【松本バッチ】めっちゃ感動したやつ

【松本バッチ】めっちゃ感動したやつ

影響を受けた漫画と映画

私事ですが、引っ越しをしましてね。

引っ越し業者さんにお願いはしたんですけど、もちろん自分でもそれなりに荷物を運んだりしたんです。

そしたらね、もう日頃の運動不足が露呈するかのような疲労困憊ぶりでして、翌日なんか収録に向かう身体がバッキバキ。

 

ただね、思いました。

悪くないなって。

運動で感じる疲労って、何故「悪くない」と思えるんでしょうか。

壊れた筋肉細胞が、超回復で強くなるのを感じ取っているわけでもないのに、どうしてどこか気持ちよく感じるんでしょうか。

これを機に、少し運動していこうと思います。

限界を超えていこ、身体的にも。

【ペンネーム・相談じゃないけど】
本当にこのコラムは素晴らしいですね。毎回金言の連続で、松本バッチはガチだなぁ、ガチのライターだなぁと感心してばかりです。数が貯まってきたら書籍化した方がいいだろうと思うくらい。毎週更新大変とは思いますが、これからもお体に気をつけて頑張ってください。更新楽しみにしています。

いやぁ、ありがたい。

なんとも励みになる言葉です。

ちょっと嬉しさ余って「相談じゃないけど」って本人がペンネームで語っているのに、お返事を書いちゃおうと思います。

 

ま、よくよく考えるとそもそもポストなんでね。

お手紙の形が「相談」とは決まってませんから。

僕がありがとうって返事書いてもいいやろがいということで。

 

金言といえばなんですけどね。

いろんなところで書いたり話したりしているように、僕の人としての教科書は、ほぼ井上雄彦先生が書いた漫画でして。

特にスラムダンクとバガボンドが大好きで。

井上先生がいなかったら人格変わってたと思うぐらい影響を僕は受けていると自覚しているんですけど。

フィギュアとかも飾ってるし。

 

その他のとこだと、映画ね。

ちょっと前に、トニーさん(初老の先輩)とガンちゃん(影の薄い後輩)と、くまちゃむ(丈の短いショーパン)と4人でご飯食べてた時なんですけど。

なんか、映画かなんかの話になって。

どんな流れかは忘れたんですが、何故か僕が好きな映画の話をしたんですよ。

 

その映画の名前は、

「ロッキー・ザ・ファイナル」

なんですけど。

 

僕、これめっちゃ感動した映画でして。

この映画の中で年老いたロッキーがあることにチャレンジするんですけど、それを咎めてくる息子と対話するシーンがあるんです。

その中でロッキーが言うんです。

「他人を指差して、自分の弱さをそいつのせいにするな」

ってね。

 

ロッキーは、自分の価値を信じるなら、どんなに強く打ちのめされても前に進み続けろって続けて息子に説くんですけど、このシーンからエンディングにむかってもう神展開でね。

是非とも見てほしい。

ネバーギブアップ、ビーストロング。

僕の言葉がささってくれたあなたには、自信を持ってオススメできるので、是非。

 

というわけで、褒めていただいたお礼にオススメ映画をご紹介するお返事とさせていただきました。

さて、皆さんお気づきでしょうか。

運動不足の身体が悲鳴をあげる引越し作業をどうして「悪くない」と思えたのか。

それはロッキー・ザ・ファイナルを前夜に見返したおかげで、重い荷物を運ぶ時にも脳内にロッキーのテーマが流れていたからでした。

もう勢い余って生卵飲むとこだったよ。

皆様からのお便りを募集します!

松本バッチに話を聞いてほしい、答えてほしいというそこのアナタは、

★★★★★★★★★★★★★★
コチラから送ってください!!!!!
★★★★★★★★★★★★★★

悩み、疑問、愚痴、自慢…内容はなんでもOKです。

当サイトで紹介できるのは基本的に1更新につき1通なので掲載されるとは限りませんが、頂いた内容は本人が必ず目を通します!

※ご希望の方はペンネーム・年齢・性別をご記入ください。本名での掲載は致しません。
※メール等での返信はいたしません

ライター紹介

  • 松本バッチ
    パチマガスロマガ専属ライター
    松本バッチ

    福島県出身。大学卒業後、薬剤師として働いた後にパチスロライターへと転身。パチマガスロマガを始めとする各媒体における連載やCS番組へのレギュラー出演等、多方面において活動中。波の荒い機種からノーマルタイプまで、幅広く好きな機種を自由に打ちまわるが、立ち回りは意外と(?)シビア。読み応えのある原稿、面白トーク、ガチンコ実戦等、何でもこなせるマルチエンターテイナー!

    松本バッチ関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー