第12回 かつて実在した攻略法シリーズ③~サメの栄養価は食材でもパチスロでも高かった!~

第12回 かつて実在した攻略法シリーズ③~サメの栄養価は食材でもパチスロでも高かった!~

はじめに

先日のミリオンゴッドのゴトのお話。大変、多くの方々に読んでいただけたと編集さんから聞きました。ありがとうございました。

今回は、そのミリオンゴッドが登場するちょっと前の2001年くらい。「獣王(Sammy)」の登場により爆裂AT機がパチスロ人気を一気に上げた頃のお話。

知人栄養士から「サメはカロリーが低くて、高タンパク。免疫力アップや眼精疲労回復にも効果があり非常に栄養価が高い(ただし鮮度が落ちるとめっちゃ臭くなる)」と聞き、サメを食材として見直していた頃。そんなサメが、まさかパチスロでも非常に栄養価が高いということが判明(笑)!

その機種とは、先ほど名前を挙げた獣王の兄弟機的存在「インディジョーズ2(ロデオ)」でした。

インディジョーズ2(ロデオ/2001年)
インディジョーズ2(ロデオ/2001年)

「インディジョーズ2」とは…

4号機のA+ATタイプで、SAT「インディチャンス」と呼ばれる連チャン性能も高い10or30GのATを搭載した機種。

ここで今回の攻略の肝になったのが、「15G間の通常Gの成立役で金貨を獲得し、獲得した金貨の枚数でAT当選が有利になる」というゲーム性であった。

 

期待日当は……万枚!?

期待日当は万枚!?

攻略法の内容

通常時は、「左のボーナス図柄3種類/中リールの図柄赤青2種類/右リールの図柄赤青2種類」の【12択どれかの組み合わせで15枚役の払い出し】が受けられる仕組みだが、最後に止める右リールの2択を台枠のアーチランプの光り方で見抜くという攻略法であった。

 

《手順》

① 中リール上段に青7を止める。

② 左リール上段に青7を止める。

③ 青7テンパイ時の筐体枠のオレンジ色のランプの光の流れに注目。

④-A 光の流れがスムーズ→右リールに青図柄を狙う。

④-B 光の流れに約1秒の引っかかりあり→右リールに赤図柄を狙う。

 

…というやり方で、12択の15枚役を倍の6択で獲得することができたのだ。左リールを止める際は、すでに筐体枠のアーチランプを見る必要があるため、目押しではなく、リールが1周するタイミングで止める技術が要り、約0.1秒のひっかかりも、慣れていないとわかりづらかったため、難易度はやや高めであった。

 

《攻略効果》

①通常時のコイン持ちが上がる。

②AT当選率が上がる。

 

…これにより、設定1でも機械割は140%超えで、期待日当は驚愕の10000枚超え!

攻略法の出所は?

設置ホールも多く、テリトリーが被らなければ攻略ネタ系のプロ仲間同士が情報を共有していたこともあり、他のプロから落ちてきた情報。

突然の赤テープでイメチェン?

この攻略ネタで稼いで数ヶ月経った頃、対策として遂に筐体のアーチランプに光を通さない赤テープが貼られた。つまり、この時点でホール側もこの攻略を認識してしまっているわけで、下手に隙間などからランプを覗いてもホールからマークされてしまう。以後、攻略をする際にやりづらくなるので、目立つ行動はやめようと仲間内同士で連絡を取り合って、ここでこの攻略法は終了になった。それに、、、

 

実は虚心、この時点で(今後、コラムでご紹介することになるであろう)例のコピー打法の情報も入手していたため、無理にこの攻略法にしがみつく必要性も無かったのであった。

 


 

それにしても、近寄るな危険の意味を表す昭和の不良みたいな赤テープ…ロデオさんやるな(笑)!と思った瞬間でもあった。

そうしてその後、遅れてこのネタを知った方々が、シールを無理矢理剥がして攻略を試み出禁になる現場も多々見ることになった。

 

余談だが、仲間内から「エロ神様」と呼ばれていた知人プロは、この攻略法のおかげで念願の泡の国(大人のアミューズメントパーク)フリーパスチケットを入手したようで、毎日毎朝通っていた。開店前の並び時は、隣で常に石けんの匂いを放っていた(笑)。

ライター紹介

  • 虚心坦懐
    パチマガスロマガ専属ライター
    虚心坦懐
    限りなく漆黒に近いグレーパーソン。しかし、その知識は半端なものではなく、怪しい噂のある「攻略」は大抵知っている。アナログ系の役モノパチンコにも強い。ちなみに、真性のキャバクラ好きで、10割がキャバクラ攻略の話……らしい。まさに、攻略特化型なライター。

新台導入カレンダー