞ? 小当りRUSH的な何かがあるのか、はたまたただの「おまけ入賞口」なのか。
平均100個ってことは、おまけ入賞口の可能性が高いような気がする。って思ったら、動画の後半に答えが!

おまけ入賞口でしたわ。ただ、これも大当り出玉に書いてあったのと同じく「払い出し」って書いてある。つまり、獲得出玉で1500個より少し少ないぐらいって考えて良さそう。

他の現行機種は10Rで獲得出玉約1400個ぐらい。そう考えるとちょっと良い。さすがに100個増えるのは考えにくいけど、70個ぐらい増えるだけでも結構甘い機種になりそうな予感。
その分、ホールの扱い方が怖いけどね……。

あと継続率は約81%! これは魅力的!

右打ち中大当りの払い出しがALL1500個+100個ってことは、振り分け負けが無いということ。
ある程度の安定した出玉を見込める気がするけど、パチマガスロマガモバイルサイトを見ると、バトルモード突入率約50%って書いてある。

そして当選時の内訳を見ると、初回大当り後は6回転の時短で約1/9.2を引かなくてはならないらしい。
うーん、なんかここを突破できないと勝負にならないってことか。
死ぬときは死ぬし、天国を味わえることもあるってことだね。

 

下からなんか出てきた!

コレはタロウに変身する時のバッジ。つまりココから対決リーチに発展すると思う。実際のその後にタロウ登場してるし。

ただ怖いのは、最近の京楽台を考えると「タロウが登場するリーチには必ず出現するのではないか」ということ。というのも、仮面ライダー轟音の際は「2号参戦」というのがあって、その時は下から必ずベルトギミックが出現。

でもアツくなかったんよ。あれは許せねぇ!!
ということで、さすがに今作ではアツい仕様にしてほしいと願う。
京楽はん、今ならまだ間に合うよ! アツくないド派手ギミックはストレスに繋がるから、アツい仕様にしておいてね! ←さすがに間に合わないかと……。

さらにもうひとつギミックが。

ロゴが落ちてきて割れた。コレは当たった時だけか、それともよくある「変動開始時ロゴ落下」もあるのか。映像では当たった時のみ確認できたけど、どうだろ。あっても良いような気はする。

あと顔は出現しなさそう。

筐体ロゴの横にタロウがおる。この場合、フェイスギミックが筐体上に出てくるとなんか目障りというか、なんというか。

それに出現するなら、このPV上に出てきてると思うし。まあ、最近の台ってデータランプ前に「壁」を置きたがる傾向にあるけど、無い方がデータランプ殺しにならないから、こっちの方が良いけどね!

怪獣はもちろんアイツが!

タロウではおなじみの暴君怪獣タイラント。実はタイラントってめちゃくちゃ強い怪獣なんよ。

原作では確かセブンやゾフィーすら倒した怪獣で、地球ヤベーってなったけどタロウが勝ったような(すごく曖昧)。そんなクソ強怪獣は今作でも登場するみたいだね。しかも最新技術によってカッコよくなったみたい。

最強リーチっぽさも感じるけど、今までの傾向では怪獣1匹に対して兄弟6人でフルボッコにするのが定番だったから違うかも。
いや、「タイマン上等!」ってなって趣向を変えたのか……。これは謎ですな。

一撃系かな?

ウルトラバトルチャンス6回は初当り後に突入する。しかしテンパイ後にセブンが構えて(?)ロゴ落下。そしたら

 

この画面。図柄揃いではなく、真ん中に「ウルトラバトルボーナス」っていう図柄が停止して当たるってことなのかな? 
それとも図柄揃いしたら継続濃厚で、この図柄の場合はバトルで継続ジャッジをするってことなのか……。謎である。

あと、テンパイ図柄による期待度変化もありそう。画像では1図柄(緑)だけど、今まで通りなら偶数は青図柄、7は赤図柄とかあったし。
問題なのは3図柄。最近の台って3でも確変濃厚じゃない台あるからねー。個人的には3と7は継続濃厚にしてほしい!!

怪獣いっぱい!

バトルボーナスって書いてあるから当たり前だけど、大当り中は怪獣と戦うんだろうね!

ということは、怪獣の種類によって継続期待度が変化するってことで合っていると思う。なんか法則とかあるのかな。1つ前に戦った怪獣が連続で出現した場合は継続濃厚とか。

あと映像からはゾフィー登場でタロウと一緒に攻撃してるけど、助っ人に来るキャラによって期待度が変わるのか、それとも助っ人が登場した時点で継続濃厚なのか。王道のバトルタイプなら助っ人が登場した時点で継続濃厚だけど同じかな?

チャンスアップで足ナメ演出とかあるのかな? いろいろ考えると楽しみですな!

3つのモードから選択可能!

ウルトラバトルは3つから選べる。

 

兄闘モードと震拳モードとAir-Vib(一発告知モード)が選べるらしい。
「兄闘モード」は兄弟登場で大チャンスって書いてある。
「震拳モード」はMAXで大チャンスしか見れなかった。何がMAXなんだろうって思ったら

液晶下でMAXって表示されている。そしてボタンがニョキニョキと出てきた。さすがに継続濃厚ってことだろう。

てかボタンの形、よく見たら「拳」っぽい。そう考えるとこのPV、やけにタロウが拳アピールしてる気がする。

それに「震拳モード」って言うぐらいだから、拳が重要なのかも。
ちなみにコレって「しんけん」って読むよね?
「〇〇しんけん」を使うのか見ものですな(・∀・)

あと画面上に

ハンドルが出てきておる。これが一発告知モードってことなのか? 
ハンドルが「ポポポ」って喋っとる。喋れる機能もあるのか? 超乱舞みたいにアンヌみたいな女性が息を吹きかける演出じゃないの?

個人的には女性が良いんだが! GANTZとかでもあった「杏」みたいな激カワ女の息を感じたいのだが!

導入は4月19日予定らしい

PVで考察できるのはこんなところかなー。通常時のことはよくわからなかったけど、とりあえずこのPVで京楽が言いたかったのは

・1500個+100個の出玉(右打ち大当り中払い出し)
・継続率81%のバトルタイプ

大きく分けるとこの2つかな。特に出玉面は2回もアピールしているからね。自信があるんだろう。

あと「出玉とスピードを両立した、これぞ最強のスペック」って言ってるけど、速いのかな?
特に突出したスピード感は感じなかった。あえていうならラウンド中にバトルを展開するから、その分、電サポ中にバトルSP的なものが無いのはわかるけど、どのくらい速いんだろうね?


まあそこら辺は今後、判明していくと思うから楽しみにしていましょう!


では俺はホールに行かなくちゃいけないのでこの辺で! また何か「考察系」を書くことがあったらよろしくネ☆

ライター紹介

  • チキショウ君
    編集部
    チキショウ君
    仕事があろうとなかろうと、暇さえあればパチンコを打ちに行ってしまう半社会人的な存在。上司に対して敬語を使うことを知らず、「仲間なんだから敬語なんていらねーだろ!」と、まるで自分が正義のように振る舞う赤ちゃん。パチンコ以外のことはからっきしで、総理大臣の名前すら知らない。しかし、ことパチンコに対しての情熱は人一倍すごく、編集部員の中でも一番打っている。そのため、ライターのように原稿を書くこともあれば、実戦企画にも参戦することも多い。現在は携帯サイト連載企画「遊タイマーズ」として毛玉3号と仲良く(?)過ごしている。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー