大好きな牙狼でハナっから凹むのだけは……!【シルヴィー】×【8日連続!パチンコ牙狼シリーズ振り返り! CR牙狼GOLDSTORM翔】

大好きな牙狼でハナっから凹むのだけは……!【シルヴィー】×【8日連続!パチンコ牙狼シリーズ振り返り! CR牙狼GOLDSTORM翔】
シルヴィー 牙狼GS翔

牙狼最新作「P牙狼 月虹ノ旅人」登場が楽しみで仕方ない!
そんな貴方のGWを「GARO WEEK」に彩る!「歴代シリーズマシン」を人気ライターと一緒に振り返りつつ、最新作登場まで夢を膨らませてまちましょう!! ……な8日間連続企画!

1日目・・・CR牙狼XX(パンダ)
2日目・・・CR牙狼RED REQUIEM(七之助)
3日目・・・CR牙狼魔戒閃騎鋼(奏弥)
4日目・・・CR牙狼FINAL(遊喜)
5日目・・・CR牙狼金色になれ(山ちゃんボンバー)
6日目・・・CR牙狼魔戒ノ花(わるぺこ)
7日目・・・CR牙狼GOLDSTORM翔(シルヴィー)
8日目・・・P牙狼冴島鋼牙(???)

CR牙狼GOLDSTORM翔

体感型エンターテインメントがより成熟!

今では見慣れてしまったけど、牙狼の頭部が筐体から出現する「P.F.O.G.」がさらに進化!

牙狼剣ギミックは、斬馬剣を引き抜くことだってできるようになりました。

ガラス板の向こうで完結していた演出が、体感型のギミックで楽しめるなんて、パチンコ業界がオリ●ンタルランドの発想に追いついた瞬間だったのかもしれませんね!

牙狼剣デバイスに「引き抜く」アクションを追加! さらに、灼熱の「牙狼斬馬剣」が出現するようになり、引き抜く際のドキドキ感を新たに生んだ。

初打ちで「どんな展開になるか」が大事なのはみんな一緒!

本機の初打ちでは、朝イチ早々に新アクションの「撃アツに変われ保留」からいきなりP.F.O.G.翔の召還に成功!

ゴラドを撃破してそのままST突入となりました。コレが早々に約1万発の出玉を獲得できたこともあり、それだけで大好きに! 最高の思い出です。

GARO保留の信頼度を上回る翔撃のアツさ! P.F.O.G.翔に直結する史上最強(!?)の保留変化アクションとして初搭載された。

打ち続けるには、愛と同じくらい期待値も大事(笑)

何故かって? 牙狼シリーズのパチンコは、リリースされたら必ず打ちますが、これまでの戦績を振り返ると、初打ちで良い思い出がありません。

鋼は初打ち1000回転ハマリ。初代なんて、収支がマイナス25万円ぐらいから頑張ってまくったんだよね、確か。

ちなみに、GS翔はその後3度ほど稼動して、それっきりになりました……。

きっと、期待値的に打てる状況が少なかったんだと思います。あまり打ち込めなかっただけに、今でもふと打ちたくなるんですよ〜。

後のシリーズ作品にも受け継がれた、金翔枠を見かけるたびにね!

2017年のパチマガ2.27号と9.10号の表紙。金色、魔戒ノ花の立て続けの大ヒットもあって、本機に対する期待はメディア目線でも非常に大きかった。

ま、担当していた身としてはこのページ数で……となったとき、青ざめたけど(笑)。


歴代シリーズ担当厳選!「CR牙狼GOLDSTORM翔」

金シャン
本機の目玉アクションは「VR演出」! 現物での搭載はほぼ不可能な数を「ヴァーチャルリアリティ」を駆使することで、多彩なギミックアクションを実現!
初代牙狼 予告

牙狼専用筐体は「金翔枠」へ! 最新作・月虹ノ旅人でもこの筐体での登場となる。

より精巧となった「P.F.O.G.翔」を筆頭に、先に挙げた牙狼剣デバイス、液晶上部に搭載された「牙狼リール」など、ギミックアクションはまさに最新鋭のエンターテインメント!

P.F.O.G.翔はただ出現するだけでなく「咆哮」アクションをも備えている。

ちなみに、筐体重量は一般的な成人男性の体重ほどもある。ホール設置の際は1人での運搬は非常に危険。(笑)

フェイス・オブ・ガロは「色変化」がデフォルトに!

初代エンブレム
液晶左右から「顔パーツ」が中央に集結し完成。魔戒ノ花ではボタン押下から発生した「色変化チャンスアップ」が自動で必ず発生するようになった。

F.O.G.は出現後、色変化チャンスアップが必ず発動するようになった。

色による強弱は魔戒ノ花から踏襲されており、紫やピンクなら上位牙狼SP発展濃厚。赤ならP.F.O.G.翔発動に直結。

金色の天馬轟天牙狼群、魔戒ノ花のライトニング・フェイス・オブ・ガロから受け継がれる「P.F.O.G.出現タイミング」で、魔天使群が発生すればP.F.O.G.翔が連動!


液晶が上下2個で演出が展開されることもあり、歴代シリーズから踏襲される演出でも、すべてが斬新に!

1枚絵のシーンとしてダイナミックに展開されることもあれば、2枚液晶を駆使し上下別々の演出が発生するパターンもあった。

牙狼剣保留では「2本以上が同時に降ってくる」灼熱パターンを新搭載!(刺さるのが濃厚となるため)

サイレントストーム予告は擬似変動が派手なアクションもなく発生し、突如牙狼SPリーチに直結。

鎧召還演出では、実はシリーズを通して初めて「魔天使召還」ではなかった。(代わりにリュメ出現パターンを同様の役割として新搭載)

RR牙狼SP

液晶召還で「漆黒ガロリーチ」、F.O.G.召還で「牙狼翔リーチ」と発展先の強弱は、物語の流れを組む「金色になれ」と同様。

漆黒ガロリーチは金色と同様、基本的には期待度が低めだが赤タイトルや絡む予告次第では激アツとなる法則が満載。

牙狼翔リーチは「タイトル色」「プルプルボタン」「ガロフラッシュの色」「牙狼剣デバイス」などがチャンスアップ。

リーチ終盤で映像がフリーズすると発生する「炎号パート」は最強の雨宮SP「キリンリーチ」以外で発生。大当り濃厚演出だった。

個人的にお気に入りだったのが、牙狼剣デバイス発動直前に発生する「牙狼リールでのカウントダウン」チャンスアップ。

引き抜け演出に直結し、信頼度も大幅にアップする。つまり、必然的に「牙狼斬馬剣」の出現の期待が高まる!

ええ。「大当り」が少しでも分かるアクション、安心しますからね。(←かなりのチキンハート)

ロング系リーチは発展すれば期待度が急激に高まる「ストーリーリーチ」に行くかがほぼ注目ポイントとなった。「GARO SHOW TIME」は擬似変動が絡まず発生するため、「意外な大当り」を生む割と重要なリーチ!

STに突入すれば「旧MAXスペック」と同じ感覚で引き戻せる!

キババトル
1stバトルの相手はジンガ。危機回避と競り合いパターンの違いが基本的なチャンスアップとなる。危機回避演出では「メーターサイズ」が特大となる新たな成功濃厚パターンを搭載!
魔戒チャンス

この頃は「確変継続率が65%規制」となった時代。

そのため、電チュー入賞時でも必ずST突入ではなく(突入率82%)、トータル継続率が65%だった。

STに突入さえすれば、ST中引き戻し率は約77%と旧MAXスペック時代となんら遜色ない継続率を備えていた。

右打ち中大当り出玉はすべて1800個超と、これまた歴代シリーズとほぼ同様となっている。

演出面では、即当りゾーンが2種類となり、より牙狼剣デバイスでの一撃演出を楽しめる内容となっていた。

ST終盤のホラーバトルでは鎧召還演出から「漆黒ガロ」出現が基本パターン。「F.O.G.完成→牙狼翔」登場は大当り濃厚と、金色に比べてよりシンプルな流れ。

他にも、V入賞で大当りとなる「ヤミテラチャンス」(莉杏だとよりチャンス)など、大当りに繋がるパターンが非常に多彩だった。

個人的には「次もSTに突入するか」が重要な機種だったため、金図柄揃い濃厚となる「金色突当り」や同様のアクションでST濃厚となる「復活大当り」がお気に入り。

金色の粒子が図柄即停止後「フワーッ」って舞う瞬間が堪らない……。

生まれた時代が違えば…

ザルバチャンス

時代背景を考えれば「ST突入時の継続率が高い」時点で相当なポテンシャルを秘めていたとは思う。当たれば全部16Rもデカいし。

ただ、ホールにはまだ同じ当選確率帯で「右打ち中ALLST突入×80%継続」機種が残っていた時期。

やはり苦戦を強いられた感があったのは間違いない。あとは、初当り時出玉が前作に比べて……というのも「厳しい」印象となった1つかな……?

当選確率が全然違うとはいえ、「初当りを引ければ戦える」からは遠くなっちゃいましたもんね……。

それでも、個人的には「STに入ってもスルーばっか…」ってなるよりは全然良かったし、演出面での進化は凄かったと思う。

ただ、牙狼剣で音がなるのは……ね。やっぱり牙狼は「期待できるときにテンション上がる効果音」が大事だと思う!
(次回作以降で改善されていたので、この変更は◎!)


魔戒騎士リーチ

誰が何と言おうと、個人的には「漆黒ガロリーチ」が大好き。
アツくなる演出法則が満載だし、見た目が恰好良いのなんのって。

BGMが「一触即発~Trigger of Crisis~」になるのも最高だと思う。

今後で登場の可能性があるかはわからないけど、ゼヒまた見たい牙狼の姿です!

ライター紹介

  • シルヴィー
    パチマガスロマガ専属ライター
    シルヴィー
    DVD動画やCS番組への出演経験も豊富な人気女子ライター。女性ライターの中では最もパチプロに近い実戦派で、“超”がつくほどのパチンコ&パチスロ好き。独特のほんわかした雰囲気と、センスのあるユニークな面白トークが特長!

新台導入カレンダー