話題となった「Pデビルメイクライ4」! 実は20年前にも… ~「CR忠臣蔵(ミズホ)」~

話題となった「Pデビルメイクライ4」! 実は20年前にも… ~「CR忠臣蔵(ミズホ)」~

はじめに

虚心坦懐のGoing Underground、第50回。


昨年末、基ゲージが甘く回りすぎると話題になった「Pデビルメイクライ4クレイジーバトル(メーシー)」。なんと本機では、入荷時の状態だと千円あたり28回転近く回ってしまう事態に…。

実は、今から20年前にも、ゲージ構成で回転率や出玉に大きな影響を与えてしまった機種があった。

 

これは2002年頃のお話。

パチスロは爆裂4号機時代で、伝説のAT機「ミリオンゴッド(ミズホ)」が登場。ストック機では「巨人の星(アリストクラート)」「モグモグ風林火山(ネット)」「シェイク(大都技研)」などもヒット。ART機では「ディスクアップ」の後継機「ハイパーリミックス3(Sammy)」、Aタイプでは「不二子2(平和)」「イレグイ(メーシー)」なども人気となった。虚心はやる気スイッチONで5万枚出る「神輿(テクノコーシン)」に夢中だった(笑)。

パチンコは新内規として大当り後に時短が付けられるタイプが登場し始めた時期。「CR新海物語M27(三洋)」が空前の大ヒット。その他にも「CRピンクレディー(大一)」「CRルパンザサード(平和)」「CR西部警察(ニューギン)」などもヒットした。また旧基準機でも「CR北斗の拳(Sammy)」「CR蛭子能収(高尾)」などのタイアップ機も人気となった。ハネモノでは「プッチモンEX(大一)」「ワニざんす(ニューギン)」「スペースガールDX(ダイドー)」なども登場。権利モノでは「CRぶっとびハリケーン(マルホン)」「CRキングホー助K(平和)」などが登場した。

そんな中、旧基準機の「CR忠臣蔵(ミズホ)」も姿を現わした。

「CR忠臣蔵(ミズホ)」とは…

大当り確率1/315.5(確変中は1/63.1)、出玉は約2100個、確変は1/2突入で、次回まで継続するCRデジパチ。

CR忠臣蔵(ミズホ/2002年)
CR忠臣蔵(ミズホ/2002年)

攻略法の内容

ゲージの構成上、釘が出荷状態のままであれば、通常時、超弱めかゴムに当たらない程度の右打ちにより、等価ボーダーを遥かに上回る25回転/千円以上まわすことが可能であった。

また、アタッカー近辺のゲージが盤面右側の方が甘かったため、大当り中は右打ちすることでコボシから逃れる無駄玉を抑え、且つ、オーバー入賞が増えた。結果、1回の大当りで出玉を100発以上多く獲得できた。

 

《手順》

~通常時~

①通常時、超弱め(チョロ)打ち。

②左側の状況が悪い場合は、超弱め(チョロ)右打ち。

 

~大当り時~

①右打ちで消化。

 

…というかなり簡単な手順。ただ、大当り中の右打ち攻略は攻略誌に掲載されたこともあり、導入から少し経つと、特に盤面右側のホールの扱いは如実に悪化していった。

設置も少ない上にあり得ない釘状況に…

本機は非常に設置が少なく、台を探すだけでも苦労した。しかも、数日稼動すると釘に悪戯する妖精さんの仕業で酷い状況に様変わりしてしまっていた。そのため、打つ機会も少なく、気づくと台自体がどこも外されていってしまった。

しかし、「ストローク攻略」という意味で、後の「CR花の慶次」「CR義経物語」などチョロ打ちで回転率を上げられるという応用が効いたため、虚心たちにとっては大きな攻略の手段の一つになった。

そして20年後、今また同系列のメーカーさんの機種が爆回りするという情報を聞いて、虚心の周りのプロ連中は皆、「忠臣蔵の後継機!!」と話題になった。しかし、ネット社会ということもあり、ものの数日で打てない状況に…。しかし虚心的には、「新規入店の台と新規入店の嬢にはまだまだ期待できる世の中だ」と確信した今日この頃であった(笑)。

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー