【レビン】6号機最強って実はこの台じゃね?

【レビン】6号機最強って実はこの台じゃね?

負けても楽しいと思える良台!

今回はちょっと懐かしめの機種「パチスロ TIGER & BUNNY」を実戦。6号機で抜群の完成度を誇る本機だが、やはり一番の魅力は「パチスロを打っている」ということを肌で実感できる自力感の強いゲーム性にあると思う。

レア小役を引けばしっかり状態は上がり、CZに入れば高確率でボーナスが狙える。AT当選までのハードルも決して高くはなく、それでいてそのAT中にも一切のやらせ感がない。つまり通常時からAT中に至るまで、すべて己のヒキ次第で何とかなる(なりそうな)台だということ。

6号機でなかなかこんな台はない。もちろんREG当選が絶望的だったり、ATがショボく終ってしまうこともザラにあるわけだが、それらを差し引いてもやはりトータルでは秀逸な台と言えるのではないだろうか。

そんなわけで早速実戦を振り返りたいのだが、本機はレア小役以外でもゾロ目のゲーム数で勝手に状態が上がっていってくれるので、特に序盤戦は簡単に超高まで上がってくれる仕様となっている。

ゲーム数での状態アップが優遇されている222G付近までに、概ね2~3回のCZは期待できるので、そこを逃さないで仕留め続ければたとえ低設定でも大ハマリに遭遇することは少ない。しかも、今回はいきなりこんな激アツパターンが!

いきなり設定差のあるCZ「ライオン像」が降臨。突破すればAT確定となるエピソードボーナス、しかも期待度は66%あったのだが…残念ながら華麗にスルー。

ただ、こんな感じでチャンスが頻繁に訪れてくれるのがこのタイバニの良いところ。そして、その後に初BIGを引いたのだが消化中に見事「青BAR」をGET、難なくAT突入が確定。

そして、この中押しの1確が気持ちいいのなんの。中押しで中段青BAR停止はリプレイorチャンス目が確定。

カットインはハズレかリプで発生する可能性があり、内部的にリプ成立時のカットインは青BAR揃い確定→つまり中段に停止すれば1確となるわけだ。ちなみにハズレ時は青BARが枠内に停止しない。

そんな感じで簡単に仕留めたATだったのだが、このATはボーナスを1回引いただけで終了。ただそのたった1回のボーナスでも充分興奮を味わえた。

AT中に突如訪れる衝撃告知! 目立った前フリもなく、いきなりBGM&下パネルが消えるというサプライズ…これまた本機の堪らないポイントの一つである。本当に間とタイミングが絶妙なんだよな。

そしてお次も早めのゲーム数でボーナス→そしてATに当選! しかも、今回のATのボーナス確率は…!?

いきなり1/19スタート!! ボーナス確率を決める「アビリティライズチャンス」中に、レア小役と青BARのヒキが良ければこんなこともありえる。

ATに簡単に当たって、すぐに大きな夢が見られるんだから、やはりタイバニのゲームバランスは素晴らしいと思う。

ただ、これがボーナスなしで終了するとは夢にも思わなかったが…。

その後も中ハマリREG→そして最深天井に到達!

序盤はゲーム数による状態昇格によりCZが簡単に当ると言ったが、300Gまでに仕留められないと一転してキツくなるのも本機の特徴。

高設定じゃないと天井に連れていかれることも珍しくはない。ここでブルーローズライブが出てきたものの…。

 

 

痛恨のAT当選なし。さすがにここでギブアップして実戦終了となった。

今回の実戦では見せ場なく負けてしまったが、途中のボーナス確率1/19のATを活かせていれば十分に勝負になった。

もちろん高設定を打てたら安定した実戦となるのは間違いないが、たとえ低設定をつかんでしまっても「一定のチャンス」が訪れるのがこのタイバニという台である。それに加えて一撃のトリガーもしっかり搭載。

通常時はルナティックステージ(実質移行率 約1/40000)からのフリーズ!

ルナティックバトルにいけばAT完走が狙える。ちなみに実戦上、ルナティックステージに移行しないで突然フリーズした経験がある。おそらくルナティックステージ移行予定の前兆中もフリーズ抽選が有効なのかと。

そしてAT中は稀に出てくるオンエアボーナスにアツくなる!

50%の抽選を突破すれば、すべてがMAX状態のATからスタートできるのでこれまた完走する可能性大! 自力感があって遊べつつ、デカイ大物も現実的に狙える本機。

高設定を狙う機会は少ないが、まだ打ったことがない方はぜひ打ってみてほしい。

 

 

ライター紹介

  • レビン
    パチマガスロマガ専属ライター
    レビン
    お気に入りの機種はひたすら打ち込みまくるスロマニアで、特に北斗シリーズ&番長シリーズへの愛と知識量は業界随一。「レビンの機種解説はアツ苦しいが超濃厚でためになる!」「本当の楽しみ方がよくわかる!」と、アツいスロ好きからも絶賛されている。また、プライベートではジム通いが日課となっており、編集部では「筋肉番長」の異名も持つ。プライベートでは一児のよきパパであり、パチンコを楽しむ一面も!

新台導入カレンダー