第105回 新台初日『麻雀物語4』でいきなり2400枚完走! 設定4以上確定画面も!?【しのけんの喰うならやらねばF】

第105回 新台初日『麻雀物語4』でいきなり2400枚完走! 設定4以上確定画面も!?【しのけんの喰うならやらねばF】

まずは4台シマの「ブラクラ4」に設定6を入れるA店へ。サプライズ的に入れる日なので、並びも少なく余裕で台確保。台キープも早々に打ち出すのでありました。

このブラクラ4も前回日記で扱った「青鬼」と同様のデキレ台。設定6であれば、基本250G~400Gあたりで弱AT直撃を繰り返す仕様。そんな訳で初当りがそのような挙動になる事を願ったものの…158Gでヒット。そして出て来たのは、直撃ではなくCZ「デスペラードバトル」。いわゆるリゼロの白鯨戦的なやつ。

これをサクっと負けてハイ終了。設定6でもこのような挙動を見せる事は極々僅かにあるのですが、右カドがほどなくAT直撃したのを確認。そそくさとジェットカウンターにコインを流してもらうのでありました。

ちなみに右カド台は一旦座りかけてヤメた箇所。腐るほどこういう経験してきているからそこまで引きずる事はないけれど、直感的に場所変更した朝イチの自分をアホーとは思います(笑)。

さて、そそくさと行動していたのには訳ありまして、二の矢的に向かうホールを元から決めていたから。向かうホールは新台を時差開放するK店。新台は「麻雀物語4」と「うしおととら」で、なんとか麻雀物語4を確保出来る権利を得る事が出来ました。

導入初日なので当然初打ち。まずは小冊子を見ながらゲーム性でも把握するか…と思ったら、どうやら小冊子は存在せず、メーカーHP上の遊技説明を見る感じらしい。確かニューギンが「今後小冊子は作らない」宣言をしていましたが、多くのメーカーが今後そのようになっていくのですかね。4号機のころから永遠と小冊子を集め続けている小冊子コレクターの自分としてはかなり寂しいですわ。

そんな訳でスロマガモバイルにてゲーム性を確認。基本的なゲーム性は、規定ゲーム数かCZクリアで純増約2.6枚のAT「麻雀GP」に当選。上位AT「雀張ドリーム」も存在し、そちらは純増4.7枚。有利区間終了後は必ず128G以内の当選が見込めるらしく(設定変更後は除く)、全体での128G以内AT当選率は66%オーバー! …ってな感じです。

設定推測要素の方は、現状ではほぼ出ておらず(※実戦時)、AT初当り確率とテンパイロングビーチなるプチATのみサイトに書かれている状態。そんな訳で今回は、新台摸索的な実戦日記となる事ご了承ください。

とは言えK店に足を運んだのは新台の設定状況が期待出来るから。最近、新台導入時に頑張ってくれるホールがちょっと増えて来たので、個人的には嬉しいです。

初当りは投資貯メダル500枚、328Gで規定ゲーム数からのAT。しかし何事もなく駆け抜け。しかもAT後PUSH押し忘れでセリフ聞き逃し。

続いてのヒットは追加3000円、CZクリアでATへ。こちらも駆け抜け119枚…。セリフは「まーしろ」。最初「なーん、しよっと?」と言ってるのかと思ったのですが、マシロってキャラの名前でした(笑)。

更に持ちコイン61GでATを引き、やっとこ本機のAT中の可能性を垣間見られる展開に。ちなみに AT中のゲーム性を少し説明すると、レア小役でバトル抽選、バトルに勝つと「赤ドラチャンス」なる報酬決定ゾーンに突入し、そこで赤バーが揃えば上乗せ特化ゾーン「麻雀ラッシュ」へ。赤バーがW揃いだったり、1回のAT中にバトルに5回勝ったりすると純増の多い上位ATにステップアップ! となります。

このATではバトルに2回勝利し、共に赤ドラチャンスをクリア。2回の麻雀ラッシュでは「+70」&「+210」の上乗せ!

果たして満足して良いのか分からん枚数で終わりましたが、麻雀ラッシュ中は擬似遊技であるレア役を誘発する機能も有しているので、それなりの爆発力は秘めていそうですな。

そしてここで有利区間終了。有利区間リセット後は128G以内のATが確定します。

そうそう、サイトをくまなく見たら共通ベルに設定差がありそうな記述がありまして。

現状設定1の数値しか開示されていませんが、これ見る限り高設定ほど共通ベルの出現率が高そうな雰囲気。ってな訳でAT中にナビ無しベルの出現を監視していたのですが…なんと現状0。

と言うか、そもそも左第1停止から始まるベルナビが一切発生しないんですよね。AT中って規則上全ての押し順が均等に発生しないとダメなんじゃなかったっけ? ナビ無くとも全ての押し順が別の理由で期待値同じなら出さなくてもOKなのかな? とにもかくにも、そんな謎もありつつ初打ち摸索していくのでありました。

前述したように、次のATは128G以内確定。そしてこのATでしでかしました。上位ATに突入し、有利区間完走の一撃2400枚獲得!

2400枚獲得までの流れを説明しますと、まずは麻雀ラッシュが3ループして「+750」獲得。そしたら上位AT突入をかけた「デカパイ攻略戦」へ移行してくれて難なく勝利。この上位ATでは1200枚程度獲得しつつ、再び麻雀ラッシュの3ループで「+830枚」。その後はあれよあれよとATが完走でした。

当然有利区間リセット。そして有利リセット後は128G以内のAT確定。そのATで2400枚出る可能性を今まさに直接体感したので…無限ループで大量出玉のビジョンが一気に湧きましたわ。

ちなみにナビ無しでのベル揃いは、この2400枚獲得区間で一度も出現せず。AT中に関しては無駄ナビまたは別な形で共通ベルが消され、判別不可になっているっぽいですな。

そんな感じであれこれ模索していたら、右隣で打っている方がいきなり声を掛けてくれて、「4以上確定出ました」と。

自分が出した訳ではないので少し恥ずかしいですが、せっかくなので写真を撮らせていただきました。

このお声かけをキッカケに、お互い初打ちという事もあり会話をしつつ一緒に模索する流れとなりました。

この後の展開は9月10日6時公開予定!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー