『P牙狼月虹ノ旅人』で意図せず「激アツハズレ実戦」をやることに……【編集部コラム・メシUMA 第39幕】

『P牙狼月虹ノ旅人』で意図せず「激アツハズレ実戦」をやることに……【編集部コラム・メシUMA 第39幕】

人はショックすぎると呼吸するのを忘れることがあるらしい

牙狼月虹でこそ「10連」を超えてみたい。金欠生物メシUMAです。

不思議なことに未練打ちをすると……9割は事が上手く運ばないもの。(←個人的体験が多分に影響)

一台に対する実戦時間が足りてないだけ……と言われればそれまでのことなんだけど。











初当り12回目にしてはじめて通常大当り。どんだけ苦労して当てても、あんだけ呆気なく通常画面に強制送還される。やっぱ恐い台だ……。

先日公開された『Pゴッドイーター究極一閃』の新台実戦の後に攻めてみたんですよ、牙狼月虹。(←単に打ち足りない病気が発生しただけ)

あ、もしまだご覧になっていない方がいたら、見ていただけるとありがたいです。一応、法則演出も色々解説しているので。

初めて見る最強リーチが木っ端微塵……

座って30回転ちょいでいきなり

変動開始時ガロフラッシュ・赤→黒ノ列車チャレンジ(押下前からボタンバイブで金パネル昇格)→VS朱雀

初当りはなんやかんやで15回取れているけど、初めて出たよ最強リーチ!


緑タイトルこそ不安要素なものの、最後は牙狼剣デバイス! 信頼度は80.6%……コレはいくら何でも「もろたで工藤!」(©毛玉3号)


バイーン→うわぁぁぁぁぁぁ……

オイイイイイイイ( ゚Д゚)!!!!!

ハズレ後の図柄がまさか本当に2.5回左右ユラユラで止まるとはね……。(←ココを超えると復活演出が発生)

コレ、今やってる牙狼月虹の「激アツハズレ王決定戦」でも結構な高得点になるんでは……?

多分5秒くらい息を吸うのを忘れてた……。コレが『絶句』というモノなんですかね!?

心が折れて……てのもあるけど、回転率がイマイチで300回転手前の台へ移動。

何故か座って1回転目に絆ZONEに入ったけど……当たるわけもないパターンだったので割愛。

余談になりますが……今まで絆SPリーチって1回しか大当りに絡んだことない。コレでハズレ自体は3回目だから、特別ハズレまくっているワケでもないのですが……。

編集部でも良く話すのですが、牙狼月虹は人によって「良く当たってるリーチ、ハズれてるリーチ」が見事にバラけている。これってつまり、大当りするときは何でも当たるからビックリ大当りがあるし、ハズレでも「絶対ムリ……」って展開が少ないことの証。

打ち込むほど、次元の違う高い演出バランスを感じるんですよね。激アツパターンのハズレも少ない方だし。……今回は説得力全然ないけど!


そのあとも回すこと422回転。遊タイム発動まで残り250回転を切ったところで……

今作ではよく見るんだよなぁ……GARO保留。過去シリーズ機ではなかなかお目にかかれないことが多かったから、ちょっと意外。コレもたまたま……なんだろうか?

GARO保留+擬似連×3+タイトル(鷹麟ガロ)+月虹ノ旅人予告(三騎士の絆図柄)→F.O.G.

そして、人生2回目の「VS朱雀」発展。一度出たら、封印が解かれたかのように出る……本機の演出って本当に次に何が当たるかが予測しづらい。(←もちろん良い意味で)

赤タイトル、リーチ中のG-PUSHからP.F.O.G.出現。極めつけに最後のカットインでチャンスアップが発生。

当落煽りが映像分岐なことくらいしか、ハズれる要素がない。いや、流石にコレで「バイーン」なんてことは……

……ですよねぇ。ハズれたらそれはそれで「歴史に残るレベル」だったと思うけど。「逝~け~風の如く~」って聞こえてきてたし。(←ネガティブ耳)

ま、通常大当りで即座に出玉はノマれたんですけどね! でも、大当りをまったく見れずに遊タイム……よりは良かったかも。どうせ負けるなら!(←はい、病気)


なんというか……上手くいかない日は「何かを喜びにするしかない」と思うんですよ。イライラしながら打ってもつまらないだけですし。負けることは誰にだって絶対起きるワケですから、笑いながら道を極めたいもんです。

だから……連日で大量投資になるのはヤメてね!

そうそう。敗北すら活かす……ということでもないのですが、ここ最近の打ち込みで気になった「新たな演出法則」もポツリポツリとあるので、詳細が判明したら『パチマガスロマガモバイル』で更新していきたいと思います!

ライター紹介

  • メシUMA
    編集部
    メシUMA
    パチマガ編集歴15年目の企業兵士。色々粗末なモノをお見せするわけにはいかないため、こうした不敬な姿をとる。ソシャゲの課金が日課で、その資金を稼ぐためにパチンコ・競馬に手を染める。パチンコはゴリゴリに堅い打ち方で「高勝率」をキープする立ち回りが身上。しかし、ドテチンに肉薄するほどヒキが弱い。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー