今年の神台は『P戦国乙女6~暁の関ヶ原~甘デジ』だと思う理由【編集部コラム・メシUMA 第35幕】

今年の神台は『P戦国乙女6~暁の関ヶ原~甘デジ』だと思う理由【編集部コラム・メシUMA 第35幕】

同じ機種を打ち続けて「安定して勝てるようになる」ゆえに神台だと思う

今年もあと3ヵ月ないくらい。そういえば自身のNo.1マシンは何だろ……ふと思った、回顧生物メシUMAです。

「神台」。それはその年に一番勝てて、沢山打った台。(←普通そうでしょ!?)

ちょいと気が早い気もしますが、早くもそんな台がメシUMAは決まりました。


勝てるから打ち込んでレアな演出も体験できる。だから楽しくなる。

『P戦国乙女6~暁の関ヶ原~甘デジ』

神台と思うその理由は以下の3つとなります。

①ホールに長く残りそう
「ボーダーが甘い割に意外と回せる」。理由はおそらく、一撃連チャンで即ヤメしやすい性能がゆえ。そのため、意外と現金投資から打つ人が多い印象です。交換率が等価じゃない限り、ホールは必然的に儲かりやすい=良い状況でも多少大目に見て放置になりやすい……と思っている。

加えて、人気シリーズの甘デジだけにそこそこ稼動しているし、一撃の出玉感も甘デジとしてはトップクラス。ゆえに「ホールに残り続ける可能性が高い」と思う。


②勝ちやすい状況が多いから
先に挙げた理由からか、回る状況で空き台になっていることが意外とある。

基ゲージが甘いから、ちょっとのマイナス状態ならカバーできるし、甘デジでボーダー+3回転前後の状況を見つけやすいんですよね。(←地域差はもちろんあるけど)

だから、ある程度の持ち玉になるくらいまで粘れる。当たらずヤメを避ければ、持ち玉は必然的に残るからマイナス収支でもそれほど大きくないワケ。(←そりゃそうだw)

勝ちやすい状況が多い=打つ機会が多くなるのも当然ってもんです。

最高連チャンは2R3回込みの16連。7~8連なら1日で1回くらいあるし、多少投資がかさんでも4~5千発の戻しが一撃で効くのは精神的に打っててラク。

③何故負けて、何故勝てたのかを他の台より考えることができたから
今後も打つ機会が多そうな台だと思って「ある部分がマイナス状態なら、どれくらい回らなくなるのか」が分かるまでマイナス収支覚悟で回すこともありました。

そのおかげでヘソ、寄り、道釘……それぞれのデフォルト状態、マイナス状態がどれくらい影響しているのかを把握できるようになった。

すると、良い部分とダメな部分をパズルみたいに組み合わせて、わざわざ試し打ちをしなくても、打てるかどうかを判断できるようになっていくんですわ。


最後の赤ボタンがほぼ大当り……など、自身なりに法則が色々できてくるような台は、やっぱり楽しいもんですね♪

勝てる状況が打つ前から分かるようになれば、無駄な投資がかなり減る。どれだけ無駄な投資を抑えつつ早くに優秀台を把握できるか……コレは勝ちに繋がる一番のポイント。

結局は自身のお金を使うんだから、より勝てた台が神台になるのは必然!

多分ここからはもっと収支は伸ばせるだろうし、今年1番稼げた甘デジになると思っています。(←極端に打てない状況が増えない限りだけど……)

もうすぐ『パチマガスロマガモバイル』では2021年のキングオブパチンコ大賞の応募が始まる頃だと思います。

今のうちから神台を考えて、開催された際はゼヒ投票して下さいネ☆



ライター紹介

  • メシUMA
    編集部
    メシUMA
    パチマガ編集歴15年目の企業兵士。色々粗末なモノをお見せするわけにはいかないため、こうした不敬な姿をとる。ソシャゲの課金が日課で、その資金を稼ぐためにパチンコ・競馬に手を染める。パチンコはゴリゴリに堅い打ち方で「高勝率」をキープする立ち回りが身上。しかし、ドテチンに肉薄するほどヒキが弱い。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー