【レビン】あの台で序盤に456が確定した結果…

【レビン】あの台で序盤に456が確定した結果…

こいつはまだまだ現役

明けましておめでとうございます!

今年も当コラムでは「オススメ機種の紹介」→「プライベート日記」というローテーションでやっていく予定なので、変わらぬ応援をよろしくお願い致します!

さて新年1発目に扱う機種はパチスロ北斗の拳宿命。

昨年のこのコラムで登場機会が一番多かったのは実はこの機種。

年末におこなった実戦で運良く本機の高設定を打つことができたので、そちらの実戦を振り返りつつ書いていきたいと思う。

残念ながら修羅の国篇や新伝説創造は間もなく撤去となるが、6号機である宿命はまだまだ現役なので今後の実戦の参考にして頂ければ。

この日は朝から絶好調で、高確中の2トキからCZやAT直撃が連発。出てきたのはすべて出現率の高いBB伝承(青7)。

朝イチから100G以内に初当りを3発引いたのだが、そのうちの2発目がストックなどを絡めて878枚まで伸びてくれたのが大きかった。

…と、ここまでは「設定差がない挙動」につき、ただ運が良いだけで推測的には何らプラス要素はなかったわけだが4回目の当りで歓喜の瞬間が訪れる!

はい、明らかに低確or通常だったにも関わらずチャンス目AからATに直撃!

周知のとおり、本機は2トキ&チャンス目AからのAT直撃に大きな設定差があり(高確以外)、この挙動は高設定に期待ができる。ちなみに低確or通常でチャンス目Aを引いた場合のAT直撃の期待度は3%(設定1)~25%(設定6)。

1回確認できただけでもテンションが上がるのは言うまでもないだろう。

そして、そのATが終わったところで早くもその答え合わせのお時間が…

 

序盤にして早くも金トロフィーが出現=高設定台であることが確定した。

ということで、ここからは残された時間をブン回すのみ…という態勢に。

すると、この直後にAT期待枚数が多いBB拳王(赤7)を2連発で引くという偉業も達成! そのうち、2回目に引いたBB拳王が1246枚まで伸びてくれたことで、この日の勝利はほぼ確実な情勢となった。

こうなるとBB拳王の出現率が高い「設定5」の説が最有力になるところだが、その伸びたBB拳王というのは「CZ中に150ポイント以上貯めて強制的に出てきた」もの。

つまり、これを省くとまだ偶数・奇数どちらもありえるといった挙動である。

ただ、そんなことはどうでもいいと言わんばかりにその後も当りを連発!

しかもレアな当り方でATを仕留めていった。

まあ七星カウンター規定星数1個(V星確定)を除けば、レアというよりは高設定ほど遭遇しやすい挙動と言ってもいいだろう。

何にせよ夕方までの実戦だったにも関わらず大満足な結果となった。

獲得したコインは3100枚、差枚は2962枚のプラスである。

そして詳細な各種数値と推測ツール結果がこちら。

AT初当り出現率、2トキ合成出現率ともに設定6が期待できる数値。

ただ、途中でカウンター作動役を3連続で重ね引きしたのにスルーした件、BB伝承が少し伸びすぎている気がする件、そして終了画面のデフォルトが多すぎる件(世紀末雑魚が1回のみ)…などを考慮すると設定4だった可能性のほうがむしろ高い気はする。

まあ、どちらにせよやはり6号機の高設定はそれ相応の動きとなることを再確認できたので、今後もこういった挙動の台を積極的に狙っていきたい。

間違っても天井ループしているような台は避けないとダメだな。ということで今回はこの辺で終了。

今年もどうぞよろしくお願い致します!

パチスロ北斗の拳 宿命はパチマガスロマガモバイルで完全攻略!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー