【編集部コラム】チキショウ君  第4幕

【編集部コラム】チキショウ君  第4幕

攻略とはなんぞ?

今日は22日。こんな日にマジメに仕事させられて、内心「ふざけんな! 打ちに行かせろ!!」って思っているチキショウ君だよ~☆

俺が日本の偉い人だったら、7とゾロ目は祝日にしちゃう。

さて、今回はたまに言われる「攻略マガジンって言ってるのに攻略してないじゃん」という意見に答えていこうと思う。怒られるか怒られないかのギリギリラインを書いていくのが楽しいよね(・∀・)

少しはやっていたんよ

いにしえの時代、攻略要素の多い台がたくさんあった。それこそ、ボーナス連チャン打法など。今では考えられないよね。と言っても、俺自身はまだ人間として地球上に存在していたかも怪しい時代だけど。

そんな攻略法があった時代には攻略マガジンにいろいろ掲載されていた。今でもyoutubeで調べればセット打法とかやっている動画があるはず。

しかし現代ではそんなウマい話はほぼない。開発の技術が進んでいるから。でも俺たちは少しでもみんなが勝てるように「止め打ち」ならほとんどの機種で紹介してきた。 

こんな感じに。これぐらいでも終日打てば打ちっぱなしと比べると、3000円とか差が出るからね。5日間なら1万5000円、積み重ねが大事だということも伝えてきた。

あとはこんなのも

潜伏確変がある機種に関してはランプやセグも掲載してきたよ。これでヤメ時も分かるからね! 今は潜伏確変機があまりないから需要が少ないし、やる価値があるのは遊タイム機の朝イチのリセット判別ぐらいかな~。これはモバイルサイトでほとんど載せているはず。

これからも更新していくから見た方が良いですよ~(宣伝)。

いや、ヤバい攻略は無いんかい!

最初に「ウマい話はほぼない」と言ったけど、あくまで「ほぼ」。実はあるっちゃある。でも俺も詳しくは知らないんよ。よく聞くのは「1種2種」や「役モノタイプ」の機種。

■〇回転の時短を1回転多く回せる

■大当りラウンドを必ず最大ラウンドにできる

などなど。

でもゲーム性が変わってしまうような攻略法を知っていても公表することは無い。なぜならそれを公開してどうなるでしょう?

……うん、台がすぐに撤去されるよね! つまりホールもメーカーも苦しむということ。うちが公表することによって、何億という損害を出して太平洋に沈められたり、樹海に生き埋めにされちゃう人も居るかもしれないし。

そのため、たとえ俺ら編集部が知ったとしてもやらないし、おそらくクソほど難しいと思う。

でも昔、編集長「ちゃんなが」がヤバい攻略を掲載して本気で怒られたとかw それでも一般の人から見れば「じゃあ攻略されない台を作れよ」って話だけど。

作っているのは人間。なかなか難しいところではあるけどね!

ひとつだけスゴいのあったわ

これは攻略というわけではなく、たまたまデータ取りしてたら見つけたネタ。誌面にも載せたけど「CRクイーンズブレイド2 アルドラ」っていうライトミドルの台。

今でもホールでたま~に見かけるね。攻略というかホールのミスというか……メーカーのミス(確信犯かも)。

実は右のオマケ入賞口、たしか払い出し15個なんよ。しかも、ミドルの場合は釘が邪魔して入りにくかったのに、ライトの場合は釘が1本減って入りやすかった。

こっちがライトで

これがミドル。ちょっとわかりにくいかも知れない、ごめんよ。この一本の釘がないだけで全然違うんよ。しかもだ、メーカーはココの賞球数を公表してなかった。

ちなみに、このオマケ入賞口に向かう玉はスルーに通らずコボれた玉。つまりスルーが閉まっているほどオマケに向かう。

本来、普通の台ならスルーを渋くすれば出玉が減る。しかし、こいつは逆だった。渋くするほど玉が増えるという。そのおかげで初日から3日間ほど凄かった。

16Rは約1120個ほどなのに打ちっぱなしで約1700個ぐらい取れる。電サポ100回転も打ちっぱなしで約500個ほど増えるというモンスターマシンになってた。ありがたや~×2(゚∀゚)

でもその後、めちゃくちゃスルーが開いたけど……。

このくらいのことならこれからも公表していくけど、それでも数少ないよねー。まあ、あったらすぐにサイトなりTwitterとかであがると思うからチェックしてみてね!

ライター紹介

  • チキショウ君
    編集部
    チキショウ君
    仕事があろうとなかろうと、暇さえあればパチンコを打ちに行ってしまう半社会人的な存在。上司に対して敬語を使うことを知らず、「仲間なんだから敬語なんていらねーだろ!」と、まるで自分が正義のように振る舞う赤ちゃん。パチンコ以外のことはからっきしで、総理大臣の名前すら知らない。しかし、ことパチンコに対しての情熱は人一倍すごく、編集部員の中でも一番打っている。そのため、ライターのように原稿を書くこともあれば、実戦企画にも参戦することも多い。現在は携帯サイト連載企画「遊タイマーズ」として毛玉3号と仲良く(?)過ごしている。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー