【レビン】6号機では断トツの面白さと期待感

【レビン】6号機では断トツの面白さと期待感

12月某日 S牙狼-黄金騎士-

前々回の日記で夢のような一台と表現していた「S牙狼-黄金騎士-」がホールに導入。

あの番長3を継承したATが楽しめるということで、導入後はけっこうな頻度で打っている。

ATが始まると、洩れなく絶頂対決ならぬ絶頂ホラーバトルから始まり大量ストック。

その後はストック期待度が高い「心滅獣身」や複数ストックが期待できる「牙狼チャレンジ」などを介して出玉の波が押し寄せるといった流れだ。

もちろん最初の絶頂の頑張りにもよるが、一撃で1000枚以上のコインを吐き出すことも珍しくはない。

そんな爆裂性能のATなので、間違いなく6号機の中では断トツの面白さと期待感があるわけだが…そこに到達するためのハードルは当然ながら高い。

コイン持ちも良くないので、呀バトル天井(1500G)付近までハマってしまうと4万~5万ほどの軍資金が必要な計算だ。

いくら性能が良くても、完走したところでちょい勝ちorチャラという事実がつきつけられたら正直言って気軽には手が出せない代物かも。

もちろん高設定を打てば安定して勝てるとは思うのだが…一撃必殺を夢見た運勝負はかなりリスクが高い!?

12月某日 P北斗の拳9 闘神

ずっと楽しみにしていたP北斗の拳9闘神を打ってきた。

通常時をけっこう回してようやく初当り→右打ちにもっていけたのだが…予想どおりの面白さでひと安心。

さらに保留連確定の嬉しい演出も堪能できた。

表示が3000はやっぱりインパクトがある。

ちなみに保留に当りがある場合、この保留連確定演出発生率は約10%ほどと控えめ。

なので仮にこの演出が発生しない→4回転以内にバトルにいっても50%は当りに期待できるので諦める必要はない。

12月某日 公園

家族の楽しむ場所と言えばやはり公園。

近所には開放感のある広い公園がかなり多く存在しているで最高である。

ただ今回は少し離れた場所にある大きな公園へ。

マスクをハズして大きく深呼吸。

冬の澄んだ空気を思いっきり吸い込める喜びを感じつつ…感染症の早期終息を願った。

 

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー