【注意喚起】初見じゃ絶対避けられないパワー系カード泥棒の手口とカンタン対処法【パチ屋と愉快な仲間達】

【注意喚起】初見じゃ絶対避けられないパワー系カード泥棒の手口とカンタン対処法【パチ屋と愉快な仲間達】

ホールで過去イチ驚いた話

「パチ屋と愉快な仲間達」シリーズ第4弾。愉快でも仲間でもありませんがパチ人生で最も衝撃的な出来事のひとつだったのでぜひ共有したく筆を執りました。沖スロ大好きビッグフットです。

あれは今から10年くらい前だったでしょうか。夏のある日のお話です。知り合いに誘われて行ったグランドオープン直後の某大型店で僕は朝からハナハナを打っていました。

何ハナハナだったかはちょっと覚えていませんが、5号機のハナハナの特徴であるBIG中のスイカ確率などの設定推測要素が搭載されるようになった後の機種でした。

紫がキレイ。もはや何機種あるかもわからないハナハナシリーズは今年で21周年! 点滅の速さにヤラれ続けてます

当時は最近流行のアルバイトの打ち子グループだけではなく、常連が徒党を組んだような店に憑く常連ノリ打ちグループも多く残存していました。今はほとんど見かけませんね。それらの中には寄り集まって気が大きくなり傍若無人に振る舞う輩も多く、オープンしたてのその店にも早くもそんな集団が居着いておりました。

前述の通りハナハナの設定推測の肝となるのはBIG中の挙動。当然設定を意識して打っている人は皆自分の台のスイカを数えているわけです。しかし前述の集団は他人の台のスイカまで数えていて、それでも隣の台をこっそり見るといった感じなら全然許せますが、打たずにBIG中の他台の後ろに仁王立ちしてまるでスコアブックでも付けているかのようにノートにメモするという、令和の世でやってたら即出禁になりそうな堂々としたムーヴ。

僕はそのメモ係のことを心の中でマネージャーと呼んでいました。マネージャーが背後に張り付くと言っても、ハイキュー!!でいうところの潔子さんみたいな女子マネなら大歓迎なのですが、そんな女神がこの世の掃き溜めのパチンコ屋にそうそういるはずもなく、30代予備校生といった感じのきったない男だったんで何の恩恵もない、害しかない存在でした。

長々と語ってしまいましたが……すみません。実は今回紹介したいのはこのマネージャーではないのです。

何回目かのBIG消化中、また背後にマネージャーの視線を感じ、ゆっくり消化してやろうかとか思っていたらなんと真横にも別の男が立っている……。この店どんだけだよと思いつつ無視して消化しているとなんとその人は僕のサンドの返却ボタンを連打しているじゃないですか。

えっ…いや……え? 何をして?

前に打っていた人でカードを忘れてたのかな? でも朝からこの台打ってたんだけど……え?

あの……と声をかけようとしたその時突然

右男「ワーーッ!!」

奇声を発し、カードを掴んで出口の方へ猛ダッシュ!! その走りっぷりがあまりにも見事だったため、僕は座ったまま呆然と見送ることしかできませんでした。

これには後ろにいたマネージャーもビックリ。右の男が走り去っていった方を指さして口をパクパクしてきたので僕も指さして無言で頷いておきました。投資が2000円で済んでいたため被害額は約8000円。

こういうのって普通は左から声をかけて気を引いてその隙にカードを抜くとか離席した隙に抜くとかじゃないの? 打ってるときに思いっきり気づかれてるのに返却ボタン連打してダッシュとかパワー系にも程があるだろ……。

 

「カードは抜け」が大正義

この事件からもう10年くらい経ちますが、この日以降、僕は持ち玉遊技になったら必ずカードは抜いておくようにしています。離席時や終了時の取り忘れも防げるのでマジオススメ。カードは必ず抜いておきましょう! シンプルすぎる対処法ですがカードが無ければ抜きようがありません。パワーにはパワーで。隙あらば液晶にも出てくるカード抜けの注意喚起はガチのマジです。

それでも現金投資中に右の男が来たら回避不可能ですが、こんな事もあると頭に入れておくだけで初動が変わるかもしれません。最近はずいぶん綺麗で入りやすくなった感のあるパチンコ屋ですが、薄皮一枚剥げば今も犯罪が渦巻く怖い場所。皆さんもお気を付けて!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー