第26回 レインボートロフィー出現! 北斗宿命の設定6挙動はコレだ!!

第26回 レインボートロフィー出現! 北斗宿命の設定6挙動はコレだ!!

レインボートロフィー出現! 北斗宿命の設定6挙動はコレだ!!

▼序盤の模様はコチラ

そんな事を思っていたら、AT終了時に本日初のトロフィー出現。トロフィーの色は「黒」。

次のAT終了時が楽しみになりました。そしてなにより、「ジャギ&アミバの設定2否定」&「次回トロフィー必ず出現」のコンボで、設定3以上が確定!

しのけんデータ05


黒トロ解放の儀はすぐに訪れました。宿命CZを強敵2人でクリアし55Gで青7。単発終了しちゃったものの、黒トロフィーがパカッと割れて現れたのは…レインボートロフィー。この黒トロが小鹿のようにプルプル震えて昇格する演出、大好きです(笑)。

レインボートロフィー


中盤の挙動が他台と比較してあまりに別格だから薄々は感じていたけれど、「確定」する心強さには敵いません。これにて設定6が確定!

さてブン回すべ…と、腕まくりをした瞬間思い出しました。原稿。ってな訳で、ちょいと回した後に改めて食事休憩を取って原稿書きに。いやー設定6が確定した後に食事休憩を取った事なんて、自分の人生で訪れた事あったかな。自業自得の軽い屈辱を、一人で勝手に味わっちゃいましたよ。

この休憩時間でなんとか原稿を書き上げ、編集部に送信。さて残り時間は宿命の設定6を堪能したいと思います。

ほどなく出玉は3000枚近くに到達し、それと共にひと通りのゲームの流れやシステムも完全理解。そうなってから、朝イチ~今までの挙動を遡ってみると…うん、これ初動から強かったね(笑)。

なにより初当りが別格。低設定でもたまにパタパタと早い初当りを重ねる時はあるけれど、それは基本AT抜け、有利区間スタート時の高確恩恵によるものが多い感じで、そこを抜けると非常に厳しめ。設定6に関しては、2トキやチャンス目Aを引けさえすれば高確に頼らずともATに繋がるチャンスが多く、七星チャンスの優遇もある(と思われる)から、過度な滞在モード把握は必要なく当たってくれます。設定4や5を狙う立ち回りになってくるとまた別なのだろうけど。

とは言え、2トキやチャンス目Aが引けずAT継続にも見放されると苦労する区間も。順調に右肩上がりだった展開から一転、1000枚近く一気に右下がり。これ、北斗宿命に限った話ではないけれど、コイン持ちが削られている6.1号機は、展開に感情が揺さぶられ過ぎちゃう人だと、高設定を手放す割合が6号機より少し高くなりそうですな。

そんなハマリを一気に捲ってくれたのが、本日…というか自身初となる「赤7」でした。

赤7画面


午後10時ちょい過ぎ、「次の当たりでラストかな」と思っていたら想定外の赤7揃い。一瞬慌てたものの、さすがに取りきれず終了は無いか(笑)。

設定6は青7しかこない的な事前情報は把握していたので油断しちゃいましたよ。でもこれ、契機がちょっと特殊。金色の「V玉」獲得と同時に、普段は7個溜まらないと発展しない七星チャンス発動からの即ヒット。つまりは「七星カウンター規定星数振り分け」の、0.4%で振り分けられている1個発動によるもの。これは憶測ですが、1個もしくは2個で七星カウンター発動からのATは、設定差関係なく赤7の割合が高い、もしくは赤7確定なんじゃないのかなぁ。

この赤7で減らしたぶんのコインを一気に取り戻し、稼働終了となったのでありました。

赤7終了画面


投資100枚で3426枚のコインを獲得し、6万3500円プラス。朝イチに押さえた台で一発ツモと、稼働への不満はないけれど、反省点は一つ。仕事は忘れず予定はしっかりと守る事。これさえなければ宿命の設定6をもっとしっかり堪能できたのだから。

ってな訳で、最終手書きデータ&マイスロ&正式版実戦データはこちら!

しのけんデータ全 マイスロ1 マイスロ2 しのけん最終データ 収支

(C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983,
(C)COAMIX 2007 版権許諾証YGR-121
(C)Sammy

この日記の裏話は4月21日公開予定! 実戦時の濃密情報を知りたい方は要チェック!!

▼日記の裏話はコチラ

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

新台導入カレンダー