第128回 『HEY!鏡』しのけん流設定推測の軸!!【しのけんの喰うならやらねばF】

第128回 『HEY!鏡』しのけん流設定推測の軸!!【しのけんの喰うならやらねばF】
▼裏話の前編はコチラ

(前編からの続き)

担当(以下・担)『鏡は番長シリーズのいわゆるスピンオフ的な位置付けですが、続編を期待しますか?』

しのけん(以下・し)『是非お願いしたいけれど、この絶妙なゲームバランスを続編でも維持できるか不安…。まぁでも打ってみたいやね』

『好きだからこそ続編に不安…分かります。続いては鏡の立ち回りについて聞きます』

『ほい』

『設定推測の軸はどこら辺を意識していますか?』

『明確に分かる「特訓スルー回数」と「AT直撃」「AT中のベル回数」、あとはハッキリしない時もあるけど、「滞在HEYモード」「DZモード移行率」かな』

『特訓スルー回数はいわゆる「設定6は3周期を抜けづらい」という部分ですね。実戦でも終日通して3周期までにJBに当選していました』

『うん。まあ日記でも触れたけど、3周期までに当たりやすい…というよりは2周期目以降は当選率が高いってだけなんだけどね。当選率が高い2周期目以降を「2スルーしづらい=3周期は抜けづらい」って事』

『3周期という部分だけに執着すると危険って事ですね』

『早い見切りの線引きとして活かすのは全然アリ。ただ実際左右の台は4周期目まで連れて行かれてたし、自分も設定6を打って3周期を超える事はたまにある。…で、ちょいとこれは思い込みもあるかもなんだけどさ』

『なんですか?』

『特訓中の演出で、「高期待度」だった周期抽選だったかある程度分かるんじゃないかなと思っておりまして』

『どういう事ですか?』

『例えば、設定6の3周期目特訓からのJB当選度って最低でも70%でしょ』

『はい』

『そういう内部的にも高期待度の周期の時は、特訓中にキャサリンが出たり、それこそ強めな対決演出に発展したりして敗北するパターンになりやすいんじゃないかなと思いあたる節があるんだよね』

『ほうほう。つまり、「特訓が当たりそうな流れなのにスルーしたら、それは内部的にも高期待度の時だった」と?』

『うんそういう事。設定6を打っていて3周期抜ける時の特訓って、だいたい強めな演出が来て「当然当たる」と思っていたらハズれて4周期目に突入するパターンが多くてさ。で、もし実際にそうなら攻め引きの参考にもなるでしょ。てかまぁこれ以前にスロマガ誌面でも触れた記憶あるんだけどね』

『なるほど。今後新たな解析が出る可能性は低いので裏付けは取れないですけれど、気にして見ても良いかもですね』

『新たな解析出ないかねぇ。ベル回数振り分けも引き戻し関連の数値も知りたいんだけどなぁ…』

『正直厳しいかなと。「直撃」は素直に多いに越した事ないですよね』

『うん。これに関しては出現率の差はもちろん、履歴でもすぐ確認取れるのが大きい。特訓スルー回数に関しては、ゲーム数からじゃ他の台は概ねの判断しか出来ないからね』

『解析は出ていないとおっしゃっていたAT中のベルナビ回数ですが、こちらも設定推測に活きる部分ですよね』

『うん。今回の実戦時のベルナビ回数振り分けを見て貰えれば一目瞭然』

『やはり10ベル20ベルが圧倒的に多くて30ベル以上は明らかに少ない…というか50ベル100ベルはゼロですね』

『うん。でも100ベルとかも出なくはないんだよね設定6でも。お隣さんも引いていたし。そういう意味ではベルナビ30以上の頻度が10%を大幅に超えちゃうと設定6は危険信号って感じ』

『「滞在HEYモード」と「DZモード移行率」は?』

『滞在HEYモード把握に関しては当然チャンスや天国移行を監視する訳だけど、同行キャラが増えると一気にHEYカウンター上がっちゃうから、判断つかない時があるのがネック。特訓スルー後やDZ後通常時に戻った時のPUSHセリフでモードを明確に判断出来る時もあるとは言え…ね。DZモードに関しては、「JB後のバス回避率」と、「レア役解除ではないDZクリア後のモード優遇」。レア役解除ではないDZクリア後のモード優遇は基本設定6のみだから、さっき述べた軸とすべき2つの推測面も強く、更にそこも強く感じられれば設定6と判断する非常に強いサポートになる…って感じかな』

『「強レア役での規定HEY強制到達」にも設定差がありますが、あまり気にしませんか?』

『カウントは一応してはいるけれど、約33~44%だからね。それより大事なのはやっぱり前述した部分だよ。あと当然DZ終了画面もね』

『鏡は設定推測しやすい台と言えますか?』

『設定6に関しては、すぐに判断は付かないまでも、段階的に「コレはさすがにあるぞ…」って感じて行くような王道的な設定推測を味わえるかな。設定4・5に関しては難しい。特訓からのJBは適度に早く繋がるからそこに期待してるうちに4以上確定してやっと安心するって感じ』

『これからも打つ機会ありますかね?』

『鏡を未だにシマ単位で設置しているホールは「分かっているホール」だと個人的に思っていてさ(笑)。そういうホールは使う時はしっかり(高設定を)使ってくれると信じたいかな』

『また鏡をアツく語るしのけんさんを見たいので、是非よろしくお願いします(笑)』

次回の日記は10月21日(木)更新予定!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー