第61回 パチプロに転向!? しのけんまさかのハネモノ「Pニュートキオ」実戦!!【しのけんの喰うならやらねばF】

第61回 パチプロに転向!? しのけんまさかのハネモノ「Pニュートキオ」実戦!!【しのけんの喰うならやらねばF】

パチプロに転向!? しのけんまさかのハネモノ「Pニュートキオ」実戦!!

本日押さえた台はこの台!

ニュートキオ筐体


「Pニュートキオ」、早速勝負開始です。

初大当りは投資1000円。3鳴きでスペシャルルートからVを射止めラウンドは3R(※実質2R)。

追加1000円で3R、さらに追加1000円で初の5R(※実質4R)を射止めると、やっとこハネモノの要領を掴みだしました。

…はい、すみません。

パチスロ稼働日記を読もうと開いた読者さんを無視して、パチンコの、しかもハネモノ稼働日記を始めちゃいましたが、こうなったのには訳がありましてまず聞いてください(笑)。

朝イチは当然パチスロを打つべく特定日のY店に向かい抽選参加。かなり強い日だったので、それなりの番号であれば入店する腹決めだったものの、ド最後尾な番号で入店もせず移動。

第二候補のO店に向かうも、ちょいと移動に手間取り到着した時点ですでに開店後。店内を一周して、何も出来ない雰囲気だったので打たず退店。

この時点で詰み。

そんな訳でO店の地域にあるホールK店を覗いていたら、新台導入初日、11時開放の「Pニュートキオ」がちょうど開放されたとこでして。空き台もアリ。

ハネモノ懐かしいなぁ。25年以上前まで遡り、それこそパチとスロを併用して生活していた頃は、初代ファインプレーを丸々1ヶ月近く打ったりしていたくらいハネモノが好きでして。

ハネモノというか役モノ搭載パチンコが好きなんですよね。目の前で物理的な大当り抽選を視認できるとこが特に。ああ、打ちたいなぁ。

そんな事を思いつつ、いっちょ前に空き台の釘なんかを見ていたら…。

「しのけんも打とうよ!」と、ニュートキオを押さえていた一人に声掛けられまして。

その方はこの地域に巣食う、パチンコメインで生活しているこの業界の先輩。そんな訳で無下に断りづらく、さらにハネモノ打ちたい欲がこの声掛けで解放されてしまい、気づけばハンドルを握っていた次第。一応、先輩曰く、前作のトキオベースで見ると釘の状況は良いとの事なので、期待できるんじゃないでしょうか。すみません、完全に他人任せな情報で。

ちなみに、収録的な実戦以外でハネモノに触れたのはそれこそ10年以上ぶりになるんじゃないのかな。今の台は大当りしたらハネがパカパカ開いて玉を増やすんじゃなくて、アタッカーで増やすのね。そのくらい時が止まっております。

そんな訳で、今回は喰うならやらねばF「特別編」的な感じで見ていただけたら。パチスロ稼働日記を求めて開いてくれた方、大変申し訳ありません(汗)。

さて、イマドキハネモノのプライベート実戦に関しては素人同然。そんな素人考えで浮かぶ事は、初代ファインプレーと同じく、3つあるラウンドが均等に来ている状況で、持ち玉が増えてればそれなりに期待できる台なのではと言う事。だって、ラウンド振り分け率は1:1:1の均等で、その通り当たっているのに玉が増えているって事は釘が良いって事。

とりあえず27回大当りしたところでちょうど3R:5R:10Rが均等に。

履歴


一旦ここで自分の状況を冷静に判断して見ると…。

しのけんデータ01


ハネ開放に対する大当り確率は1/18.8。現在ジャスト15時時点での差玉が…+5500発程度。

コレ、結構良いんでない? ニュートキオのシマで1番回数付いているし、大当り確率が別格。

もちろんV入賞が今の段階でも上振れている可能性は十分にあります。何故なら、他のニュートキオの釘とそこまで大差ないのに自分の台だけ出玉が伸びているから。打つキッカケをくれた先輩も「前作よりも釘の状況が良くないと厳しいかも」との事で、撤収していきました。

ただ他の台と比較して、自分の台だけ特別な部分が一つだけある事に気付いたのです。それはどこかと言うと…。

この後の展開は6月25日6時公開予定!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー