第135回 「スパッとヤメれるか問題」に対するしのけんの回答は!?【しのけんの喰うならやらねばF】

第135回 「スパッとヤメれるか問題」に対するしのけんの回答は!?【しのけんの喰うならやらねばF】

担当(以下・担)『今回(※第133回・第134回)は、「ニューパルサーDX3」の設定6を打った日の日記でした』

▼日記の本編はコチラ

しのけん(以下・し)『BIGが足りなすぎたし、確定は出ていないけど、設定6でまず大丈夫』

『そのニューパルDX3に辿り着く前に、まず朝イチは「まどか新編」を打ちましたよね』

『うん。早番を引けて狙いのまどか新編へ』

『AT直撃を引いたりBIGまでの当りも軽かったり、部分だけ見ると高設定の可能性もありそうでしたが早めに見切りましたね』

『今回のホールでは「全台設定6機種」狙い一本だったからね。設定456シマとかだったらもうちょい粘っていたかもだけど、全6とするには自分も周りの台も弱かったかな』

『そこら辺の見切りの速さが今回の日記の肝かなと思ったのですが』

『いやいや。むしろこの日は早番で狙い機種に座れた事から、移動する事をかなり躊躇したよ』

『まさにそのような時に、すっぱりと「ヤメる勇気」を持てる事が凄いなと』

『う~ん。それに関しては自分も下手な方で、どちらかと言うと優柔不断でスパッとヤメられないタイプだよ。だからこそ、少しでもその台を押さえた時の期待感より状況が心許無いと感じたら、ホール全体を見直して、他機種の状況と自分の打っている台の状況を照らし合わせるようにしてる』

『その照らし合わせの時に気になったのがニューパルサーDX3だった感じですか?』

『そうなるね。ただ、まだその時のニューパルDX3シマには空き台もあったし、まどか新編もヤメる勇気がなかったから200Gのゾーンまでは回しちゃった。そこを抜けた時点でニューパルDX3の空き台がラス1になった事もあって、「移動するラストチャンス」的に動いただけ。むしろもう1段階早くヤメるべきだったと思うし、それをやれていたらもっと攻め引きに関しては強気な発言を出来ているかな(笑)』

『しのけんさんでもそこら辺は完璧では無いと』

『うん。むしろここ最近は自分の優柔不断さで失敗している事のほうが多い(笑)』

『なるほど(笑)。で、まどか新編をヤメた後に移動したニューパルDX3でもしばらくはボーナスが引けず苦労はしていましたが』

『だね。ただ、シマ全体のボーナス合算が強かったのと、自分の台の小役合算出現率が設定6を凌駕していたから、「このシマが全6シマで大丈夫」って背中は押されていたかな』

『日記でもおっしゃっていましたが、今作のニューパルDX3は、ボーナス出現率はもちろん、それ以上に小役合算出現率も大事とおっしゃっていましたね』

『うん。ニューパルSP3と比較するとわかり易いけれど、小役出現率が大幅にアップしたからね』

 

『払い出しがSPⅢは10枚でしたが、DX3は7枚に下がっていますからね』

『そのお陰でカウントする価値が上がってさ。出現率が高く試行数も多く得られるから、出現率が本来の数値に落ち着きやすいのはもちろんの事、逆に本来の数値よりブレてくれた時に強く参考になるんだよね』

『…と言いますと?』

『分布グラフにすると分かりやすいんだけど…』

(後編に続く)

▼裏話の後編はコチラ!▼


ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー