常に「全力」はいつか報われる【釘王・和泉純 キツメのオヘソVOL.41】

常に「全力」はいつか報われる【釘王・和泉純 キツメのオヘソVOL.41】
和泉純画像

「全力」の姿勢はいつか花を咲かせる

「野球は打って投げて走って」と言われるスポーツだが、注目されるのは「打つ」と「投げる」に偏りがち。「走る」は軽視されこそしないものの注目度はやや低い。

だが、「走る」は選手個々で速さに違いはあれど、「打つ」「投げる」に比べ調子の良し悪しに左右されない。そういった意味では、心がけ次第で常に同じパフォーマンスを出せるだけに大事だ。

まあプロ野球選手は基本的には常に全力疾走だが、ちょっとだけ違いが生まれるところもある

それは打者として凡打を打った時の走り方。特にフライを打ち上げた際にそれがでる。たいがいの選手は悔しそうにやや緩慢なスタートを切るものだ。

だが、阪神タイガースにはどんな凡打でも常に全力疾走する選手が2人いる(筆者が把握しきれてないだけでホントは他にもいるかもしれないが)。

1人は梅野捕手。打った後、すぐに頭を低くして走り始める体勢に入る。頭を下げる(落胆してるように見える)ので、見てる方としては「あれ? 良い当たりに見えたけど打ち損じなのかな?」と勘違いするほど。それでホームランとかあるから面白い。

そしてもう1人は大山選手。打ち損じのフライでもしっかり走る。まれに落球みたいのがあると二塁とか三塁までちゃんと進塁している。いつだか、外野手がスライディングキャッチで捕球するも審判はワンバウンドでの捕球とみなしてノーキャッチを宣告→捕球したこの外野手が歓喜&アピールしている間に大山選手がホームイン……なんてことがあった。

もちろんプロ野球では落球などほとんど無いので、彼らのこうした心がけが報われることは少ない。それでも常に走っている姿に俺は感動する


パチンコでもこういうことはある(同じ土俵にするのは心苦しいが)。

俺はホールに行ったら必ず全機種全台の釘を見る。そうしておけば、ちょっとした釘の変化に気付きやすい。打ったことがない機種だとしても、変化があれば試し打ちする動機になる。

もちろん、ホールにはいわゆる「死に島」みたいな感じで釘が滅多に変化しないシマも存在する。

だが、ホントたまーにあるんだよ。何かの気まぐれか変化することが。そんな時に「あー全台見てて良かったー」となる。

滅多にはないが、俺はそんな日のために今日も全台の釘を見る(たいしてカッコよくない)。

釘言実射編:Pフィーバーからくりサーカス

筐体画像

寄り周辺

脇のこぼし・風車上ともにアマくはない。ノーマル状態ではけっこうコボれてしまう。ヘソが極端なプラスじゃない場合はここのプラス状態がほしい。

ヘソ周辺

ヘソ画像

カラくはないが1個戻し。脇の賞球口がマイナス状態ならここの派手なプラス状態が必要。

盤面左の賞球口周辺

かなりのマイナス状態でもたまに入るのでゲージはアマめ。ただ、基本的にはマイナス状態になっていると思う。その度合いの大小で判断することになるだろう。5個戻し。

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー