【パチスロ】バイオRE:2は〇〇〇がオススメ!【レビン】

【パチスロ】バイオRE:2は〇〇〇がオススメ!【レビン】

強レア役の1確目が激アツ

※過去の「言いたい放台」はコチラから!

 

今回は「パチスロ バイオハザード RE:2」のアツい打ち方をご紹介! 

その打ち方とは超簡単で…逆押し適当打ち! 

本機はいかなる状況でも変則押しのペナルティはないので、いつでも気軽に実践が可能。

ちなみに逆押しで打つと以下のようなメリットがある。

①成立役が分かりやすいのでサクサク消化できる
②すべての停止形にチャンス役の可能性が残る
③強レア役が1リールで分かる激アツ停止形が存在

正直、①と②に関しては順押しとさほど変わらない印象だと思うのだが、やはりこの打ち方で大きいのは③で挙げた「強レア役1確」の存在だろう。

アツい瞬間が1リールであっさりと判別できるこの手順は、本当に面白いので強くオススメしたい!

では早速、各停止形ごとの詳細を紹介していこう。

今回は実戦中に簡単に判別できるようにするため、右リールの「ベル」と「スイカ」の停止位置に注目しつつ解説を進めていく。

まずは枠内にスイカが停止しなかったパターンから。

 

停止形①
【ベル上段停止】

☆可能性のあるチャンス役…弱チェリー

枠内にスイカがないパターンは基本的にベル系が成立していると思って差し支えない。

この停止形だと主に左下がりにベルが揃う6枚ベルとハズレがメイン。

強めの演出が発生した場合は弱チェリー濃厚となるので、通常時であれば「武器高確」移行などが期待できる瞬間である。

 

停止形②
【ベル中段停止】

☆可能性のあるチャンス役…弱チャンス目

次にベルが中段に停止した場合。

こちらは中段でベルが揃う15枚ベルかハズレが基本となる。

ただし、中リールを適当にとめて中段にリプが停止した場合は「中段リ・リ・ベ」の弱チャンス目成立が確定。

こちらは他のレア小役とは違って、比較的弱めの演出でもガンガン停止するのでここからの武器獲得や心音上昇に期待しよう。

 

そして、ここからは右リールのスイカの停止位置に注目していく。

特に通常時に関してはこのスイカの停止がアツめになってくるので、心境としてはまずは枠内スイカ停止を祈って打っている形。

…ただ最初に紹介する下記の「スイカ下段停止」のみ、まったくアツくないので注意!

停止形③
【スイカ下段停止】

☆可能性のあるチャンス役…スイカ

これがよく停止するハズレの形。

リプレイもベルも揃う可能性はなく、少し強めの演出が発生した場合のみスイカの可能性が出てくる。

ちなみに、ここまでずっと逆押し適当打ち…と紹介してきたが、こうなった場合はもちろん中リールにもスイカを狙っていこう。

左上がりにスイカテンパイでスイカ成立濃厚、左リールは適当打ちで問題ない。

通常時のスイカは武器獲得のメイン役となっているので、ここからはスパークショット獲得を全力で願おう。

 

停止形④
【スイカ上段停止】

☆可能性のあるチャンス役…リプレイ

はい、そしてここからがこの打ち方の醍醐味に入っていく。

通常時である意味一番期待していくのがこの停止形。

ご覧のスイカ上段停止はリプレイorハズレとなっているので、通常時はここからのリプ成立を祈る。

言わずもがな、本機の通常時はチャンス役に位置付けられているこのリプレイの成立がカギ。

心音上昇、武器獲得、CZ当選のメイン役になっているので、この停止形が間隔をあけずに頻繁に出現してくれたら嬉しいということ。

ちなみにハズレとリプの判別法だが、中・左と適当に押して左リール上段or中段に「リプレイ」が停止すればリプレイ成立確定、それ以外ならハズレ濃厚となる。

 

停止形⑤
【スイカ中段停止】

☆可能性のあるチャンス役…強チェリーor強チャンス目確定!!

そして最後に紹介するこの右リールスイカ中段こそが「強レア小役1確」となる最強出目!

左にチェリーを狙って停止すれば強チェリー、チェリーが停止せずにフラッシュすれば強チャンス目確定だ。

いずれにしても最重要小役となるので、逆押し中段スイカが出たらその後の展開に大いに期待していいだろう。

個人的に大好きだった北斗修羅を思い出させる逆押し適当打ち。

消化が楽チンなうえに、アツい瞬間が一目瞭然となる当手順はガチでオススメ!

ぜひホールで試してもらいたい。

面白コラムから機種攻略まで…パチマガスロマガモバイルでは楽しさと最新情報を随時発信中! レビン出演動画はパチマガスロマガTVで!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー