若い頃に打った機種は意外によく覚えてる【釘王・和泉純 キツメのオヘソVOL.09】

若い頃に打った機種は意外によく覚えてる【釘王・和泉純 キツメのオヘソVOL.09】
和泉純画像
今回は「記憶」にまつわるお話をコラム形式でお届け。確かに歳をとると、昨年のメイン稼動機種すら思い出せなくなるモノです……。

君はカセットテープを知ってるか?

ある機器を購入した(下写真)。これが何かおわかりになるだろうか?

これはカセットテープに録音した音源をパソコンなどに保存するためのもの。

若い人は知らないだろうが、筆者が若い頃音楽などを聴く時に最も使われていた録音・再生機器がカセットテープ。

当時はレンタルレコード店でレコードを借りてカセットテープに落とし、それを「ウォークマン(※1)」で聴くというのが若者のトレンドだった。

※1 小型で持ち歩くことのできるカセットテープ再生機器

実は当時のカセットテープがまだ残ってるのだが、アナログゆえ当然何かのトラブルで壊れたり失われたりしてしまう可能性がある。その前にちゃんとデジタルで残しておこうと購入した次第だ。

いや、普通に売られている音源は昔のアーティストであってもちゃんとデジタル化されているからダウンロードできるのだが、俺にはカセットテープにしか残ってない思い出の音源がある。

例えば、バンドをやっていたのでそのライブ音源とか。また、自作の曲なんかもカセットテープにしか残ってない。特に聴き返すこともないが、これらは若かりし日の宝物だ。思春期の頃のものは思い入れが深いし、不思議と当時のことをよく覚えてたりする。

これってパチンコもそうだよね。若い頃に打った機種は意外によく覚えてる。逆に数年前の機種の方が覚えてなかったりする。

近い過去ほど覚えてない

最近もそういうことがあった。動画サイトでドラマ「牡丹と薔薇」を見たんだけど、見てる時に「これパチンコになったら面白いだろうな」なんて思ってたら、普通に何年か前にあったわ。

しかも、当時の収支表見返したらけっこうメイン機種くらいの勢いで打ってる。それでいてまったく忘れているとは……。

あまり専門的な知識はないが、これは年齢を重ねたことで記憶に焼きつける能力が落ちたってことなんだろうね。

そういえば、高校生時代の友人よりも小学生時代の友人のことの方がよく覚えてるもん。

おっと話がソレイタ(元・日ハム)。

そんなわけでパチンコも若い頃に打った機種が思い出として残る。

仮に今パチンコをやり始めた人がいるとすれば、最近多いヘソ1個戻しでゲージもスペックもアマくない今の新機種達を「たいして回ってないのに回ってるように錯覚して面白かったなあ」と思い出すことだろう。

ええ、皮肉です。

釘言実射編:P10カウントチャージ絶狼

筐体画像

寄り周辺

寄り画像

風車上はアマめだが、脇のこぼしがこぼれやすい。ただ、ここはプラス状態になりにくいので、現実的にはノーマル状態で及第点としておこう。

ヘソ周辺

ヘソ画像

隙間のサイズ的にはカラめに見えるが、玉の躍動感がつきやすいせいかふんわりとしたプラス状態でも回る可能性がある。3個戻し。

 

右賞球口周辺

ワープ周辺 シンフォギア2

出玉はここ次第。入るほど良い。矢印のようなマイナス状態でなければ表記出玉は獲得できる。2個戻し。

 

ライター紹介

  • 和泉純
    パチマガスロマガ専属ライター
    和泉純
    パチンコ生活者歴30年超! 釘にかけては右に出る者がいない「釘王」。パチマガスロマガライターの中でも最古参だが、その実態は野球と下ネタが大好きなおじさん。野球は見るのもやるのも好きで熱狂的な阪神タイガースファン。ドラム奏者でもあり、パチンコライターたちのLIVEイベントにも出演している。

新台導入カレンダー