第44回 設置期限延長が立ち回りに与える影響とは? 【しのけんの喰うならやらねばF】

第44回 設置期限延長が立ち回りに与える影響とは? 【しのけんの喰うならやらねばF】

設置期限延長が立ち回りに与える影響とは?

▼裏話の前編はコチラ

(前編からの続き)

担当(以下・担)『この「青7の連チャン数」と「青玉からのヒット」二つの要素を参考に、チャンスあったら打ってみようと思います。あ、そういえばトロフィーの出現率を設定できる「店長カスタム」の件ですが…』

しのけん(以下・し)『あ、正確な情報とかGET出来ました?』

『いえ、まだです…』

『ありゃ(笑)。まぁでももう確実に北斗宿命にも店長カスタムは存在すると言い切れるかな。全台系で、AT終了後1発目で必ず全台トロフィーが出るような露骨なホールが複数あるので』

『サービス旺盛ですねそのホール! でも日記で打ったホールは逆に出づらくしていると』

『…と予想はしているんだけど、日記のホールは傾向的にそんな細かい事やるとは思えない節があってさ。だからもしかしたら「未設定」だと、過去のサミー系機種に比べてトロフィーが出づらいのがデフォルトなのかも』

『なるほど。この店長カスタムを活用しているホールに特徴はあったりしますかね?』

『う~ん、高設定の投入の仕方が個性的なホールや、タイアップアニメキャラの誕生日なんかに高設定入れてくれるような、遊び心あるホールさんだと弄っている可能性はあるかな』

『あー。そういう機能も活用しそうな気はしますね確かに』

『ってか、編集部と繋がりのある北斗宿命設置ホールさんに連絡して、深夜にお邪魔してさ。どこまで詳細に設定できるか実際に試して、それら記事をパチマガスロマガFREEで掲載してよ。なんなら自分が取材するからさ。きっとそれなりにアクセス数あると思うよ、コレ』

『…早急に検討します(笑)。話変わって、日記では「旧規則機設置期限延長」の話題も触れていましたね』

『うん、ちょっと前の話題だけど、自分一切触れてなかったから軽く触れてみた』

『やはりありがたいものですか?』

『そうだね。やっぱり過去に高設定が期待持てた実績ある機種が延命されるに越した事はないからね』

『やはり今後はそれら設置期限が延長された機種を狙う機会が増えそうですか?』

『多少は打つ機会が増えるかもだけど、そういう直接的な部分にありがたがっているのとはまた別で』

『と言いますと?』

『なんだろ。経営が厳しくてホールがどんどん潰れて行く今の時代、「ホールにとって助かる事が、打ち手にも助かる事」になっちゃったからさ』

『あー胴元が儲かってなきゃ、打ち手も勝てる訳ないぞ的な』

『うん。予算に余裕ないホールが還元できる訳もない。だから、ホールにとって助かる事があると、自分もちょっと嬉しい(笑)』

『ぶはは、低設定ばかり打っている身からすると、ホールは敵にしか思えないですけどね』

『結局こんな厳しい時代に高設定を入れてくれるって事は、「ホールの良心」だと思うから。ホールありきな人生を送っている以上、「打ち手も苦しいけれど、まずホールさん頑張って!」って思えちゃう。逆に言うと、それくらい末期なんだよね…今が』

『確かに新台価格の高騰、規制、喫煙禁止、さらにコロナ禍によるダメージ等々、ホールに対して虐めかと思えるくらい厳しい状況ですよね、今』

『うん。虐められている相手から、さらに金をせしめ取ろうとしているのが自分のように勝ちにこだわった人間でさ』

『まぁそう言われればそう捉える事も出来ますが』

『なんか悪い事してるのかな…自分(笑)』

『いやいやいやいや、何言ってるんですか!』

『こんな時代なのにこれからも勝ちに拘っていいかな?』

『是非お願いします! 「しのけんの遊び打ち実戦日記」なんて読みたくないですよ!』

『なら頑張るけど…』

『いや、正直言うとちょっと見たいかもです(笑)』

次回の日記は5月27日(木)更新予定!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー