「ボーダー理論はパチンコが収束する前提だろ? そんなに打てないんだから、収束しないし勝てない」という意見

「ボーダー理論はパチンコが収束する前提だろ? そんなに打てないんだから、収束しないし勝てない」という意見

※『パチンコの勝ち方』過去の連載まとめはコチラから。

◎パチンコの勝ち方 その69

「ボーダー理論」

僕が普段から勝っている手段で、みなさまにお伝えしているパチンコの勝ち方、ボーダー理論。

これに出会ってパチンコとの向き合い方が変わった方は多いと思う

Twitterなんかを見ていると、「勝てるようになった」等のツイートが目につく事もしばしばあります。

反面、「ボーダー理論はパチンコが収束する前提だろ? そんなに打てないんだから、収束しないし勝てない」という意見もある。

『「長期的に見れば勝てる」とか言うけど仕事が休みの日だけ打ってるから長期的に打つのはムリ』とかね。

いやいや、長期的に見なくても勝てますよ。

「簡単な話」

なので、まず断言しますね。

長く打てば"安定する"っていうだけで、短期的に見てもかなり勝率は上がります。

だって、勝率が高い・計算上勝てる台を毎回打っているから勝ちが積もっていって、時間が経って見てみればガッツリ勝っていますよね。

これがボーダー理論。

ということは、短期的に見ても勝ってるから長期的に見ても勝っているんです。

当然、負けが続く可能性もあるから、最悪のケースを見込んで「長期的に見ると」とみんな言っているだけで、短期的に見ても完全に勝ちやすいんです。

目安にできる。

「イメージしやすい架空の機種」

例えば1/100で1250個出る確変も時短もない機種。

18回/千円のA台と22回/千円のB台があります。

1000回転まわすと、A台よりB台の方が1万円多く手元にあります。

短期的に見ても勝ちやすいでしょ?

これを20日繰り返したら20万円多く手元に残っています。

20万円も増える計算の実戦をしていれば、多少運が悪くて10万円分くらい大当りが足りなかったとしてもまだ10万円多いですよね

運が悪くて勝ちが少なくても、20日も打てば、長期的に見れば10万円多いという。

長期的に見ると……というのはこういう意味なんですね。

短期でも当然勝ちやすいので、覚えた方がお得だと思いますよ。

これだけ多い。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー