jin篇第五話 パチスロ バイオハザード7【設定4? それとも2!? 難しい押し引きの判断はそのホールの設定の使い方を知ることで精度が上がる!!】

jin篇第五話 パチスロ バイオハザード7【設定4? それとも2!? 難しい押し引きの判断はそのホールの設定の使い方を知ることで精度が上がる!!】

通っているからわかること

皆さんのホール選びはどんなスタイルだろう。僕は主軸として使っているホールが3店舗あって、サブで使うホールが6~7店舗くらいかな。

その中でも1番通っているホールはぼちぼちの稼働率で、設定もそこまで派手に入れることのないホールだ。特定日でも確実に設定6が入る機種は「ピラミッドアイ」くらいで、他は設定4~5を散りばめている感じが多い。

少し前までは「Re:ゼロから始める異世界生活」の設定56を高確率でツモれる状況だったのだが、ホールは水物。その時々で姿を変えるのが至極当然のことである。その変化についていける人間が今もなお、しょうもない専業だのパチプロという職種を続けているのだろう。いや、ホント他の生物に例えたらカサカサ動き回る嫌われ者のアイツがピッタリである。うむ、しぶとい。さ、そんな訳で今日もレッツゴキ活☆

到着は10時20分。

店内状況はいつも通り「ピラミッドアイ」が埋まっているのと「押忍!番長3」「Re:ゼロ」がそこそこ動いているが、他はガラガラといった感じ。

決まった法則はないが、末尾や全台系をやることは多いので、通っている人間はそれを意識して行動しています。で、今日は6と9に関連した機種や台番号末尾に仕掛けがありそうだったので、末尾6+6台設置のこいつから。

「バイオハザード7 レジデント イービル」。まぁ法則に2つ当てはまっていて、直近で増台があった機種だし、個人的にはありよりのあり。まずはこの辺りから攻めてみます。

※ラストCはラストチャンス、レアPはレアパワーの略。

一発目のCBが天国、赤バレットを引っ張ってきてLv3から難なく突破でATへ。これが無難に700枚で終わったが、高設定示唆強+有利区間引き継ぎという僥倖。この時点で結構期待しちゃうけど…引き継ぎや天国は低設定でもあるっちゃあるのでね。まだツモったとは言いきれない。ま、多分ツモったけどなw

朝の勢いはどこへやら…。CB4連敗からの5連敗を賭けた通常A天井を突破し、何とか持ち直したがいまだ高設定確定演出は出現せず。設定2以上は確定したが、直撃もないし、設定2の可能性も否定はできない。

ただ、先の挙動+設定346示唆が2回出たりモードAでの赤バレットを確認できていることを踏まえると、設定4濃厚かなと。もちろん、ホール状況を加味した上で出した答えなので、挙動が設定4っぽいから4と言い切ってる訳ではありません。

ここら辺のさじ加減って難しいし、一歩間違えてしまうと終日設定2を打ち切る機会が増えてしまうので、極力リスクを回避する人ならヤメって選択もあると思います。僕はこの日に関してはある程度、自信があったので打ち切るという選択をしました。

出玉も推測も煮え切らない展開

一応プラスになったものの、モードA⇒モードAという残念な動きでラストを迎え、煮え切らない結末となりました。

CB終了画面は後半ほぼ見れていませんが、AT終了画面で高設定示唆や456確定などが出ないのはマイナス要素ですね。うーん、もし設定2を打ち切ってしまったのだとしたら大問題ですね、これは。

ただ、現状この立ち回りで問題なく勝てているのは今までもこういった選択を大きく間違えていないからだと自負しています。もちろん、失敗してしまうこともあるとは思います。今回も456確定が出ていないということは、設定2を打ち切ってしまった可能性もあるでしょう。

今回、グダグダなデータを載っけたのは、僕らみたいな人間にもこんな日は沢山あるよってことを言いたかったのもあります。悩んで葛藤して出した答えは間違っていて…踏んだり蹴ったりなんて日もあるんです。

「バジリスク絆2」「バイオハザード7」「北斗の拳 宿命」や「パチスロ頭文字D」など、設定45になると一気に推測の難易度が増す機種は多くあります。そのホールが設定456の何をどれだけ使うのかを知ることで高設定をツモれる確率捨ててしまうことを回避する確率上がると思うので、最近勝てないなぁなんて方はこの辺りを細かく意識して見てください。

僕もまだまだ修行が足りないのでね、せめてライター業界で最強だと言われるくらいの立ち回りをできるように精進いたします。

【実戦結果】
通常時ゲーム数…5833G
CB初当り出現率…1/416.64(14回)
CB突破率…57.14%(8/14)
AT初当り出現率…1/729.15(8回)

投資金額…貯玉138枚
獲得枚数…1079枚
収支…約+1万8000円相当


ライター紹介

  • jin
    パチマガスロマガ専属ライター
    jin
    イタリアンレストラン店長、キャバクラ経営などを経てパチスロライターに。現在はガチプロとして活躍する一方で、ムチャブリ企画などバラエティでもその意外な才能を発揮している。攻める範囲は幅広く、パチンコ・パチスロ両方で立ち回る万能型ライター。オートレースなど公営ギャンブルにも精通している。麻雀やポーカーなど戦略性が高いゲームを好む。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー