【パチンコVSパチスロ】「保3止め」はパチスロの技術介入にも決して劣らない効果がある【Re:釘本 VOL.34 正攻法実践】

【パチンコVSパチスロ】「保3止め」はパチスロの技術介入にも決して劣らない効果がある【Re:釘本 VOL.34 正攻法実践】

パチスロよりもパチンコは「勝てる計算が成り立ちやすい」

※本稿は2002年の『釘本』発刊当時の原稿をそのまま掲載しているため、時代背景の説明に現状との齟齬があります。ご了承下さい。


バブル絶頂期には「30兆円産業」と騒がれたパチンコも、ここ数年はその勢いに多少のかげりが見られます。

代わって人気を得てきているのが「パチスロ」。ある時期から「リプレイハズシ」や「小役狙い」といった技術介入ができる機種が登場してきましたが、パチスロ人気が盛り上がってきたのはちょうどその頃です。

技術介入性の高さが若者達にウケて現在の繁栄を支えているのでしょう。

では、パチンコは技術介入性が低いのでしょうか? そんなことはありません。「難易度」という観点からすると、パチンコの「保3止め」などはあまりにも簡単すぎていかにも技術っぽく感じないかもしれませんが、実は効果自体はパチスロのリプレイハズシ等に決して劣っていません

パチスロの「◯枚増加!」に対してパチンコは「◯個節約」ですから、どうしても地味なのでしょうね。

かく言う私もパチスロが大好きで一時期よく打っていました。パチスロの魅力はその「消化の速さ」。パチンコは1日で3000回転程度が精一杯ですが、パチスロは8000回転も可能です。

1日でパチンコの2.5倍もの試行が行えるわけですから、勝てる計算の台を打っていれば「結果」も得られやすいのです。

ただ、パチンコで勝てる台の基準となる「釘」に相当するのは、パチスロでは「設定」。これは釘と違って外から判断できません。そういった意味で、勝てる計算が成り立ちやすいのはパチンコの方だと思います。

和泉純の「今」だから語れること

今でこそパチスロを打たない俺だが、かつてはよく打っていた時代もある。ぶっちゃけ、パチンコと違って大好きだ。打ってて楽しい。

だが、どちらが勝ちやすいかといえば、当時の答えは明確。生活のため、ある時から一切打たなくなった。楽しくて機械的な立ち回りができないという個人的な問題もあったし。

まあその後ラジオの仕事で打ったのをきっかけに初代の「北斗の拳」にハマったり、同じくテレビの仕事きっかけで「俺の空」にハマったりもしたが、もう10年以上我慢できてる(ちょー打ちたいけど)。

なもんで、今のパチスロはわからない。

よって、現在のパチンコとパチスロの比較については明言を避けておく。

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー