11通目 会えなくなった人、忘れられない人

11通目 会えなくなった人、忘れられない人

ダイエットからのひらめき

僕、太ったと思ったら、多少身体を絞るようにしているんですけど、その期間の夕ご飯のメニューが大体決まってましてね。

サラダと納豆、それと豆腐にキムチをのせてゴマ油をたらしたもの。

うまいんだコレがつってね。

多少の筋トレをしつつ、まぁまぁの効果が出るんです。

それで今日ですね、何故か無性にサッポロ一番の塩らーめんが食べたくなりまして。

で、作って食べたんですよ。

まぁー、美味しくて。

安打製造機ね。一回も不味かったことないの。

打率10割なの。

このスープの素こそ魔法の粉なんじゃねえかってぐらい毎回美味しいんですけど。

で、ふと思いたって、残ったスープにキムチと切った豆腐を入れて、少しゴマ油たらして、もう一回火にかけてみたんです。

あれコレもしかしてー、つって。

フランス以来の革命が起きました。

鍋で。

お試しください。損はさせません。

そんなこんなで、ひらめきのシェフ松本が、何故かいつもシャッターを切ってしまうモデルの方をおさめた一枚を掲載し、本日のお手紙へと移りたいと思います。

2割1分5厘、トニーさんです。

 

前を向いて歩くということ

<大阪府 ももちさん 38歳 男性>
会えなくなった人やもう戻れない時間に対して、どう考えるのがいいですか?

塩らーめんの話を唐突にぶった斬ってトニーさんの写真を載せたあとに聞く話じゃないかもしれないんですけど、そこはシェフ松本、気持ちを切り替えて真摯にお答えさせていただきます。

その言い方から察するに、その人や時間は決して嫌な感情の対象ではなく、むしろ逆、ノスタルジーを感じるというか、もしかしたら未練の域まであるといった感じですかね。

まず人ですけど、会えなくなった理由はわかりませんが、人ってのは誰もが同じく尊重されるべきだったと思うんです、僕が知る限り。

だから、その人にもその人の意思と人生があるわけです。

自分と同じように。

だから、人と人の間の出来事って、ベクトルの矢印が合わないと基本は成り立たないと僕は思うわけです。

それはシンプルに感情の話だけじゃなく、経済状況だったり、健康状況だったり、諸々要素があるわけですが。

それが噛み合わない状況で会えないのはね、しゃーない。

次に時間。

時計の針は右にしか回らないんです、僕の知る限り。

そう、シンプルですが、これも同じく、過去に戻れないのは、しゃーない。

ただね、恋焦がれるというか、思い出してやまないような人や時間が、もう決して帰ってこないとしても、それらが自分の中に何かを残していると僕は思うんです。

その人がいなかったり、その時間がなかったりしたら、味合わなかった思いやできなかった経験。

それが、自分の血となり肉となってるんじゃないのって、僕は思うようにしてます。

楽しい記憶でも、苦い記憶でも、残るものはあると。

これイメージの話なんですけど、意識のスポットライトっていうんですかね。

それをね、過去じゃなく、それを経験してきた自分にこそ当てましょう。

光で照らして見えたものがあれば、それをもって右回りの時計に付き合っていきゃいいんです。

何もなきゃ何もないで、それなら忘れちまえばいい。

もし本当にこれからの人生に役に立たないと思うのであれば、前のケータイの充電コードのようなもんです。

差し込み口も違うから、捨てちまえ捨てちまえ。

書き手のヒゲともみあげが繋がってるとは思えないぐらいの綺麗事に聞こえると思うんですけど、綺麗とは言い切れない世の中で、頭の中ぐらいは綺麗でもいいじゃねぇか馬鹿野郎ってね、僕は思うわけです。

人生ってのは思い出づくりと、どっかの誰かが言った気がしますが、基本は前を向いて歩いて、たまに振り返って良い酒飲める肴になればいいですなぁ。

あ、あと最後に、書いてたら思い出した曲があるので、もしここまで「わかるー」と思ったら聞いてみてください。

有名な曲なんで知ってるかもしれませんけど、若くして亡くなってしまった不可思議/wonderboyというポエトリーラッパーの、Pelliculeって曲です。

こっちだって止まったり戻ったりするつもりねぇぞ、ってね。

皆様からのお便りを募集します!

松本バッチに話を聞いてほしい、答えてほしいというそこのアナタは、

★★★★★★★★★★★★★★
コチラから送ってください!!!!!
★★★★★★★★★★★★★★

悩み、疑問、愚痴、自慢…内容はなんでもOKです。

当サイトで紹介できるのは基本的に1更新につき1通なので掲載されるとは限りませんが、頂いた内容は本人が必ず目を通します!

※ご希望の方はペンネーム・年齢・性別をご記入ください。本名での掲載は致しません。
※メール等での返信はいたしません

ライター紹介

  • 松本バッチ
    パチマガスロマガ専属ライター
    松本バッチ

    福島県出身。大学卒業後、薬剤師として働いた後にパチスロライターへと転身。パチマガスロマガを始めとする各媒体における連載やCS番組へのレギュラー出演等、多方面において活動中。波の荒い機種からノーマルタイプまで、幅広く好きな機種を自由に打ちまわるが、立ち回りは意外と(?)シビア。読み応えのある原稿、面白トーク、ガチンコ実戦等、何でもこなせるマルチエンターテイナー!

    松本バッチ関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー